日本トリムの7つのこだわり

LINEで送る
Pocket

日本トリム7つのこだわり

整水器市場シェアNo.1を誇る日本トリム。日本トリムが選ばれる理由とは―浄水器との違い、eco、安心のサポートなどのこだわりについてご紹介します。

  • お客さまの声

    「便利!」「おいしい!」「料理にもぴったり!」日本トリムの整水器を実際にご利用いただいているお客様から寄せられた声をご紹介します。

  • メディア掲載情報

    日本トリムの電解水素水は、新聞、雑誌、ホームページ等各メディアでも掲載されています!

  • 電解水素水整水器総合製品情報

    業界市場シェアNo.1(※)を誇る日本トリムの電解水素水整水器ラインナップ。高機能、eco、グッドデザインにこだわった3タイプの整水器について詳しくはこちら。
    (※矢野経済研究所「2014年版浄水器・整水器市場の実態と展望」より2012年度売上高59.4%)

  • 製造からご購入後まで安心のサポート

    日本トリムでは、お客様に安心と安全をご提供できるよう開発・製造からアフターサポートまでを一貫して自社グループで行っております。

  • 医療分野・農業分野への応用

    日本トリムが目指す新たな成長ステージ。医療分野へ応用した電解水透析や、農業分野へ応用した還元野菜についてご紹介します。

  • 日本トリムについて

    水にこだわり32年。人間にとって最適な「水」を追求し、快適で健康なヒューマンライフの創造に貢献する日本トリムの企業情報ページです。


毎日の水にこだわりたいあなたへ―ウォーターヘルスケアという、新習慣。

ミネラルウォーター

皆さんは毎日飲む水をどのように選んでいますか?

おいしさ?
安全性?
使いやすさ?
コスト?
体に優しいこと?

日本トリムは「おいしい+体に良い水」を研究!体にいい水を日々の生活に取り入れていただく「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」をご提案。

日本トリムの電解水素水整水器で作られる水は、

  • 水道水から残留塩素などを取り除いたおいしい水
  • アルカリ性の胃腸に優しい水
  • 水素を含んだ水

今まで使っていた水道水と同じように手軽に、「おいしい+体に良い水」をお使いいただくことができます。

ペットボトルの水を購入することと比べても経済的で便利!

今日から皆さんのご家庭でも、「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を始めてみませんか?

 


売上高No.1!日本トリムの整水器は高機能&eco&グッドデザイン

日本トリムの整水器は、売上高No.1!

JIS規格指定13物質を除去するマイクロカーボンカートリッジや、安定した電解能力を持続させる独自技術ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式など、日本トリムの高度な技術から生まれた機能 が充実。
さらに日本トリムの整水器は、eco&グッドデザイン にもこだわっています。

タイプは選べる3種類。

  • 蛇口回りスッキリ、据え置き型1ウェイタイプ
  • 置き場所を選べる、据え置き型2ウェイタイプ
  • 広々と快適なキッチンを実現する、アンダーシンク型
1ウェイタイプ 2ウェイタイプ アンダーシンクタイプ
TI-5HX
(1ウェイタイプ)
HYPER
(2ウェイタイプ)
GRACIA
(アンダーシンクタイプ)

ご家庭のキッチンに溶け込む美しいデザインと、安心してお使いいただける確かな品質―。
日本トリムの整水器が快適な使い心地をお約束いたします。

そのまま飲んでもおいしい!料理にも使える!

電解水素水の使い方は、まずはそのまま飲むということ。

GW015_L

1日に1.5リットルは必要と言われる水。
意識してしっかりと水分補給することは、健康に過ごすための大切な要素の一つです。

電解水素水は水道水から残留塩素などを除去した水なので、カルキ臭もなく、まろやかで飲みやすいのが嬉しいところ。
体に必要な水を、意識して積極的に飲むようになったという声も多く聞かれます。

さらに電解水素水は、毎日のお料理にも大活躍!
ご飯を炊いたり、野菜を茹でたり、出汁を取ったりと、様々な場面で活躍します。
実際に多くの飲食店でも、グラスの水としてはもちろん料理にも電解水素水が使われています。

飲み物に、料理に、毎日使うものだからこそ水にこだわりたい―。
そんな方には、日本トリムの電解水素水がオススメです。

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>