おいしい水を飲むための7つの条件

LINEで送る
Pocket

皆さんは毎日「おいしい水」を飲んでいますか?

水にこだわっているという方が最近増えてきました。
浄水器を取り付けたり、ミネラルウォーターを購入したり、さまざまな工夫をされている方が多いと思います。

その理由の一つは、よりおいしい水を飲みたいからですよね。
では、「おいしい水」とは、どのような水を指すのでしょうか?

水道水の水質が非常によいことで知られる日本でも、最近では水を購入するのが当たり前とも言えるようになってきました。
コンビニやスーパーには国内外のさまざまな種類の水が並んでいます。
天然水や炭酸水、海洋深層水、酸素水、温泉水など、名前は聞いたことがあるけれどどんな水かわからないというものもありますよね。

それぞれの水にはどのような違いがあって、どれが「おいしい水」なのでしょうか。
また、全国各地の「名水」と呼ばれる水は、どのような水なのでしょうか。
私たちが豊かに生きるうえで欠かせない「おいしい水」について、考えていきたいと思います。

⇒浄水器を上手に活用 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む 詳しくはこちら

<目次>

おいしい水とは?
 おいしい水ってどんな水?
 おいしい水の要件
おいしい水の種類
 水道水
 ミネラルウォーター
 天然水
 それ以外の水
おいしい水の飲み方
 温度
 飲むタイミングと量
おいしい水カテゴリ内ページ

おいしい水とは? 

 おいしい水ってどんな水?

「おいしい水」って、一体どんな水なのでしょうか?

きれい?
安全?
冷たい?

「おいしい」の感じ方は人によって違いますが、特に2つのポイントが挙げられます。

・味
水は無味無臭だと言われることがよくありますが、それは違います。
純水であれば確かに味はありません。
でも私たちが普段飲んでいる水にはミネラル等が含まれており、それを“味”として感じるのです。

ミネラルは一定量含まれているとまろやかさやコクを与えると言われていますが、多すぎるとこわばったような味になってしまいます。

そのほか、植物プランクトンなどの不純物が水中に存在していると、生臭さを感じることもあります。

どのような水を選ぶかによって、水の味は確かに変わってくるのです。

⇒ミネラルとは何か? 詳しくはこちら
⇒浄水器で塩素除去! 詳しくはこちら

・飲み方 

もう一つの要素は、飲み方。

水のにおいはぬるいと特に感じられやすいと言われており、おいしく飲むためには適度に冷やすことが勧められます。
もちろん、喉がカラカラに渇いているときに飲む水はおいしく感じられます。
ただし体によい飲み方としては、渇きを感じる前に、少量ずつこまめに飲むことが大切だと言われています。

⇒ミネラルウォーターの上手な飲み方 詳しくはこちら

おいしい水の要件

では、多くの人がおいしいと感じる水はどのようなものなのか―。
それを表すものの一つとして、「おいしい水の要件」というものがあります。

「おいしい水の要件」は、昭和59年に旧厚生省によって設立された「おいしい水研究会」によって提示されたものです。
具体的には、以下のような項目が設けられています。

・蒸発残留物 30~200mg/L(ミネラルの含有量)
・硬度 10~100mg/L(マグネシウム、カルシウムの含有量の指標)
・遊離炭酸 3~30mg/L
・過マンガン酸カリウム消費量 3mg/L以下(有機物の指標)
・臭気強度 3以下
・残留塩素 0.4mg/L以下
・水温 最高20℃以下

普段の生活でこの要件を当てはめてみる機会は少ないかもしれませんが、目安として知っておくとよいかもしれません。

⇒「おいしい水の要件」 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターを硬度で選ぼう!  詳しくはこちら
⇒炭酸水の効果と上手な使い方 詳しくはこちら
⇒浄水器で塩素除去! 詳しくはこちら

参考:
「おいしい水ってどんな水?」一般社団法人浄水器協会
http://www.jwpa.or.jp/mi_oishii.htm

おいしい水の種類

では、私たちの身の回りにある水は、おいしい水なのでしょうか。 それぞれの水の特徴を詳しく見てみましょう。

水道水

私たちのもっとも身近にある水と言えば、水道水です。
水道水はおいしいと言えるのでしょうか?

前に挙げた「おいしい水の要件」に当てはめた場合、多くの地域の水道水はすべての項目を満たしています。
ですから水道水はおいしいと言ってよいと思います。

ただし、以下のような問題が生じる場合もあります。

・通常の浄水処理で除去しきれなかった植物プランクトンなどによる生臭さ
・消毒のために用いた塩素などの残留によるカルキ臭
・地域や住宅環境、配管設備の老朽化などによる水質の低下

そこで、自宅の水道に浄水器を設置することにより、不純物や塩素を除去し、よりおいしい水を飲むという方法もあります。

⇒水道水について 詳しくはこちら
⇒ペットボトルの水 上手に活用 詳しくはこちら
⇒浄水器を上手に活用 詳しくはこちら
⇒浄水器のろ材(フィルター) 詳しくはこちら
⇒浄水器の6つの形状 詳しくはこちら

ミネラルウォーター 

おいしい水を楽しむために、近年ではミネラルウォーターを利用する人も多くなっています。

ミネラルウォーターというのは、地下水にろ過、加熱処理などを行い容器詰めにしたもの。
一口にミネラルウォーターと言っても、厳密には以下のような区別があります。

・ナチュラルウォーター
・ナチュラルミネラルウォーター
・ミネラルウォーター

地下水以外の水を原水としたものは「ボトルドウォーター」などと呼ばれますが、容器入りの水であることからミネラルウォーター類として分類されています。

ミネラルウォーターにはさまざまな種類があるため、味わいも製品によって違います。
「おいしい水の要件」で言えば、ミネラルの含有量(硬度)や炭酸の有無などが目安となります。

もちろん人によって好みも異なりますので、自分なりのおいしい水を見つけてみるのも楽しいかもしれません。

⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む 詳しくはこちら
⇒炭酸入りミネラルウォーターってどんなもの? 詳しくはこちら
⇒ペットボトルの水 詳しくはこちら
⇒飲料水ってどんな水 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターのミネラルとは 詳しくはこちら

天然水

「天然水」と呼ばれる水も人気を集めていますが、そもそも「天然水」とはどんなものなのでしょうか?

「天然水」自体に明確な定義があるわけではありません。
ただしミネラルウォーター類の中で「天然水」と表示ができるのは、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターのみということになっています。
つまり、地下水にろ過・沈殿・加熱殺菌処理のみを施したものです。
日本では天然水の産地として、富士山や阿蘇、南アルプスなどがよく知られています。

「天然水」と一口に言っても、原水や処理方法、含まれる成分などには違いがありますので、きちんと確認してから選ぶことをおすすめします。

それ以外の水

上で述べたように、ボトル入りの水の中でも地下水以外の水を原水としたものは「ボトルドウォーター」と呼ばれます。

「ボトルドウォーター」には以下のようなものがあります。
・水道水
・海洋深層水
・RO水
・水素水
など

ボトルドウォーターも、原水や処理方法によって味わいが大きく異なります。
おいしいと感じられるかどうかはもちろん、 その水特有の性質に期待して水を選んでいる人も多いようです。

⇒海洋深層水の3つの特性と、活用方法 詳しくはこちら
⇒ウォーターサーバーの水の種類 詳しくはこちら
⇒水素水ってどんな水? 詳しくはこちら

参考:
一般社団法人日本ミネラルウォーター協会 http://minekyo.net/

おいしい水の飲み方

温度

おいしい水を飲むには、飲み方も重要なポイントになります。
その一つとして挙げられるのが、温度です。

先に挙げた「おいしい水の要件」では、水温について最高20℃以下との提示があります。
これを満たすことは特に難しいことではないと思います。

では具体的にどのくらいの温度だとおいしいと感じられるかですが、一説には体温よりも25℃ほど低い温度、つまり11℃前後というのが理想的だと言われているのです。
また、体温が上昇しやすい夏場は10℃くらい、冷えやすい冬場は15℃くらいで飲むと良いとも言われています。

冷蔵庫の設定温度は1~5℃くらいとなっているため、入れっぱなしにしておくと冷えすぎてしまいます。
飲む際にはしばらく常温に置いてから飲むとおいしく感じられるでしょう。

飲む量とタイミング

もう一つ気を付けたいのが、飲むタイミングと量です。

運動をして喉がカラカラに渇いたときに飲む水はとてもおいしく感じられるものです。
でもこれは、先にも述べたように体にとってはよい飲み方とは言えません。
喉が渇いたと感じるときには、体がすでに水分不足になっているということです。
脱水を防ぎ、おいしく水を飲むためには、渇きを感じる前に飲むことが大切です。

私たちが飲み水で1日に摂取すべき量はおよそ1.2ℓと言われますが、これは一度でがぶ飲みできるものではありません。
一度に飲む量は、コップ一杯程度(150~200ml)が目安です。
この量を8~10回飲めば1日に必要な水分が補給できます。
具体的には次のようなタイミングがあります。

・起床時
・食事中
・運動前後
・入浴前後
・就寝前

これらのタイミングで水を飲むことを習慣化することで、1日に必要な水分が補給でき、健康にも役立ちます。
体にとってよい水の飲み方をすることも、おいしい水を楽しむためには大切です。

⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら
⇒一日の水分補給、5つのタイミング 詳しくはこちら
⇒便秘解消に水が役立つ!? 詳しくはこちら
⇒運動・スポーツに水分補給が欠かせない 詳しくはこちら
⇒体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗 詳しくはこちら
⇒水分不足によって起こる症状 詳しくはこちら

参考:
「『健康のため水を飲もう』推進運動」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

<おいしい水カテゴリ内ページ>

「おいしい水の要件」7項目を知る

おいしい水の条件って何なのでしょうか?1985年、「おいしい水研究会」によってまとめられた「おいしい水の要件」の7つの項目について詳しく解説します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

きれいな水とは何か 身の回りのきれいな水、守るためにはどうする?

「きれいな水」とは、そもそもどのような水を言うのでしょうか?私たちが飲んでいる水は?きれいな水を守るためにはどうしたらいい?身の回りの水についてもう一度考えてみましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

水の種類 私たちの周りにはどんな種類の水がある?

水には、さまざまな種類があります。飲用はもちろん、農業や工業、食品加工など、それぞれの用途に適した水があるのです。天然水や炭酸水、純水、電解水など、水の種類と特徴をご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

飲料水ってどんな水?身の回りの飲料水を知る

現在では、飲料水としてさまざまな水が使われるようになっています。水道水、ミネラルウォーター、海洋深層水…。どのような飲料水があってどのような違いがあるのか、詳しく見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

飲料水を備蓄しよう!いざというときのための飲料水の備蓄の仕方

災害時のための飲料水の備蓄が重要だと言われるようになっています。どのくらいの飲料水を備蓄しておけばいいのか、備蓄した水の賞味期限はどのくらいなのか、確認しておきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

海外の飲料水について知ろう!水道水は飲める?海外の飲料水の味はどう?

海外に行く際には、その国の飲料水事情を確認しておくことが大切です。水道水は飲めるのか、海外の容器入りの飲料水にはどのような特徴があるのか、ご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

飲料水は通販で購入!そのメリットや注意点

飲料水を通販で購入する人が増えています。通販にはさまざまなメリットがありますが、同時に気を付けたい点もあります。飲料水を上手に購入する方法を知っておきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

清涼飲料水とは?その定義と種類

清涼飲料水は、毎日の水分補給や気分転換に活用されています。では、そもそも清涼飲料水とはどのような飲み物で、どんな種類があるのでしょうか?詳しく見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

清涼飲料水とは何か?清涼飲料水の定義と歴史を知る

「清涼飲料水」には、ミネラルウォーターからお茶、コーヒーまで、ほとんどの飲み物が含まれます。日本での最初の清涼飲料水は、ペリーによって持ち込まれたものだと言われています。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

清涼飲料水の糖分は?「清涼飲料水ケトーシス」について

清涼飲料水を飲む際に気を付けたいのが、糖分です。清涼飲料水のラベルの見方や、糖分の摂りすぎによって起こる「清涼飲料水ケトーシス」についてご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

清涼飲料水の規格基準

清涼飲料水には、私たちが安心して飲むことができるよう規格基準が設けられています。清涼飲料水の成分、製造、保存についての規格・基準について解説します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

ソフトドリンクって何?「ソフトドリンク」の意味、ジュースとの違い

「ソフトドリンク」という言葉がよく使われますが、どういう意味なのでしょうか?「ジュース」と同じ?知っているようで知らないソフトドリンクの意味について見ていきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

天然水をおいしく飲もう!天然水とは、硬度、サーバーの使い方

天然水を飲む人が増えています。そもそもどのような水で、どのような特徴があるのでしょうか?天然水サーバーってどんなもの?気になる疑問を解決します!
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

天然水ってどんなもの?天然水の定義と活用方法

「天然水」の定義、ご存知ですか?きれいな水?手を加えていない水?ミネラルが多く含まれている水?天然水を楽しむために、その定義をきちんと知っておきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

天然水の硬度とは?硬度の違いを知って、天然水を上手に使おう

天然水を選ぶ際には、硬度が重要なポイントになります。そもそも硬度とはどのようなもので、天然水にはどのような硬度の違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

天然水を宅配で楽しもう!天然水を楽しむ方法やメリット・注意点

天然水を宅配で楽しむ人が増えています。通販、ウォーターサーバーなど、天然水を宅配で楽しむ方法やそのメリット・デメリットをご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

天然水サーバーってどんなもの?天然水のサーバーの上手な使い方

天然水サーバーを設置する家庭が増えています。天然水サーバーってどんなもの?メリット・デメリットは?使い方は?上手に使うために知っておきたい情報をまとめました。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水を楽しもう!炭酸水の特徴と上手な使い方

炭酸水が今注目を集めるようになっています。健康や美容に役立つさまざまな作用があると言われ、飲用はもちろん、洗顔やシャンプーに取り入れる方もいます。そんな炭酸水の魅力に迫ってみたいと思います。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水にはどんな種類がある?炭酸水の味の違いを知ろう

炭酸水と一口に言っても、さまざまな種類があることをご存知ですか?天然と人工、軟水と硬水、強炭酸と微炭酸…。自分に合った炭酸水を見つけて楽しんでみてください。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

天然炭酸水を飲もう!天然炭酸水ってどんな水?味はどう?

天然炭酸水ってご存知ですか?ヨーロッパなどでは古くから親しまれてきた、天然の炭酸ガスを含む水です。人工炭酸水とはどう違う?日本にもあるの?詳しく見ていきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水の上手な飲み方は?おいしい炭酸水の選び方&飲み方

炭酸水は、飲み方も大切。まずはお気に入りの炭酸水を見つけることがおいしく楽しむための第一歩。飲む量やタイミングにも注意して、上手に健康に役立ててくださいね。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水を飲み過ぎるとどうなる?炭酸水の飲み過ぎによる影響を知ろう

「炭酸水がいいって聞いたけど、飲み過ぎによる悪影響はないの?」と心配している方も多いのではないでしょうか。炭酸水の飲み過ぎによる影響について調べてみました。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水シャンプーって?髪への作用とそのやり方

炭酸水をシャンプーに使うという方もいます。髪にはどんな作用があるの?どんなふうに使えばいい?炭酸水シャンプーについて詳しく解説します!
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水で洗顔しよう 炭酸水洗顔のメリットとやり方をご紹介!

同じように、洗顔にも炭酸水を使うことができると言われています。どんなメリットが期待されているのでしょうか?炭酸水洗顔のやり方と合わせてご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水の作り方!手作りと炭酸水メーカー、2つの作り方とメリット・デメリット

炭酸水は買うだけではなく作ることもできます。作り方は手作りと炭酸水メーカーの2つ。それぞれどのような方法でどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

炭酸水と炭酸飲料の違いは?炭酸飲料を上手に活用しよう

炭酸飲料をよく飲むという方、多いかもしれませんね。無糖の炭酸水であればよいのですが、糖分が多く含まれた炭酸飲料の飲み過ぎには注意が必要。炭酸飲料にまつわるさまざまな噂についても迫ってみたいと思います。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

バナジウム水ってどんな水?その特徴と上手な使い方

ミネラルウォーターの中でも、「バナジウム水」と呼ばれる水をご存知でしょうか。富士山麓の地下水に多く含まれると言われるバナジウム。どんな特徴があり、どんなふうに飲めばいいのでしょうか?
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

海洋深層水ってどんな水?海洋深層水の特性と活用方法

海洋深層水とは、水深200m以深の深海の水のこと。表層水とは異なる特徴があるとされ、さまざまな分野に活用されています。注目が集まる海洋深層水について、詳しくご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

海洋深層水に塩分は含まれている?脱塩方法、海洋深層水の「塩」について

海洋深層水は海水ですから、当然塩分が含まれます。飲料水などとして利用する際には、いくつかの方法で塩分を除去しています。また、海洋深層水から抽出した「塩」もさまざまな場面で活用されています。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

海洋深層水を使った化粧品 その特徴や種類について

海洋深層水は化粧品にも用いられるようになっています。具体的にどんなアイテムに使われているの?どんな特徴がある?海洋深層水化粧品について見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

海洋深層水のスパ・リラクゼーション施設って?タラソテラピーって何?

海洋深層水を取り入れたスパ・リラクゼーション施設をご存知ですか?「タラソテラピー(海洋療法)」の一つとしても注目されるようになっています。どんなことができるのか?ご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

温泉水は飲める?温泉の定義と、温泉水の上手な飲み方

温泉水は入浴するだけではなく、飲用することもできます。そもそも温泉水ってどんな水?飲んでもいいの?どんなふうに利用したらいい?上手に活用して楽しんでみてください!
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

酸素水ってどんな水?その特徴や使い方について

「酸素水」と呼ばれる水が注目されるようになっています。人間が生きるうえで必要な酸素を溶け込ませたとされる水。その気になる作用や上手な飲み方を見ておきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

純水とは何か その定義や製造方法を知る

純水とはその名の通り純粋な水のことを指します。清浄性の高さからさまざまな分野で活用されている純水。その製造方法や用途をご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

精製水とは 医療用・工業用精製水の作り方や用途について

精製水は純水のように純度の高い水のことで、その用途は医療用と工業用の2つに分けられます。日常生活でも使われる精製水について、詳しく見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

蒸留水について知ろう 蒸留水の作り方や特徴、上手な使い方

蒸留水は蒸留によって得られる水のことで、純水や精製水の一つとしても知られています。料理や赤ちゃんのミルク作りにも使われる蒸留水、その特徴とは?
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

水は通販で購入しよう!通販で購入できる水の種類や値段、注意点とは?

水を通販で購入する人が増えています。自宅まで運んでもらえる、種類が多いなどさまざまなメリットがある一方で、注意したい点もあります。通販を使って上手に水を購入しましょう!
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

水の賞味期限について 賞味期限はどのくらい?切れたらどうする?

水を購入して使う際には、賞味期限を確認することが大切。備蓄している水の賞味期限はどのくらい?開封したものはどうなの?知っているようで知らない情報をまとめました。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

ペットボトルって何?その種類や特長を知ろう

水などを淹れる容器としてお馴染みのペットボトル。手軽に持ち運びができる点が魅力です。ペットボトルにも種類がある?ほかの容器に比べて何がいい?詳しく見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

ペットボトルの水 上手に活用するために知っておきたい4つのポイント

ペットボトルの水はどれも同じではありません。さまざまな種類、サイズ、価格の中から、自分に合ったものを選ぶことが大切。ウォーターサーバーや浄水器との違いも知っておきましょう。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

水の販売方法を比較しよう メリット・デメリットや水の種類

水が販売されているのをあちこちで見かけるようになりました。店頭、通販といった販売方法の違いや、水の種類の違い、形状・サイズの違いなどを詳しくご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

名水ってどんな水? 名水の魅力を知ろう!

「名水」とはどのような水を言うのでしょうか?水の持つさまざまな魅力や、環境省によって選定された「名水百選」「平成の名水百選」についてまとめました。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

名水百選(昭和)とは?昭和の名水百選をご紹介します

「名水百選(昭和)」は、昭和60年に選定された全国100か所の名水です。平成、令和と、時代が変わっても大切に受け継がれてきた、全国各地の名水をご紹介します。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

平成の名水百選とは? 全国100か所の名水をご紹介します

平成20年、新たに「平成の名水百選」が選定されました。飲料水や農業用水として活用されてきたもの、観光地として注目されているもの、全国にあるさまざまな名水を訪ねてみませんか?
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

湧水を守ろう!湧水とは何か、その利用方法を知る

湧水とは、地下水が地表へと出てきたもの。水質がよく、安定していることからさまざまな分野への活用が進められている水です。湧水の特徴や活用方法について見ていきます。
・・・・・⇒⇒ 続きを見る

参考文献:

東京都水道局 https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/
一般社団法人 浄水器協会 http://www.jwpa.or.jp/
日本ミネラルウォーター協会 http://minekyo.net/
「『健康のため水を飲もう』推進運動」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

LINEで送る
Pocket