魚介・海藻料理レシピ 寄せ鍋 by日本トリムの電解水素水

LINEで送る
Pocket

魚介・海藻料理レシピ 寄せ鍋スライド4
by日本トリムの電解水素水

 【材料(4人分)】

豚バラスライス…400g
さば切り身…半身
かわはぎ…4枚小
かき…400g
わかめ…適宜
生うに…200g

【白身魚すり身合わせ調味料】

生うに…200g
白身魚のすり身(市販)…500g

 ※【昆布だし】

昆布…5㎝角1枚、
電解水素水…200㏄

卵白…1個分
塩…少々

【いわしすり身合わせ調味料】

イワシのすり身…250g
鶏ひき肉…100g
おろし生姜…10g
大和イモ…おろしたもの50g
長葱のみじん切り…15g
卵黄…1個分
赤味噌…10g
しょうゆ…15㏄

【鍋野菜・具】

ゴボウ…1本
ダイコン…1/3本
ハクサイ…4枚
長ネギ…1本
サトイモ…4個
春菊…少々
セリ…1束
キクラゲ…少々
豆腐…1丁
昆布…少々
サラダ油…適宜

※【だしのとりかた】

電解水素水5カップ 昆布8×8㎝ 削り節20g

1. 鍋に分量の水と昆布を入れ弱火に10分ほどかけ90度の温度に上げ昆布が浮いてきたら引き上げ         る。
2. そのまま沸騰させ、火を止め1/2カップの電解水素水をさし温度を90度に下げて、削り節をほぐすようにして入れていき漉す。

【鍋煮汁】

だし汁…500㏄(電解水素水で作っただし)
田舎みそ…120g
酒粕…80g

【料理手順・工程】

1 豚バラは3等分に切る。

2 電解水素水で洗ったかき、一口大に切ったぶりとかわはぎは軽く霜降り(電解水素水で湯通し)にする。

3 ゴボウは長めのささがきにし電解水素水に浸す。ダイコンは皮をむく要領で、8~10㎝の長さにヒモ皮状にスライス、長ネギは斜め切りにする。セリは食べやす長さに切る。

4 ワカメとキクラゲは電解水素水でもどし、食べやすい大きさに切り、水気を切っておく。

5 サトイモは電解水素水でゆでる。

6 ハクサイと春菊は電解水素水でゆでて、巻きすにハクサイをしき春菊を芯にして巻き、食べやすい大きさに切り、細く切った昆布で結ぶ。

7 さばは塩をし、塩がまわったら水気をふき取り食べやすい大きさに切る。豆腐は12等に切る。さば、豆腐ともに小麦粉をまぶしサラダ油で揚げる。

8 生うにを蒸す。

9 白身魚のすり身に【白身魚すり身合わせ調味料】を加え調味して、蒸したウニの形を崩さないようざっくり混ぜ、流し缶(バットでも可)に入れて蒸し器で15分ほど蒸し、うにしんじょうを作る。冷めたら流し缶から取り出し食べやすい大きさに切っておく。

9 いわしのすり身に鶏ひき肉を入れて混ぜ、さらに【いわしすり身合わせ調味料】を加えてよく混ぜ、器に移す。

10 土鍋に【鍋煮汁】を入れ沸騰させ、9)以外の材料を入れる。再び沸騰したら9)をスプーンですくって入れる。

【ワンポイントアドバイス 美味しくなるポイント】

※食べるごとに鍋の具を入れる

【おすすめページ】

水素水ってどんな水?水素水の種類、特徴、上手な使い方
健康生活を送るために大切な7項目
アンチエイジングの意味と、今日から始める6つの方法
体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係
むくみの原因は水分不足だった?むくみを防ぐ、正しい水分補給の仕方とは
胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方
便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目
妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子
整水器と浄水器の違い
ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

【家庭料理レシピ 関連ページ】

【レシピトップページ】
日本トリム
の電解水素水整水器で楽しむ家庭料理レシピ簡単!おいしい!プロの味

肉料理レシピ定番からとっておきまで
魚介・海藻料理レシピ自宅で手軽にプロの味!
卵料理レシピ人気メニューをもっとおいしく!
豆腐・大豆料理レシピ手軽においしくヘルシーに
野菜・きのこ料理レシピ旬の味をご家庭で!
麺料理レシピ人気メニューを家庭で手軽に!
前菜・おつまみ料理レシピ簡単&おしゃれにもう一品!
サラダ料理レシピおしゃれに楽しむ一皿!
汁物・スープ料理レシピ家庭で手軽にプロの味!
ご飯・寿司料理レシピ食卓を彩り豊かに!
デザートレシピ簡単、おしゃれに楽しもう!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>