水と野菜・フルーツのおいしい関係

LINEで送る
Pocket

野菜やフルーツの味を左右する重要なものの一つに、水があります。

これらはすべて大切ですが、もう一つ、野菜やフルーツの味を左右する重要なものがあります。
それが、水です。 

水は野菜やフルーツを栽培するときにも、また料理するときにも使われるものです。
ですから、水によって野菜やフルーツの味が左右されることも多いのです。 

ここでは、そんな水と野菜・フルーツの関係についてみていきます。

⇒野菜の水やりを楽しむための5つのポイント 詳しくはこちら
⇒日本トリムの電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら
⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら

<目次>

野菜・フルーツの栽培と水
野菜・フルーツの料理と水
野菜・フルーツに使われる水
 電解水素水
 強酸性水、微酸性水
 海洋深層水
まとめ

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2020年1月10日更新

HJ120_350A-2

水で変わる!野菜・フルーツの栽培

野菜・フルーツは水がないと育たない!

野菜とフルーツ私たち人間は水を飲まないと生きていくことができませんが、それは野菜やフルーツにとっても同じことです。

人間の体の水分量はおよそ60%と言われていますが、野菜やフルーツの水分量はそれよりも多い80~90%と言われています。
多くの水分が含まれていることで、あのみずみずしい食感が生まれるのです。
全体の10%ほどの水分が失われるだけでも、野菜やフルーツはしおれ、やがて枯れてしまうと言われています。 

もう一つ、野菜をはじめとする植物は光合成を行っています。
光合成では二酸化炭素と光と水を使い、酸素を放出するとともに成長のために必要なさまざまな栄養素を作り出しています。
光合成を行って成長を続けるためにも、水はなくてはならないものなのです。 

ただし、やみくもに水を与えればよいということではありません。
どんな水を、どんなふうに与えるかということによって、野菜やフルーツの質が変わってくることがあるのです。

・水の量

野菜やフルーツを栽培するときにどのくらいの水を与えたらよいかというのは非常に重要な問題です。

高糖度トマト水が足りなければ作物は枯れてしまいますが、多すぎても根が腐るなどして枯れてしまうことがあるのです。
また水をあげすぎると、大きくなりすぎて味が悪くなったり、果実が水分を含んで急激に膨張するのに皮がついていけずに実が割れる「裂果」という現象が起きることもあります。

そこで最近では、高糖度トマトのように、与える水を制限することによってトマト本来の生命力を引き出し、小さいながらも甘みや味わいの濃いトマトを栽培する方法も注目されています。

当然、与えるべき水の量は気温や天候、育てるものの種類によっても変わりますから、じっくりと観察しながら適切な水の量を判断していくことが必要になります。

⇒野菜の水やりを楽しむための5つのポイント 詳しくはこちら

・水の種類

野菜と水どれくらいの水を与えるかと同じく、どんな水をあげるかということも重要な問題です。
もちろん水道水を与えていても問題はありませんが、野菜やフルーツをよりよく成長させてくれる水があれば使ってみたいですね。

実際に農業分野での応用が始められている水には、電解水素水や海洋深層水などといったものがあります。
野菜やフルーツの栽培に使われている水については、後ほど詳しく見ていきます。

⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい?水道水の成分や安全性 詳しくはこちら
⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら
⇒海洋深層水の3つの特性と、活用方法 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら

参考:
「本当は難しい植物の『水やり』」NHKテキストView
http://textview.jp/post/hobby/3873

野菜・フルーツ料理と水

水と野菜栽培するときだけではなく、野菜やフルーツの料理においても水は重要な存在です。

料理において、水がその味わいを左右する場合が多いことは広く知られるようになっています。
例えばお米は洗うとき、炊くときの水がその風味に大きく影響することがあると言われています。
そのため、水道水ではなく浄水やミネラルウォーターなどを使ってご飯を炊くという方も増えてきました。 

野菜やフルーツを調理する際にも同じです。
洗う、浸ける、茹でる、煮るなどさまざまな調理で、水は野菜やフルーツと密接に関わります。
どのような水をどのように水を使うかでその味わいや食感が変わってくることも多いのです。

水にこだわることで、野菜やフルーツの味や香り、食感を最大限に引き出したいですね。

⇒料理・飲み物は水で決まる!おいしい関係を築くための9つのキーワード 詳しくはこちら
⇒お米の研ぎ方 3つの手順とポイント 詳しくはこちら
⇒美味しいご飯の炊き方 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒日本トリムの電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら

野菜・フルーツに使われる水

では、実際に野菜・フルーツの栽培や料理に使われている水にはどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、いくつかの例をご紹介したいと思います。

電解水素水

電解水素水電解水素水とは、整水器と呼ばれる家庭用電解水生成器を用いて水道水を電気分解することにより陰極側に生成される、アルカリ性の水です。
この水を使うことにより、浄水を使った場合と比べて野菜のアクがよく抜ける、軟らかく茹で上がる、栄養素が壊れにくくなるなどといったことが言われています。
さらに家庭用整水器のトップメーカーである日本トリムでは、農業用整水器を製品化し、農業分野での応用を進めています。

⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら
⇒電解水素水整水器ってどんなもの? 詳しくはこちら
⇒アルカリイオン整水器について 詳しくはこちら
⇒水素水生成器を使おう! 詳しくはこちら
⇒アルカリイオン水ってどんな水? 詳しくはこちら
⇒浄水とは何か?水道水の処理方法や浄水器について知ろう 詳しくはこちら

強酸性水、微酸性水

薄い食塩水を電気分解することにより陽極側に生成されるのが、強酸性水です。
次亜塩素酸を主成分とする強酸性水は高い殺菌力を持つことから、農薬に代わる病害防止策として、減・無農薬栽培の実現に向けた使用が進められています。
また、塩酸水を電気分解することにより生成される微酸性水も強酸性水と同等の殺菌力を持ち、農業分野への応用が始められています。

⇒強酸性電解水(強酸性次亜塩素酸水)ってどんな水? 詳しくはこちら
⇒微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)ってどんな水? 詳しくはこちら

海洋深層水

電解水03海洋深層水とは水深200メートル以深の海水のことで、ミネラルを多く含む、清浄である、低温で安定しているなど、表層水とは異なる性質を持つと言われている水です。
この水を利用して土壌や養液の冷却を行うことで、農産物の周年安定生産が期待されます。
また海洋深層水を利用して栽培された野菜・フルーツのブランド化も進められています。

⇒海洋深層水の3つの特性と、活用方法 詳しくはこちら
⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら

参考:
「農業分野」株式会社日本トリム
https://www.nihon-trim.co.jp/company/business/water/agriculture.html

参考文献:

アルカリイオン整水器協議会 http://www.3aaa.gr.jp/index.html
一般財団法人 機能水研究振興財団 http://www.fwf.or.jp/index.html
微酸性電解水協議会 http://bisan.fwf-aew.jp/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket