胃もたれ解消に効果がある水とは? 胃もたれの原因と対策を知るための9項目

LINEで送る
Pocket

水と胃もたれあなたは胃の不調を抱えていませんか?

日本人に多いと言われる、お腹の悩み。
中でも、慢性的に胃もたれがある、スッキリしないというお悩みを抱えている方が多いですよね。

胃の不調には、食生活やストレスなど、様々な事柄が関係しています。
また、何らかの病気が関係している場合もあります。

ですから、「またいつもの不調か…」で済まさずに、きちんと原因を見極めて対処していくことが必要です。

そこでこのサイトでは、胃もたれをはじめとしたお腹の不調を徹底解明。
さらに、胃腸症状の改善に効果・効能が認められた「整水器」についてもご紹介します。

スッキリ快調な胃で、毎日を元気に過ごしませんか?

目次

(1)胃と消化について

(2)胃もたれの原因

(3)胃もたれと薬

(4)胃もたれと整水器

(1)胃と消化について

胃もたれについて知る前に、まずは胃という臓器がどんなもので、どんな働きをしているかについて見ておきましょう。

1-1 形、位置

胃胃は私たちの体の臓器の一つで、食道と十二指腸の間に位置しています。
正面から見ると助骨の下、みぞおち辺りにあります。

形は入口と出口がそれぞれ細く、中央部が膨らんだ鉤状。
大きさというのは内容物によって変化し、空っぽのときは容積50ミリリットルほどと小さいですが、中身がいっぱいのときは1500ミリリットルほどと消化管の中でももっとも大きくなります。

1-2 消化の仕組み

胃の主な働きは、食べたものの第一段階的な消化です。
そこでは2つの重要な働きが行われています。

①蠕動(ぜんどう)運動

臓器の収縮運動のことで、内容物を移動させる働きがあります。食べ物は胃の内部で移動を繰り返しながら細かくなります。

②胃液の働き

蠕動(ぜんどう)運動が行われている間、胃液が食べ物を分解するとともに、腐敗を防ぎます。

消化は厳密には食べ物を口に入れた段階、つまり歯を使って砕き、唾液と混ぜ合わせるところから始まっています。
その後胃でドロドロの状態にされ、十二指腸で本格的な消化、空腸と回腸で栄養素の吸収が行われ、大腸で水分が吸収された後、残りが便として排出されます。

つまり消化はこれらすべての器官の連携によってスムーズに行われるもので、どこかの器官の調子が悪いと、そのほかの器官にも大きな負担がかかり、消化が正しく行われないこともあります。

1-3 胃もたれはなぜ起こる?

では胃もたれはどのようにして起こるかということですが、そこには3つの原因が考えられます。

①胃の機能が低下している

蠕動(ぜんどう)運動が行われない、胃液が分泌されないなどといった胃の機能に問題が生じている場合には、消化が進みにくく、消化不良なども起こりやすくなります。

②胃に負担がかかり過ぎている

一度にたくさんの食事を取ったり、消化に時間がかかるようなものを食べたりしていると、胃の活動に負担がかかり、不調が生じます。

③ほかの消化管などに問題がある

歯の不調などによって口腔での消化がきちんと行われていなかったり、便秘で腸に内容物が詰まっているなどといった、ほかの器官の問題が胃もたれに関係してくることがあります。

(2)胃もたれの原因

2-1 食生活

飲酒01胃もたれを引き起こす最大の要因と言えば、食生活です。
どんなものを食べるかはもちろん、どんなふうに食べるかということも重要になります。

  • 脂っこいもの、辛いものの食べ過ぎ
  • アルコールの多量摂取
  • よく噛まない状態での早食い
  • 食べ過ぎ
  • 夜遅い時間の食事

実際に胃もたれが起こってしまっているときは、負担のかからない食べ物や消化しやすい食べ物を取る必要があります。

2-2 ストレス

ストレス胃と深い関わりがあるものと言えば、ストレスですよね。
ストレスがあるとお腹が痛くなったり、食欲不振や消化不良、下痢が起こってしまったり…。
このようにストレスが消化の働きを左右する背景には、自律神経が大きく関係しています。

自律神経には、緊張しているときに作用する交感神経と、リラックスしているときに作用する副交感神経とがありますが、この2つの作用のうち消化管の働きを司るのは副交感神経です。
しかしどちらが強くなりすぎても、胃に不調が生じてしまいます。

  • 交感神経が強くなりすぎると、胃の働きが低下し、胃もたれが起きやすくなる
  • 副交感神経が強くなりすぎると、胃が活発になりすぎ、胃痛が起こる

2-3 妊娠中の胃もたれ

胃もたれが起こりやすい時期と言えば、妊娠中というのも忘れてはいけません。
妊娠中にこうした不調が起こりやすい原因としては、次の2つが挙げられます。

  • ①ホルモンバランスの変化によって、胃の働きが低下する
  • ②大きくなった子宮が内臓を圧迫する

妊娠中に多くの方が悩む「つわり」も、こうしたホルモンの変化などが関係しているのではないかと考えられています。

妊娠中は、安易に薬に頼ることができません。
ですから食べるものを工夫するなどして、できるだけ胃に負担をかけないようにする必要があります。

胃薬(3)胃もたれと薬

胃もたれをはじめとする胃の不調を感じたときに、ついつい頼ってしまいたくなるのが薬。
副作用も少なく、手軽に利用できそうなイメージのある胃薬ですが、気を付けて使う必要があります。

3-1 種類

一口に胃薬と言っても、様々な種類があります。
それぞれ作用が違ってきますので、症状に合わせたものを選ぶことが大切です。

  • 健胃薬…食欲が湧かないときに
  • 消化剤…食べ過ぎなどで消化不良に陥っているときに
  • 制酸薬…出過ぎた胃酸を中和する薬
  • 胃粘膜保護…胃酸から粘膜を保護する薬
  • H₂ブロッカー…胃酸を抑える薬
  • 鎮痛鎮痙剤…痛みや痙攣を鎮める薬
  • 総合胃腸薬…様々な不調に

3-2 飲み方

胃薬胃薬は、その飲み方にも気を付ける必要があります。

まず基本的なことですが、用法や用量をきちんと守ること。
たくさん飲んだからと言って調子が良くなるというわけではありません。
また食欲増進の手助けをする健胃薬は食前に、消化を助ける消化剤は食後に飲んだ方が良いとされています。
飲み方を間違えると、薬の効果が現れないこともありますので注意しましょう。

また、胃薬は副作用が軽いというイメージがあるため、ついつい常習的に使用してしまう方も多いのではないでしょうか。
しかし使いすぎると本来の消化機能が低下してしまったり、薬の効きが鈍くなってしまったり、隠れている病気に気付かなかったりなどといったこともあります。

ですから、薬は不調の原因を見極め、本当に必要なときに正しく薬を使うことが大切です。

(4)胃もたれと整水器

TRIM ION HYPERそんな胃の不調を改善する効果・効能が認められた器械があります。

それが「整水器」です。

整水器は、電解水素水整水器やアルカリイオン整水器などと呼ばれており、水道水を電気分解することによって弱アルカリ性の飲用水を生成します。
整水器は単なる家電製品ではなく、薬事法における医療機器と位置付けられており、胃腸症状の改善という効果・効能が認められています。

TRIM ION NEO私たちが生きていく上で欠かすことができない、水。
飲み水だけでも毎日およそ1.5リットルは必要と言われていますが、水を変えるだけで胃の調子が良くなるのなら嬉しいですよね。

さらに電気分解して生成した水には生成過程で水素が含まれることから、抗酸化作用などにも期待が集まっているのです。

参考文献:

  • エーザイ 「胃のサイエンス」 http://www.i-no-science.com/
  • 武田薬品工業(株) タケダ健康サイト 「胃もたれ」 http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=imotare
  • 胃もたれ.com http://atdesk.jp/
LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>