11ヶ月の赤ちゃん 発育・発達や生活、気を付けることは?

LINEで送る
Pocket

生後11ヶ月、1歳のお誕生日まであと1ヶ月になりました。
1日3回の離乳食も定着し、言葉や身振りでのコミュニケーションも楽しめるようになってくる頃。
卒乳やしつけのことも頭に入れながら、赤ちゃんの成長を見守っていきたいですね。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

<目次>

11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
赤ちゃんの発達
赤ちゃんの生活・お世話
赤ちゃん、気を付けることは?
まとめ

11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が平成22年に行った発育調査では、生後11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。

男の子 身長:69.4~78.5cm 体重:7.51~10.82kg
女の子 身長:67.4~76.7cm 体重:7.02~10.27kg

この時期には、同じ月齢とは思えないほど赤ちゃんの体格に差が出てくることも多いです。
体が小さいとお母さんは心配になってしまうかもしれませんが、赤ちゃんが元気に過ごしていて、緩やかであっても発育曲線のカーブに沿って身長・体重が増加しているようであればそれがその子の成長のペースということになります。
逆に、発育曲線の帯から大きく外れた状態で体重が減少してしまっている、急激に増加しているなどといった場合には、生活の中に原因がないか考える必要があります。

参考:
「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou

11ヶ月の赤ちゃんの発達

生後11か月になると、つたい歩きも上手になってきて、少しの間なら手を離して立っていられたり、歩いたりできる赤ちゃんも出てきます。
ただし赤ちゃんにはそれぞれ好みや個性があり、つたい歩きよりもハイハイが好きな子、つかまり立ちの姿勢で遊ぶのが好きな子、おすわりの姿勢のまま移動する子などさまざまです。
育児書通りではなくても、その子なりの成長をほほえましく見守ってあげたいですね。

この時期には言葉の発達もどんどん進んでいます。
中にはお母さんの真似をして「マンマ」などと言えるようになる子もいるでしょう。
まだ意味のある言葉にはなっていなくても、赤ちゃんはお父さんやお母さんに一生懸命話しかけたり、興味のあるものを「指さし」で教えようとしたりしていますから、相槌を打つなどしてコミュニケーションを楽しみたいですね。
「おいで」と言うとこちらに向かってくるなど、大人が話していることを理解できるようにもなってきています。
「ちょうだい」「どうぞ」のやり取り遊びなどを楽しんでみるのもおすすめです。

参考:
「11か月頃の赤ちゃん」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/sodachi/11kagetsu.html

11ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話 

生後11ヶ月には、1日3回の離乳食がリズムよく進められているのが理想です。
歯茎でつぶせるくらいの硬さ(バナナくらいの硬さ)のものを嚙みつぶして食べられるようになっているとよいですね。
栄養の主体は母乳から離乳食へと移っていきますので、主食(糖質)・主菜(たんぱく質)・副菜(ビタミン)をバランスよく組み合わせていくことが大切です。
卒乳に向けて、お茶などをコップで飲む練習も始めていくとよいでしょう。
この時期の授乳は赤ちゃんにとって安定剤の役目がありますから、離乳食を食べた後や眠いときなどにはほしがるだけ与えるようにします。

この頃には、上下の前歯4本が揃うほか、上下の側切歯が生えてくる子もいます。
離乳食もしっかりと食べるようになっていますから、歯のケアを習慣付けていくことが大切です。
食後は赤ちゃん用の歯ブラシを使って仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
赤ちゃんが自分で歯ブラシを持ちたがることも多いと思いますが、すぐに噛んでダメにしてしまうことも多いので、専用の歯ブラシをもう1本用意しておくと安心です。
赤ちゃんが歯ブラシを加えたまま歩いたりすることがないように十分注意してあげてください。
ジュースなどは虫歯の原因になりますので、この時期にはなるべく与えないようにするか、時間を決めて適量を与えるようにしましょう。

11ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、何をしてもほほえましく、怒る機会もほとんどなかったかもしれません。
でもそろそろ、いけないことや危ないことをしたときには叱って教えることも必要になってきます。
生後11ヶ月にもなれば赤ちゃんは大人の反応や言葉を理解できるようになっていますから、叱るときには毅然とした態度で「ダメ」と伝えましょう。
驚いたり大声を出したりといった中途半端な態度を取ってしまうと、赤ちゃんはその反応が面白くて同じことを繰り返してしまう可能性もあります。
叱ることでその行動をやめた場合には、にっこり笑って褒めてあげたり、抱きしめてあげたりしてください。
最初のうちは叱ってもすぐには理解できませんが、根気よく伝え続けていくことによって赤ちゃんは少しずつ、してはいけないこと、してよいことを理解できるようになっていきます。
同時に、赤ちゃんをむやみに叱らなくてもよいように、危険な場所にはガードをしておく、赤ちゃんがおもちゃにしそうなものは手の届かないところに置いておくなどといった対策を取ることも忘れないようにしましょう。

⇒妊婦さんや赤ちゃんに適した水とは?妊婦さんの体や赤ちゃんの成長の様子 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、生後11ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後11ヶ月の赤ちゃんの身長は67~79cm、体重は7.0~10.8kgくらい
・大人の言ったことを理解できるようになり、コミュニケーションが楽しめるようになってくる
・離乳食は1日3回、栄養バランスのよい食事を心がける
・乳歯の本数が増えてくるので、歯磨きをしっかりと習慣付けていく
・いけないことや危ないことをしたときは、「ダメ」と教えることが大切

参考文献:

「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou
赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/

LINEで送る
Pocket