生後12ヶ月の赤ちゃんの様子

LINEで送る
Pocket

目次

(1) 生後12ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
(2) 生後12ヶ月の赤ちゃんの発達
(3) 生後12ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話
(4) 生後12ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?
(5) まとめ

生後12ヶ月、ふにゃふにゃの状態で生まれてきた赤ちゃんも、
ついに1歳のお誕生日。
最初は寝てばかりだった赤ちゃんも、
一人で歩けるほどまでに成長しました
これまで赤ちゃんの成長を見守ってきたお父さんお母さんにとっても、
特別な一年だったことと思います。
そんな生後12ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめました。

main_recipe

(1) 生後12ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が母子手帳で示している発育曲線では、生後12ヶ月の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。
赤ちゃん歯男の子 身長:70.3~79.6cm 体重:7.68~11.04kg
女の子 身長:68.3~77.8cm 体重:7.16~10.48kg
(平成22年厚生労働省「乳幼児身体発育調査」より)

生後12ヶ月頃には、出生時と比べて身長はおよそ1.5倍、体重はおよそ3倍になると言われています。
ぷくぷくとした赤ちゃん体型から引き締まった幼児体型になってきて、そろそろ“赤ちゃん”も卒業かな?と思われるお父さんお母さんも多いかもしれませんね。
体型には個人差がありますので、ほかの子より小さかったり、痩せていたりといったことがあるのは当たり前です。
一年間の成長グラフを見て、緩やかなカーブを描いて伸びているようであればそれが成長の証です

(2) 生後12ヶ月の赤ちゃんの発達

シャボン玉生後12ヶ月頃には、一人で上手に立ったり、歩いたりできる赤ちゃんも出てきます。
ただし1歳のお誕生日までに歩くことができる子はそれほど多くありませんから、まだ心配する必要はありません。
ほとんどの子は1歳6ヶ月頃までには歩けるようになりますので、もうしばらく見守ってあげてくださいね。

この時期には、「パパ」や「ママ」など、意味のある言葉を話せるようになる子もいます。
言葉の発達も個人差が非常に大きいので、2歳近くなっても単語を話さない子もいるでしょう。
一般的には男の子よりも女の子のほうが言葉の発達が早いと言われているようです。
「おいで」と言ったらこっちに来る、「パパ」と言ったらパパのほうを向くなど、言葉の意味はしっかりと理解できるようになってきています。
赤ちゃんが興味のあるものを指さししたときには、「ワンワンかわいいね」などたくさん応えてあげて、言葉の蓄えを増やしてあげるようにしましょう。

生後12ヶ月頃には手先の動きがますます器用になってきて、積み木を積んだり、ボールを投げたりといったこともできるようになってきます。
おもちゃも喜ぶのですが、赤ちゃんはお父さんやお母さんが使っているものに興味津々。
新聞紙、洗濯ばさみ、おたま、ペットボトル…赤ちゃんにとってはどんなものでも楽しいおもちゃになりますから、危険なものでなければ好きなように遊ばせてあげるのもよいでしょう。
天気のよい日には外遊びもおすすめ。
まだ一人歩きができなくても、公園の遊具に乗せてあげたり、芝生の上でボール遊びをしたりすると喜びますよ。

(3) 生後12ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

赤ちゃん手づかみ生後12ヶ月~18ヶ月頃は離乳食完了期に位置付けられます。
大人の食事からの取り分けもできるようになってきますが、この時期はまだ大人の食事よりも軟らかく、薄味にするのが基本です。
手づかみ食べに加えて、スプーンやフォークを使って自分で食べたがる子も出てきます。
まだ口へうまく運ぶことができずに食べこぼしてしまったり、すぐに手づかみ食べに戻ってしまったりするかもしれませんが、赤ちゃんは頑張って食べる練習をしているところですから、見守ってあげることも大切です。

この頃には栄養の大部分を離乳食から摂ることができるようになってきます。
離乳食をしっかりと食べていて、水分も取ることができ、おっぱいを飲む量が減ってきているようであれば卒乳のサインかもしれません。
卒乳の時期ややり方はこうでなければならないということはありませんから、赤ちゃんの様子を見ながらゆっくりと考えてみてくださいね。

この頃には起床、食事、昼寝、就寝の時間を定め、毎日同じような生活リズムで過ごすようにしましょう。
遊ぶときは思い切り体を動かして遊ぶなど、生活にメリハリをつけることで、食事や睡眠がしっかりと取れるようになります。
朝起きたら着替えをする、食事の前には手を洗い、食べ終わったら歯磨きをするなど、基本的な生活習慣も身に着けていけるようにしたいですね。

(4) 生後12ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

赤ちゃんと母生まれてから一年。
最初は何もわからず、お父さんお母さんに何でもしてもらっていた赤ちゃんも、一人歩きができるようになってきて、少しずつ「自分」というものが出てきます。
大人がすることを真似したがったり、何でも自分でやろうとしたり、うまくいかずに癇癪を起したり…。
ほほえましい一方で、お父さんやお母さんが手を焼く機会も増えてくるでしょう。
でもこれも、赤ちゃんが成長していく大切な過程の一つです。
何でも「ダメ」と言って禁止してしまうのではなく、時には見守ってあげることも必要。

また禁止するときにも、「これがしたかったのね、でも危ないからダメだよ」というふうに、一度はその子の気持ちに寄り添ってあげましょう。
自我が芽生えてきた赤ちゃんにとって、お父さんやお母さんが自分の気持ちをわかってくれていると思えること重要なことです。
それと同時に親としての意識をしっかりと持ち、教えるべきことはしっかりと教えていけるようにしたいですね。

(5) まとめ

それでは最後に、生後12ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後12ヶ月の赤ちゃんの身長は68~807cm、体重は7.2~11.0kgくらい
・1歳半くらいまでには一人歩きができるようになる
・「パパ」「ママ」などと言えるようになる子もいるが、言葉の発達には個人差がある
・離乳食完了期に入るが、基本は大人の食事より軟らかく、薄味にする
・自我が芽生えてくるので、気持ちを尊重しつつ、してはいけないことを教えていく

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
厚生労働省 「乳幼児身体発育調査」 ⇒http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22.html

LINEで送る
Pocket