ダイエットに水が役立つ!?ダイエットと水の気になる7つの関係

LINEで送る
Pocket

水とダイエットダイエットと言えば、皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

食事制限?
運動?
サプリ?

もう一つ、ダイエットを行う上で忘れてはならないものがあります。
それが、水です。

「水を飲む」という何気ない行動が、実はダイエットにもつながるというのをご存知でしたか?
さらに入浴や水泳など、飲む以外にも様々な方法で水をダイエットに役立てることができるのです。

そこでこのサイトでは、ダイエットと水の関係を徹底解剖!
ダイエットに効果的な水の種類や使い方をたっぷりとご紹介していきたいと思います。

目次

(1)水はダイエットに効果的!

(2)水の飲み方とダイエット

(3)飲む以外の水を使ったダイエット法

(1)水はダイエットに効果的!

1-1 水がダイエットにいい理由

水とダイエットダイエットをしている人の中には、水を飲むのも控えてしまう人も多いもの。
しかしそれは逆効果。
ダイエットには、水をきちんと飲んだ方がいいのです。

でも、それはどうしてなのでしょうか?

水がダイエットにいい理由、それは次のような働きにあります。

  • 汗や尿として老廃物を排出する
  • 胃腸の働きを良くして、便通を整える
  • 血流を良くして代謝をアップさせる
  • 食欲を適度に抑える

きちんと水分を摂取することで体の機能を正常に保つことこそが、効果的なダイエットの第一歩ということ。
逆に水分が不足してしまうと、老廃物がきちんと排出されずに体の中に溜まりやすくなったり、便秘がちになったり、代謝機能が低下したりして、結果的にダイエットには良くない影響が出てしまうのです。

ダイエットというと、つらい食事制限や運動などを思い浮かべる人が多いと思いますが、「水を飲む」という一見当たり前のことがダイエットにつながるということも忘れてはなりません。

1-2 「水太り」はウソ?

水とダイエット水を飲むと太る、いわゆる「水太り」というものを気にしている人も多いかもしれませんが、そもそもこれは本当なのでしょうか?

結論から言えば、水を飲んで太るということはありません。
普通の水にはカロリーはありませんし、飲み過ぎた分は尿などとして排出されていくので、一時的に体重が増えることがあっても、太るということはないのです。

ですから、太ることを気にして水分を控えるというのは間違いです。

ただし、中には水太りしやすい人というのもいます。

  • 長時間同じ姿勢で仕事をしている人
  • 日常的に運動不足に陥っている人
  • 睡眠時間が少ない人
  • 体が冷えやすい人、冷たい飲み物が好きな人
  • 小さめの下着を身につけている人
  • 腎臓の機能に問題がある人

これらの人は、血流が悪化するなどして老廃物がきちんと排出されにくくなるため、むくみや下半身太りが生じやすくなってしまうのです。

むくみが気になるという人にとって気を付けなければならないのは、水の飲み過ぎではありません。
まずは運動や体を温めることなどによって血流を良くして、老廃物がきちんと排出されるようにする必要があるというわけです。

1-3水ダイエットの注意点

水を飲むことによるダイエットは「水ダイエット」などとも呼ばれ注目を集めるようになっていますが、気を付けなければならない点もあります。

①水だけを飲まない!

水ダイエットと言っても、もちろんただ水だけを飲んでいればよいということではありません。
食事を取る代わりに水で済ますなどというのは論外。
食事や運動もきちんと行いながら、正しく水分補給をしていくというのが基本です。

②がぶ飲みしない!

水がダイエットに効果的と聞いたとたんに、思い付きでがぶ飲みするというのもNG。
そんな方法は長続きしないというだけではなく、内臓に負担をかける、体を冷やすなどの悪影響を及ぼすこともあります。
大事なのは、少量ずつこまめに飲むということです。

③水中毒に注意!

がぶ飲みが良くない理由としては、水中毒の危険性が挙げられます。
水中毒というのは、水分の過剰摂取によって低ナトリウム血症が起こるもの。
頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害、さらに最悪の場合には死に至ることもある恐ろしいものなのです。
ダイエット目的などで水を飲み過ぎたり、運動によって汗が排出されたときに水だけを補給して塩分が不足したりすることによって起こる可能性が指摘されており、注意が必要です。

(2)水の飲み方とダイエット

2-1 ダイエットに効果的な水の飲み方

水は体内の老廃物を排出したり、代謝力を上げたりして、ダイエットにも良い効果を及ぼします。
では、具体的にはどのような飲み方がダイエットに効果的なのでしょうか?

①1日に必要な水の量はおよそ1.2リットル!

水とダイエットまず、私たちの体に必要な水の量がどのくらいかというのをご存知ですか?

その量は1日におよそ1.2リットル。

体内の水分は、尿や汗、さらに皮膚からの蒸発や呼吸によって体外に出ていくものと、食事などによって取り入れるものとがあります。
両者のバランスを保つために、食事から取り入れるもの以外に摂取すべきとされている水分量がおよそ1.2リットルなのです。

1日に1.2リットルを飲むというのは簡単なようで意外と難しいもの。
しっかりと意識していないと、この量を補給することはできません。

まずはこれだけの水分をしっかりと取るということが、効果的なダイエットの第一歩です。

②コップ一杯程度をこまめに飲む!

水とダイエットこの1.2リットルの水、ただ飲めば良いかと言えばそうではありません。

前にも述べたように、この量をがぶ飲みするというのは禁物。
大切なことは、こまめに少しずつ補給をするということです。

1回に飲む量の目安として言われるのは、コップ一杯、およそ150~200ミリリットル。
これを1日のうちに6~8回行うことによって、必要な1.2リットルを補給するというのが理想的な形なのです。

例えば、

  • 起床時
  • 朝・昼・夕食事
  • 入浴前・後
  • 就寝前

これだけでも7回になりますから、あとは運動の前後などを加えて、生活の中で上手に水分補給のタイミングを作っていけると良いと思います。

2-2 水の種類とダイエット

では、水の種類についてはどうでしょうか?

清涼飲料水やアルコールで水分補給をするというのは、ダイエットはもちろん健康のためにもよくありませんから、まずは「水」を飲むということが基本。
でも一口に水と言っても最近では様々な種類のものが登場しており、何を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

そこでここでは、ダイエットにおすすめの水についてご紹介したいと思います。

①水道水とミネラルウォーター

ミネラル・ウォーター水道水を飲むかミネラルウォーターを飲むかということは今や大きな関心事となっていますが、ダイエットということを考えたときには、どちらを飲むかということにそれほど違いはありません。
ミネラルが多く含まれている硬水の方がダイエットに効果的と言われることもありますが、飲み慣れていない日本人が飲むと下痢を起こしたり、飲みづらく感じたりということもありますので注意が必要です。

毎日続けて摂取していくことが必要ですから、様々な面から自分が飲みやすいものを見つけることが大切です。

  • 味わい
  • コスト
  • 手に入れやすさ
  • ゴミの手間 など

②炭酸水

様々な水の中でも、ダイエットに役立つと言われるものに「炭酸水」があります。
文字通り炭酸ガスを有する水で、ミネラルウォーターなど天然のものもあれば、人工的に炭酸を加えたものもあります。

炭酸水には、次のような効果があると言われています。

  • 血流を促進し、デトックス効果を高める
  • 炭酸ガスによって胃腸の蠕動運動を刺激する
  • 食前に飲むことで満腹感を得させ、食べ過ぎを防ぐ

日本人にはあまり飲み慣れない炭酸水ですが、お気に入りを見つけてダイエットに役立てていくのも良いかもしれませんね。

③アルカリイオン水

アルカリイオン水「アルカリイオン水」というものを見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?
これは、水を電気分解することによって生成されるpH9.5を適値とした弱アルカリ性の水です。

アルカリイオン水の最大の特徴は、胃腸症状の改善に効能が認められているということ。
具体的には、胃もたれや胃の不快感をやわらげ、胃腸の働きを助けてお通じを良好にすると言われています。

ですから、特に胃腸の働きを助けることでダイエットにも一定の効果が現れることが期待されます。

アルカリイオン水を生成するための機器である「整水器」の中でも、とりわけ薬事法の認可を受けているものは医療機器としても承認されており、今や多くの家庭に普及し始めています。

製品本体やカタログに、「医療機器承認番号(認証番号)」が明記されていれば家庭用医療機器として承認されたものだと判断できます。

(3)飲む以外の水を使ったダイエット法

ダイエットのための水の使い方というのは、「飲む」だけではありません。
飲む以外のものとしては、次のようなダイエット法が挙げられます。

HT040_L3-1 入浴

心身のリラックスのためには欠かせない入浴ですが、ダイエットにも良い効果を及ぼすことが知られています。

  • 血流を良くして代謝力をアップする
  • 汗として老廃物を排出する
  • 気分をリラックスさせることが、間接的にダイエットにも役立つ

とは言え、ただ長い時間お風呂に浸かって汗をかけばダイエットになるということではありません。

ダイエットに効果的な入浴法としては、

  • 反復浴
  • 半身浴
  • 入浴マッサージ
  • 入浴剤の使用

などが挙げられていますが、自分に合った入浴法を見つけ、無理なく続けていくということが何よりも大切です。

さらに入浴前後の水分補給も忘れずに行うようにしましょう。

CX1423-2 水泳

水を使ったダイエット方法と言えば、水泳も忘れてはなりません。
水泳がダイエットに効果的な理由としては、次のようなものが挙げられます。

  • 陸上での運動に比べて消費カロリーが多い
  • 水圧によって全身の血流が促進される
  • 温度が低いため、体温を保つためにエネルギー消費量が多くなる
  • 浮力によって、腰や脚などに負担をかけずに運動ができる
  • 水の抵抗は空気よりもはるかに強く、少量の運動でも負荷がかかる

水泳と言っても、クロールで何メートルも泳がなければいけないわけではなく、歩くだけでも良い運動になるというのが嬉しいもの。
ダイエットとしても無理なく続けることができるというわけです。

効果的なダイエットを行うために、「水」は重要な存在。
毎日の生活の中で上手に水を使いながら、ダイエットに役立てていきたいですね。

参考文献:

  • 日経BP 「水の“秘めた効果”を知っていますか」

    http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/healthymeal_060530.html

  • 水web(セコムアルファ(株)) http://www.secom-alpha.co.jp/mizuweb/index.html
  • ここカラダ 「医療・健康なんでもQ&A 水太り」 https://www.cocokarada.jp/column/qa/0601/03.shtml
  • gooダイエット 「あったか入浴ダイエット」 http://diet.goo.ne.jp/topics/0311_no3/
  • all about Beauty 「脂肪を燃やす!「お風呂ダイエット」の正しい入浴法」 http://allabout.co.jp/gm/gc/375007/
  • all about Beauty 「水泳のダイエット効果と実践方法」 http://allabout.co.jp/gm/gc/185499/
LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>