生活習慣病を予防しよう!生活習慣との気になる関係と、上手な水分補給の仕方

LINEで送る
Pocket

生活習慣病は、今や誰もがなりうる病気と言っても過言ではありません。

食生活の乱れや運動不足、仕事や人間関係のストレス…
当たり前と思える生活の中にも、生活習慣病になるリスクは潜んでいます。
健診などの制度や医療技術も進歩している現代だからこそ、生活習慣病のリスクを早期に発見し、改善に努めるとことが大切です。

そこでここでは、生活習慣病とは何か、その原因や予防方法、そして生活習慣病と水との関係について、詳しく見ていきます。

⇒運動・スポーツに水分補給が欠かせない3つの理由と、水分補給の仕方5カ条 詳しくはこちら
⇒ストレスが胃のトラブルを引き起こす!? 気になる4つの関係 詳しくはこちら
⇒生活習慣病とは その患者数と8つの原因 詳しくはこちら
⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら

<目次>

生活習慣病とは
 生活習慣病の定義
 生活習慣病の種類
生活習慣病の原因
生活習慣病の予防
 生活習慣病の改善
 健診・予防
生活習慣病と水
 水の飲み方と健康
 体のための水の使い方
 水の種類
まとめ

生活習慣病とは

生活習慣病の定義

 

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、発症・進行に関与する疾患群」と定義されています。
生活習慣病は病状ではなく原因によって説明されるもので、さまざまな病気を総称して言います。

同じ疾患群を、一昔前までは「成人病」と呼んでいました。
当時はこれらの病気が加齢と共にリスクが高まるものであると考えられていたためです。
しかし実際には加齢が最大の要因ではなく、さまざまな生活習慣が大きく関係していることが分かり、1997年頃から「生活習慣病」という言葉が使われるようになりました。

その証拠に、まだ若い子どもであってもこれらの病気にかかるケースが増えてきており、乱れた食生活や運動不足などといった現代の生活習慣が問題視されています。

⇒生活習慣病とは その患者数と8つの原因 詳しくは
⇒肥満って何? 肥満に関する8つの基礎知識 詳しくはこちら
⇒脂質異常症はなぜ恐い? 脂質異常症について知っておくべき5つのコト 詳しくはこちら
⇒高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト 詳しくはこちら
⇒糖尿病って何? 知っておきたい3つのコト 詳しくはこちら
⇒脳卒中とは 4つのタイプ(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作) 詳しくはこちら
⇒心臓病(虚血性心疾患)とは(心筋梗塞・狭心症) 3つの基礎知識 詳しくはこちら

生活習慣病の種類

具体的に生活習慣病として挙げられる病気には、以下のようなものがあります。

  • がん
  • 脳卒中
  • 心臓病
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • COPD
  • 脂質異常症
  • アルコール性肝炎
  • 痛風
  • 歯周病
  • 骨粗しょう症
  • うつ病
  • 認知症

この中でも特に「三大生活習慣病」と呼ばれているのが、がん・心疾患(心臓病)・脳卒中(脳血管疾患)です。
これらは実際に日本人の死因の上位を占める恐ろしい病気として認識されています。
また、これらの疾患の原因にもなりうる高脂血症や高血圧症、糖尿病などは、近年患者数の拡大化が深刻になっているものでもあります。

うつ病や認知症などは、従来は生活習慣病とは見なされていませんでしたが、その原因の一部に生活習慣が関係しているのではないかと言われ、この中に含める考え方が広がってきています。

⇒「がん」とはどんな病気か 知っておきたいがんの3つの基礎知識 詳しくはこちら
⇒認知症と正しく向き合うための、5つの基礎知識 詳しくはこちら

参考:
「生活習慣病」e-ヘルスネット 厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-040.html

生活習慣病の原因

では、生活習慣病の原因となる生活習慣とはどのようなものなのでしょうか?

⇒生活習慣病とは その患者数と8つの原因 詳しくはこちら

・食生活

食生活は、健康において特に重要な役割を担っているものの一つです。
食生活は高血圧や脂質異常症、糖尿病などさまざまな生活習慣病の原因になります。
どのようなものを食べるかはもちろんですが、食べる量や時間も影響します。

・運動

世の中が便利になると共に生活習慣病の要因として挙げられるようになってきたのが運動(の不足)です。
運動不足は肥満の原因になるだけではなく、内臓機能の低下などにもつながります。

・喫煙

たばこは百害あって一利なし。
COPDと呼ばれる肺の病気のほか、心臓や脳などさまざまなところに影響を及ぼします。

・飲酒

「酒は百薬の長」と言われるように、適度な飲酒心身をリフレッシュさせてくれますが、お酒の飲み過ぎは多くの生活習慣病の要因となります。
特に、アルコールによる肝臓の疾患に注意が必要です。

・睡眠

現代では、病気の原因として睡眠も大きなポイントとして挙げられます。
充分な睡眠時間を確保することも必要ですが、同時に睡眠の質も大切です。

・ストレス

現代社会ならではの大きな原因となっているのが、ストレス。
人間関係や仕事上のストレスは、心そして体を病ませる恐ろしい存在です。

これらの生活習慣以外に、遺伝や環境などが原因となる場合もあります。

参考:
「生活習慣病」e-ヘルスネット 厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-040.html

生活習慣病の予防

生活習慣の改善

生活習慣病の予防のために大切なことは、上に挙げたような、病気の原因となる生活習慣を改善することです。
具体的には、次のような点に気を付けましょう。

・一日三度の食事をバランスよく食べる
・日常の中に適度な運動を取り入れる
・たばこは控える
・アルコールは適量にする
・睡眠時間を十分に取り、快眠できるよう工夫する

・自分なりのストレス解消方法を見つける

どれも1日でできるものではなく、継続的に行う必要があるものです。
自分だけの力では難しい場合には、周囲の人や医療機関に相談することも大切です。

健診・治療

生活習慣病は、早い段階で発見できれば改善や完治が可能なものも多くあります。
そのためには定期的に健診を受けることが大切です。
特に、家族に生活習慣病と診断された方がいる場合にはそのリスクも高くなりますので、年に1回を目安に健診を受けるようにしましょう。

中には、「コレステロールが高い」「血圧が高め」などと指摘されても、そのままにしてしまっている方もいるかもしれません。
今の段階では自覚症状がなくても、そのまま同じような生活習慣を続けていると、症状が進行し、心疾患や脳血管疾患といった命に関わる病気につながる危険性もあります。
生活習慣病が疑われる場合には自分の生活を見直すと共に、必要に応じて医療機関を受診し、より詳しい検査や治療をしてもらうようにしましょう。

生活習慣病と水

 

これまで見てきたように、生活習慣病を予防するためには食生活や運動、喫煙、飲酒、睡眠などさまざまな生活習慣に気を付ける必要があります。

さらにもう一つ気をつけたいのが、水分補給です。
水分補給の仕方によって、健康状態が左右されることもあると言われています。

⇒生活習慣病とは その患者数と8つの原因 詳しくはこちら
⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら

水の飲み方と健康

体の中を占める水分量は、およそ60%。
赤ちゃんの頃は90%近くあった水分が加齢と共に減少し、高齢者では55%ほどになると言われています。

体内の水分が果たす役割には次のようなものがあります。

①必要な酸素や栄養素を届け、不要物を集める血液としての役割
②老廃物を体外する尿としての役割
③体温を調節するための汗としての役割

いずれも、生活習慣病と重要なかかわりがあるものです。
例えば体の水が不足することによって血液がドロドロになりやすく、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まると言われています。
生活習慣病予防のためにも、水分補給は欠かせないものなのです。

健康のためには、1日およそ1.2ℓの水分補給をすることが勧められます。
水分補給と言っても、糖分を含んだ飲み物ばかり飲んでいると肥満や糖尿病の原因になりますから、肥満や糖尿病になりやすくなりますから、余計なものを含んでいない「水」を飲むのがおすすめです。

⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら
⇒体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水の糖分は?表示の見方、「清涼飲料水ケトーシス」 詳しくはこちら
⇒肥満って何? 肥満に関する8つの基礎知識 詳しくはこちら
⇒糖尿病って何? 知っておきたい3つのコト 詳しくはこちら

水の種類

 

最近では、水の種類にもこだわる人が増えてきました。

コンビニやスーパーには国内外のさまざまなミネラルウォーターが並び、用途や好みに合わせて選ぶことができます。
日本の水道水の水質は非常に優れたものとして知られていますが、浄水器を設置するなどしてさらに清浄でおいしい水を飲むという方法もあります。

もう一つおすすめしたいのが、電解水素水です。
電解水素水は整水器と呼ばれる家庭用電解水生成器を用いることによって水道水を電気分解することによって生成される、アルカリ性で水素を含んだ水です。
整水器は医療機器であり、胃腸症状改善に効果が認められています。
電解水素水は塩素を除去した水なので、まろやかで飲みやすいという声も聞かれます。

毎日を健康に過ごすためにも、水の種類や飲み方にこだわってみませんか?

⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい?水道水の成分や安全性 詳しくはこちら
⇒整水器と浄水器の違い 詳しくはこちら
⇒電解水とは何か? 3つの電解水の特性と可能性を探る 詳しくはこちら
⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら

参考:
「『健康のため水を飲もう』推進運動」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

まとめ

それでは最後に、生活習慣病の定義や水との関係をまとめておきます。

・生活習慣病とは生活習慣が原因となる病気の総称で、脳血管疾患や心疾患、高血圧、糖尿病、歯周病などが含まれる
・原因としては、食生活や運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどが挙げられる
・予防のためには生活習慣の改善に努めると共に、定期的に健診を受けることが大切
・健康のためには、きちんと水分補給を行うことも大切

参考文献:

 厚生労働省 e-ヘルスネット http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/
「生活習慣病を知ろう!」スマート・ライフ・プロジェクト
https://www.smartlife.mhlw.go.jp/disease/
「生活習慣病とその予防」全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/
「『健康のため水を飲もう』推進運動」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

LINEで送る
Pocket