水と生活習慣病の関係とは? 生活習慣病の知識と予防15のポイント

LINEで送る
Pocket

HJ041_350A生活習慣病は、今や誰もがなりうる病気と言っても過言ではありません。

食べるものに困らなくなった今の時代。
交通の便や情報網も発達し、今や家から出なくても買い物などができるようになっています。
しかしそれが食生活の乱れや運動不足を引き起こすこともしばしば。
さらに仕事や人間関係のストレスは増大しています。

当たり前と思える生活の中にも、生活習慣病になるリスクは潜んでいるのです。

健診などの制度や医療技術も進歩している現代だからこそ、生活習慣病のリスクを早期に発見して、改善に努めるとことが大切です。

そこでこのサイトでは、
そもそも生活習慣病とはどんなものなのか―
予防するためにはどんなことに気を付けたらよいのか―
治療法にはどんなものがあるのか―
そして、生活習慣病予防においても重要な「水」の上手な飲み方や使い方とは―

ということを詳しく見ていきたいと思います。

目次

(1)生活習慣病とは
 1-1 生活習慣病の定義
 1-2 「成人病」との違い
 1-3 小児生活習慣病とは
 1-4 生活習慣病の種類
(2)生活習慣病の原因
 2-1 食生活
 2-2 運動
 2-3 喫煙
 2-4 飲酒
 2-5 睡眠
 2-6 ストレス
 2-7 遺伝
 2-8 環境
(3)生活習慣病と水
 3-1 水の飲み方と健康
 3-2 体のための水の使い方
 3-3 水の種類 

(1)生活習慣病とは

1-1 生活習慣病の定義

生活習慣病まず、生活習慣病とは一体何なのでしょうか?

厚生労働省では、「食習慣運動習慣休養喫煙飲酒等の生活習慣が、発症・進行に関与する疾患群」と説明しています。
このように生活習慣病は病状によって定義されているものではなく、その原因によって説明されるものです
つまり一つの病気を指すわけではなく、様々な病気を表しているということです。

1-2 「成人病」との違い

「成人病」という名前を聞いたことがある方も多いと思います。
同じ疾患群を、一昔前までは「成人病」と呼んでいました
当時はこれらの病気が加齢と共にリスクが高まるものであると考えられていたためでした。

しかし実際には加齢が最大の要因ではなく、様々な生活習慣が大きく関係していることが分かり、1997年頃から「生活習慣病」という言葉が使われるようになったと言われています。

その証拠に、まだ若い子どもであってもこれらの病気にかかるケースが増えてきており、乱れた食生活や運動不足などといった現代の生活習慣が問題視されています。

1-3 小児生活習慣病とは

小児生活習慣病近年深刻化している問題に、「小児生活習慣病」があります。

特に問題視されているのは、肥満児の増加です。改善しなければ脂質異常症高血圧糖尿病、動脈硬化などが発症する可能性があります。
小児生活習慣病の原因としては、欧米型の食事内容や食事時間の不規則といった食生活の乱れ、室内遊びが増えたことによる運動不足、さらにはストレスなどもあると言われています。

幼少期から小児生活習慣病のような症状がある場合、大人になってから脳血管疾患心疾患にかかり、最悪の場合には死亡するリスクが高まることが言われています。
また、幼少期に身に付いた生活習慣は大人になっても継続される傾向が強く、周りの大人たちがその危険性をしっかりと認識して対策に努めていく必要がある重要な問題なのです。

1-4 生活習慣病の種類

具体的に生活習慣病として挙げられる病気には、以下のようなものがあります。

この中でも特に「三大生活習慣病」と呼ばれているのが、がん心疾患(心臓病)脳卒中(脳血管疾患)です。
これらは実際に日本人の三大死因にもなっている恐ろしい病気として認識されています。

また、これらの疾患の原因にもなりうる高脂血症高血圧症糖尿病などは、近年患者数の拡大化が深刻となっているものでもあります。

うつ病や認知症などは、従来は生活習慣病とは見なされていませんでしたが、その原因の一部に生活習慣が関係しているのではないかと言われ、この中に含める考え方も広がってきています

(2)生活習慣病の原因

では、具体的に生活習慣病の原因となる生活習慣とはどんなものなのでしょうか?

ステーキ2-1 食生活

食生活は、その人の健康において特に重要な役割を担っていると言っても過言ではありません。
どのようなものを食べるかはもちろんですが、食べる量や時間も体の状態に影響してきます

2-2 運動

便利な世の中になったからこそ、生活習慣病の要因として挙げられるようになってきたのが運動(の不足)です。
運動不足が生活習慣病を引き起こしやすいのはもちろんですが、運動の種類にも気を付ける必要があります。

喫煙2-3 喫煙

たばこはまさに百害あって一利なし。
COPDと呼ばれる肺の病気のほか、心臓や脳など様々なところに影響を及ぼします。

健康と酒2-4 飲酒

「酒は百薬の長」と言われるように、適度な飲酒というのは心身をリフレッシュさせてくれるものですが、お酒の飲み過ぎは多くの生活習慣病の要因となります。

2-5 睡眠

現代では、病気の原因として睡眠も大きなポイントとして挙げられます。
充分な睡眠時間を確保することも必要ですが、同時に睡眠の質も大切です。

ストレス2-6 ストレス

現代社会ならではの大きな原因となっているのが、ストレス。
人間関係や仕事上のストレスは、心、そして体を病ませる恐ろしい存在です。

また生活習慣病と言っても、実際には生活習慣以外のものが関係していることもあります。

2-7 遺伝

「うちの家系は肥満体質だ」といったことや、ある家庭にがんの発症率が高いなどといったことは実際にあります。
それが遺伝的なものによるのか、あるいは同じような生活習慣によるのかといった判断は難しいものです。

2-8 環境

職業柄紫外線や特定の有害物質にさらされやすい、病原菌を体内に取り込んでしまうなどといった環境的要因も健康には大きく関係しています。
これらは自分の努力では取り除くことが難しいため、より根本的な対策が必要となります。

別名「たばこ病」とも言われる肺の病気・COPDや、アルコールが原因で起こる肝臓の障害・アルコール性肝障害など原因が分かりやすいものもありますが、様々な要因が複雑に絡み合ってどれか一つの生活習慣だけを見直せば良いということではないものもあります。住環境や職業環境なども含めて様々な面から生活そのものを改善していくことが必要になります。

(3)生活習慣病と水

ミネラル・ウォーター

これまで見てきたように、生活習慣病を予防するためには食生活や運動喫煙飲酒、睡眠など様々な生活習慣に気を付ける必要があります。

しかしもう一つ気をつけておきたいものがあります。
それが、水です。

私たち人間は水がなければ生きていくことができません
ですから、その水によって健康状態が左右されることも往々にしてあるのです。

3-1 水の飲み方と健康

体の中を占める水分量というのは、およそ60%。
赤ちゃんの頃はおよそ80%あった水分が加齢と共に減少し、高齢者では50%ほどになると言われています。

この、体の中の水分が果たす役割には次のようなものがあります。

①必要な酸素や栄養素を届け、不要物を集める血液としての役割
熱中症②老廃物を体外する尿としての役割
③体温を調節するための汗としての役割

いずれも、生活習慣病との関わりが非常に重要であることが分かりますよね。

例えば体の水が不足することによって血液がドロドロになりやすく、脳梗塞心筋梗塞のリスクが高まります。
また、水分補給と言っても水ではなく糖分を含んだ飲み物ばかり飲んでいると、肥満糖尿病になりやすくなります。

3-2体のための水の使い方

水は飲むだけではありません
そのほかにも様々な使い方によって、健康に役立てることができます。

HT036_L例えば毎日の入浴も、水を飲むのと同じように血行の促進や老廃物の排出のためには欠かせないもの。
入浴の姿勢や時間など、どれひとつとっても健康への影響は変わりますので、正しい入浴法を知っておくことが大切です。
さらに、入浴にはそのほかにも私たちの自律神経に働きかける効果もあると言われています。

その他にも、水を見たり、水の音を聞いたりすることは心身の“癒し”としての効果が期待されており、ストレス発散などに役立てることができます。

3-3 水の種類

グラスと葉っぱ 1 さらに最近では、水の種類にもこだわる人が増えてきました。

コンビニなどには様々な種類のミネラルウォーターが並び、用途や好みに合わせて選ぶことができます。
日本の水道水の水質は非常に優れたものとして知られていますが、浄水器を設置するなどしてさらに清浄でおいしい水を飲むという方法もあります
また、電解水水素水など、機能性を持った水も注目されています。

今や水を買うのが当たり前の時代。
せっかくならば、健康に役立つ水を選んで利用したいというのは当然のことと言えるでしょう。

毎日の生活に欠かせない水
水の種類や飲み方、使い方にこだわることで、水を飲む習慣が生活習慣病予防に役立てられたら嬉しいですね。

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

【おすすめページ】

水素水ってどんな水?水素水の種類、特徴、上手な使い方

健康生活を送るために大切な7項目

アンチエイジングの意味と、今日から始める6つの方法

体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係

むくみの原因は水分不足だった?むくみを防ぐ、正しい水分補給の仕方とは

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

【生活習慣病 関連ページ】

水と生活習慣病の関係とは?生活習慣病の知識と予防15のポイント

生活習慣病とは?その患者数8大原因

「がん」とはどんな病気か知っておきたいがんの3つの基礎知識

脳卒中とは 4つのタイプ(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作)とその特徴、患者数

心臓病(虚血性心疾患)とは(心筋梗塞・狭心症) 3つの基礎知識

糖尿病って何?知っておきたい3つのコト

高血圧は危険なサイレントキラー!? 高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト

COPD、その4つの実態を知る

脂質異常症はなぜ恐い?脂質異常症について知っておくべき5つのコト

アルコール性肝障害お酒の飲み過ぎによって起こる、3つの病気

痛風は「ぜいたく病」ではない!現代病・痛風、3つの実態

認知症と正しく向き合うための、5つの基礎知識

脳卒中 5つの原因を知って正しく予防しよう

心臓病(虚血性心疾患)、4つの原因と3つの予防法

糖尿病の治療と予防、3つの方法

肥満って何?ダイエットを始める前に知っておきたい、肥満に関する8つの基礎知識

メタボ≠肥満!?メタボの定義とその危険性を知る

脂肪4つのポイントを知って上手に減らそう

参考文献:

  • 厚生労働省「生活習慣病を知ろう!」 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/
  • 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 http://seikatsusyukanbyo.com/
  • 日本成人病予防協会 http://www.japa.org/
LINEで送る
Pocket