生後9ヶ月の赤ちゃんの様子

LINEで送る
Pocket

目次

(1) 生後9ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
(2) 生後9ヶ月の赤ちゃんの発達
(3) 生後9ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話
(4) 生後9ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?
(5) まとめ 

生後9ヶ月、ハイハイからつかまり立ちへ、
赤ちゃんの行動範囲はどんどん広がっていきます
安全対策には十分な注意が必要になってくる時期。
離乳食はそろそろ3回食にステップアップし、
食の楽しさを一緒に味わっていきたいですね。

main_recipe

(1) 生後9ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

よじのぼる厚生労働省が母子手帳で示している発育曲線では、生後9ヶ月(生後9~10ヶ月)の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。
男の子 身長:67.4~76.2cm 体重:7.16~10.37kg
女の子 身長:64.5~74.5cm 体重:6.71~9.85kg
(平成22年厚生労働省「乳幼児身体発育調査」より)

この時期にはハイハイやつかまり立ちをすることから、それまでのぽっちゃりとした体から、引き締まった体格になる赤ちゃんも増えてきます。
運動量や離乳食の食べ具合によって赤ちゃんの体つきに個人差が出てきますが、しっかりと食べたり飲んだりできていて、ご機嫌に過ごしているようならそれほど心配はありません。
離乳食をあまり食べてくれず、体重の増加も少ない場合には、一度健診などで相談してみるとよいかもしれません。

(2) 生後9ヶ月の赤ちゃんの発達

生後9ヶ月頃には、ハイハイがますます上手になってくるでしょう。
高ばいの姿勢も安定してくるほか、移動のスピードもかなり早くなり、家の中をぐるぐると動き回るようになるかもしれません。

赤ちゃんおもちゃ指先の動きも器用になっているので、スリッパを持って口に入れたり、ペットのご飯をひっくり返したり、電気コードを抜いてしまったりということも。
赤ちゃんが触って危ないようなものはあらかじめ対策を練っておく必要があります。
また、ハイハイからテーブルなどにつかまってつかまり立ちをするようになる赤ちゃんもいますから、テーブルの上の小物や飲み物などにも注意が必要です。

ハイハイが上手になる頃には、お母さんの「後追い」が始まる赤ちゃんもいます。
お母さんの姿が見えないと不安になり、大きな声で泣いたり、後を追いかけてきたりするのです。
トイレまで追いかけてこられてしまってお母さんは困ってしまうかもしれませんが、これも赤ちゃんがお母さんを大切な人だと認識している証拠。
手が離せないときは優しく声をかけてあげるなどして、赤ちゃんの不安を解消してあげてください。

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、大人の真似も上手になってきます。
バイバイやパチパチ、イヤイヤなど、大人がやったのと同じ動作を真似てみようとする姿はとてもかわいらしいもの。
同時に、赤ちゃんがあいさつや常識を覚えていくための大切な過程にもなりますから、大人がしっかりと見本を見せてあげられるようにしたいですね。

(3) 生後9ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

離乳食あーん生後9ヶ月、1日2回の離乳食が順調に進んでいれば、そろそろ3回食に移行してもよいでしょう。
最初は歯茎でつぶせるくらいの小さい粒状にし、慣れてきたら少しずつ粒を大きくしていきます。
お母さんは離乳食の準備で忙しくなりますが、あらかじめ多めに作って冷凍しておくと便利です。

食事と食事の間は3~4時間は空けたいので、しっかりと早起きをして朝のうちに1回目の食事を済ませるように習慣付けたいですね。
この時期には手づかみ食べのほか食べムラや遊び食べが出てくることもあり、お母さんが手を焼いてしまうこともしばしば。
あまり神経質に怒ってしまうと食事が楽しくなくなってしまうので、あらかじめ汚されても片付けがしやすいような工夫をしてみましょう。
あまりにも遊び食べがひどい場合には、「おしまい」と言って切り上げます。

3回食になると、離乳食から栄養を摂る割合が大きくなってきて、母乳やミルクの量が減ってくる子もいます。
一方でまだ2回食だったり、離乳食をあまり食べなかったりする場合には母乳やミルクを十分に与えるようにしてください。
ただしいずれ赤ちゃんの栄養源は母乳・ミルクから食事へと移行していきます。
食材や調理法、味付けを工夫したり、食事の時間を変えてみたりして、食べる楽しみを少しずつ覚えてもらえるようにしたいですね。

(4) 生後9ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

2人のベビーカー生後9ヶ月、最初は寝ているだけだった赤ちゃんも、ハイハイをしたり、離乳食を食べるようになったり、ずいぶん活発になってきましたよね。
一方でこの時期には赤ちゃんの体格や行動、性格の個人差も大きくなってきます。
ハイハイからつかまり立ち、さらにはつたい歩きまでする子もいれば、まだなかなかハイハイをしたがらないという子もいるでしょう。
離乳食が大好きという子もいれば、まだ母乳がメインという子もいるでしょう。
児童館などでご機嫌で遊ぶ子もいれば、人見知りをしてしまってお母さんから離れられない子もいるでしょう。

お母さんとしては、子供の成長が遅いのではないかと心配になってしまうかもしれませんが、赤ちゃんにもいろいろなタイプの子がいるのです。
健診などで特別何も言われなければ、あまり神経質になる必要はありません。
その子の個性を受け入れ、成長を見守ってあげることも大切です。

(5) まとめ

それでは最後に、生後9ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後9ヶ月の赤ちゃんの身長は65~76cm、体重は6.7~10.3kgくらい
・ハイハイからつかまり立ちができるようになる子もいるので、周りに危険なものを置かないよう注意する
・お母さんの後追いをする赤ちゃんもいる
・離乳食が順調に進んでいれば、3回食に移行するとよい
・赤ちゃんの成長には個人差があるので、大らかな目で見守ることも大切

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
厚生労働省 「乳幼児身体発育調査」 ⇒http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22.html

LINEで送る
Pocket