健康を左右するのは水!? 知っておきたい健康と水の5つの関係

LINEで送る
Pocket

ミネラルウォーター皆さんは健康のために何に気を遣っていますか?
食生活?
運動?
それとも睡眠?
これらはすべて、健康のためには大切なものです。
近年では健康食品や健康グッズなども数多く登場しています。
でももう一つ、私たちの健康を支えるとても身近なものを忘れてはいないでしょうか?
それは、水です。

私たち人間は水がなければ生きられないというのは多くの人が知っています。では具体的に水は私たちの体内でどんな役割を果たし、健康にどのような影響を与えているのでしょうか。

目次

(1) 私たちの体は水でできている!

(2) 体の水は出入りする

(3) 夏の熱中症と冬のかくれ脱水

(4) 水分不足で血液ドロドロ ! ?

(5) 飲む以外にもある ! 健康のための水の使い方

(1) 私たちの体は水でできている!

水と健康まず、私たちの体の半分以上は水でできています。
その割合は成人で約60%。
新生児は約80%ですが、加齢と共にその割合は徐々に減り、高齢者では約50%にまでなると言われています。
つまり体の水分量は、体の若さや健康度を計るバロメーターでもあるというわけです。

では体の中の水は具体的にどんな役割を果たしているのでしょうか。
大きく分けて、次の3つを挙げることができます。

  • 血液として酸素や栄養素を体中に届け、不要物を集める
  • 集めた老廃物を、尿として体外に排出する
  • 汗を出すことで体温を調節する

いずれも、私たちが健康に生きていくためには欠かせない役割です。
実際、体の水分のうちおよそ20%が失われると私たちは命の危機にもさらされると言われており、水が生命維持のためになくてはならないものであることがわかります。

(2) 体の水は出入りする

体の水分量は、常に一定量で保たれているわけではありません。
常に出入りをしています。

2-1 体から出ていく水

  • 体温調節を行うための汗
  • 老廃物を体外に排出するための尿
  • 不感蒸泄(呼吸と共に蒸発する水、皮膚から出ていく水)

2-2 体に取り込む水

  • 食べ物に含まれる水
  • 代謝水(食べ物を分解するときに発生する水
  • 飲み物として摂取する水

体の水分量を保ち健康に過ごすためには失われる水をきちんと補給する必要があるわけですが、そのためには特に飲み物としての水を意識して摂取することが大切です。

では、具体的に一日にどのくらいの水が必要なのでしょうか?
その量はおよそ1.5リットル!
もちろん、汗を大量にかいたときなどはその分だけ多く水分(厳密には水分以外に塩分なども)を摂ることも必要になります。
皆さんは健康のために毎日これだけの水を意識して飲んでいるでしょうか?

(3) 夏の熱中症と冬のかくれ脱水

水分不足は様々な健康障害を引き起こすことも多いわけですが、ここでは特に夏そして冬に起こりやすい水分不足とその影響について見てみたいと思います。

3-1 水と熱中症

水分不足に特に気を付けなければならない季節と言えば、夏ですよね。

毎年夏になると、連日のように熱中症のニュースが取り上げられます。
熱中症は暑熱環境下で起こる体の障害の総称で、一般的には程度に応じて次のように区分されます。

  • Ⅰ度(軽症)…めまいや筋肉の痙攣など。水分補給や体を冷やすことで回復する
  • Ⅱ度(中等度)…頭痛、嘔吐など。冷却と共に輸液を行う
  • Ⅲ度(重症)…体温の上昇や意識障害など。救急車などで速やかに医療機関へ搬送

GF041_L熱中症予防には、水分補給が重要となります。
私たちは暑いときに汗をかくことで体の熱を下げているのですが、ここで水分を補給しないと、体が汗をかくことをストップさせてしまうため体温が上昇してしまうのです。
さらに酸素や栄養素がきちんと届けられなくなり、健康障害が起きやすくなります。

ですから暑いときには、喉が渇いたと感じる前に水を飲むということが必要になるのです。
(ただし発汗後に水だけを飲んで塩分を補給しないと塩分やミネラル不足に陥ることもあるので、適量の塩分などを含んだものを摂るようにしましょう。)

3-2 冬に陥りやすい水分不足

水分不足に気を付けなければならないのは暑い夏だけではありません。
さむーい冬にも、実は“かくれ脱水”が起こることが多いのです。
冬のかくれ脱水が起こりやすい原因としては、次のようなことが挙げられます。

  • 夏に比べてついつい水を飲む回数が減る
  • 食事から摂れる水分量というのも、夏に比べて少なくなりやすい
  • 暖房器具の使用などによって外気が乾燥しやすい
  • 汗のように目には見えなくても、不感蒸泄として水が出ていく
  • 冷えてトイレに行く回数が増える

熱中症ほど危険視されていませんが、冬でも水分補給を怠ると体がだるい、疲れやすい、めまいがするなどといった不調が起こることもあると言われています。

夏の熱中症と冬のかくれ脱水。
健康に過ごすためには、どちらもしっかりと意識して水分補給をすることが大切です。

(4) 水分不足で血液ドロドロ ! ?

「ドロドロ血」「サラサラ血」などといった言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
血液がドロドロの状態とサラサラの状態、当然健康の証となるのは後者で、前者は様々な体調不良につながることも多いと言われています。
そんな血液の状態にも、水が大きく関わっています。

血液も、その大部分が水分です。
ですから体の水分量が減ってしまうと、血液中の水分量も減り、血液がドロドロになってしまいやすいのです。

ドロドロの血液は、そのまま様々な健康障害につながることがあります。
では、どういった健康障害がおこるのでしょうか。

4-1 脳梗塞

脳の血管が詰まって脳細胞が壊死またはそれに近い状態になるもの。
冬場に多いイメージがありますが、夏場、しかも早朝に発生することが多く、水の不足との関係が考えられます。

4-2 心筋梗塞

心筋に血液が少なくなり壊死またはそれに近い状態になるもので、脳梗塞と同じように水分不足によって血液がドロドロになることが理由の一つと考えられています。

4-3 エコノミークラス症候群

医学的には静脈血栓塞栓症と言い、下肢の静脈の粘度が高くなって血栓ができ、この血栓が血流に乗って肺へ運ばれて肺動脈塞栓症を起こすというもの。
長時間同じ姿勢でいることのほか、水不足も関係があると言われています。

ですから血液をサラサラにして体の中をきちんと循環させ、健康に過ごすためにも、水分補給は大切です。
特に就寝中は水分が不足しやすいので、就寝前や起床時にコップ一杯の水を飲む習慣を付けるようにしましょう。

もちろん、水分補給と言ってもどんな飲み物でも良いというわけではありません。
例えば糖分が含まれている飲み物ばかり飲んでいると、血液中の糖濃度が高くなりドロドロ血になりやすく、糖尿病のリスクも高まると言われているのです。

また、アルコールやカフェインには利尿作用があることが知られています。
ですから水分補給をしたつもりでも、結局は体の外に排出されてしまって脱水を引き起こしやすいのです。
アルコールを多く摂取したときなどは、寝る前や翌朝に水を飲むことも忘れてはいけません。

こまめに水分補給をすることで、サラサラの健康的な血液を目指したいですね。

(5) 飲む以外にもある ! 健康のための水の使い方

健康にとっての水の重要性というのは「飲む」ことだけではありません。
飲む以外にも、私たちの体と水は密接に関わっています。

5-1 入浴の効果

毎日の入浴が疲れを癒す至福のひとときという人も多いのではないでしょうか。
入浴には、体の汚れを落とすだけではない様々な健康効果があります。

  • 温かいお湯に浸かることで、血行が良くなり、老廃物が体外へ排出されやすい
  • 38℃くらいのお湯は自律神経のうちの副交感神経を活性化させ、リラックス効果が期待できる

反対に目覚めの悪い朝にはやや熱めのシャワーを浴びることで、交感神経が作用しスッキリとするということもあります。

5-2 水を見る

水を見る水を見る”というのも、私たちの心や体の健康に大きく関わっています。
例えば美しい清流を見ているだけで心が洗われると感じることもあります。
時には都会の喧騒を離れて、こうした清流や渓谷、湖や海を見に行くというのが良いリフレッシュになるということも。
そのため街中の公園や広場にも噴水や小川が設けられるなどして、人々の憩いの場となっています。

5-3 水を聞く

CP088同じく水の音にも特別な効果が。
小川のせせらぎの音、打ち寄せる波の音、静かな雨音…どれも聞いていると不思議と心が落ち着き、安らぐものですよね。
実際に水の音を取り入れたヒーリングミュージックも登場しており、癒し効果が得られるとして人気を集めています。

参考文献:

  • 厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動

    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

  • サントリー 水大辞典 http://www.suntory.co.jp/company/mizu/jiten/index.html?mizu=top
  • 水web(セコムアルファ(株)) http://www.secom-alpha.co.jp/mizuweb/index.html
LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>