エステサロンはどんなところ?エステサロンの上手な選び方

LINEで送る
Pocket

エステサロンを利用する方が増えています。

心身を美しく保ちたい―
頑張っている自分にご褒美をあげたい―
自分ではなかなかできないようなお手入れをプロの方にしてもらいたい―
エステサロンを利用する目的はさまざまありますよね。

では、そもそもエステサロンとはどのような場所で、どのような人が働いているのでしょうか?
お店を選ぶ際のポイントは?

エステサロンを利用する前に知っておきたい基礎知識をまとめました。

⇒整水器と浄水器の違いとは?整水器と浄水器の違いを知って、上手に選ぼう 詳しくはこちら
⇒整水器とウォーターサーバー 4つのポイントを比較! 詳しくはこちら

<目次>

エステサロンとは
エステティシャンってどんな人?
エステサロンの選び方
まとめ 

エステサロンとは

エステサロンは正式には「エステティックサロン」と言います。
「エステティック」という言葉は元々、“審美的な”とは“美を見極める”などといった意味を持つ言葉でした。
現在では“全身の美容”を表す言葉として使われており、顔や体のトリートメントのほか、痩身や脱毛などさまざまなものが含まれます。

総務省「日本標準産業分類」では、エステサロン業について次のように定義しています。
「手技又は化粧品・機器等を用いて,人の皮膚を美化し,体型を整えるなどの指導又は施術を行う事業所をいう。」
エステサロン(エステティックサロン)とはエステティックを行う場所、すなわち美顔術や美容脱毛、ボディケア、ハンドケア、フットケア、ヘッドセラピーなどを行う場所とされています。

エステサロンはフィットクラブや美容室、ネイルサロンとは区別されており、美容師免許を持たずに美容(パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること)を行うことや、医師免許を持たずに医療行為を行うことは禁じられています。

参考:
「日本標準産業分類 大分類N-生活関連サービス業,娯楽業」総務省
https://www.soumu.go.jp/main_content/000290733.pdf

エステティシャンってどんな人?

エステティックを行う技術者は、「エステティシャン」と呼ばれます。

エステティシャンには、現在のところ美容師のような国家資格はありません。
ただしエステティックを行うためには一定の知識と技術が必要であり、それは利用者がサロンや技術者を選ぶ際の目安の一つにもなります。
そこで現在では複数の団体や企業が独自にエステティックの資格制度を設けています。

例えば日本エステティック協会では、「認定エステティシャン」をはじめ「認定上級エステティシャン」や「認定トータルエステティックアドバイザー」といったエステティシャンのレベルの指針となる認定資格制をもうけています。
さらに資格取得のための知識と技術を学ぶ場として、認定校制度も充実させています。
このほかにも、日本エステティック業協会(AEA)の認定エステティシャン資格制度なども有名です。

エステティックサロンや、エステティシャンを志望する人の数は年々増加しているとも言われています。
美容師のように基準が一つではないからこそ、エステティシャンになるためにどのような学校で学び、どのような資格を取得したらよいのかということをよく考えて選択することが大切だと言えます。
同じように消費者も、どのような資格を持ったエステティシャンに施術をしてもらうのかということを前もって知っておくことが必要かもしれません。

⇒美容院の3つの基礎知識 理容室(床屋)との気になる違い 詳しくはこちら

参考:
「資格・検定」一般社団法人日本エステティック協会
https://ajesthe.jp/esthetician/

エステサロンの選び方

エステティックサロンを利用する方が増えている一方で、料金の支払いやサービス内容を巡るトラブルも増加しています。
では、エステティックサロンを選ぶ際にはどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

エステティックサロンの選び方としては、お店の雰囲気、サービスの内容、料金、スタッフ、口コミなどさまざまなポイントが挙げられますが、まずは「信頼できるエステティックサロンかどうか」ということが気になりますよね。
それを判断する目安となるのが、「エステティックサロン認証」を受けているかどうかということです。

「エステティックサロン認証」とは、日本エステティック機構(JEO)が審査・確認を行ったことを示す“信頼できるエステティックサロン”の証です。
日本エステティック機構は、経済産業省が2003年に発表した「エステティック産業の適正化に関する報告書」を受け、消費者が安心してエステティックサービスを受けられる仕組み(制度)を策定・実施する機関として設立されたものです。
エステティックサロン認証には、5つの大きな認証基準があります。

  • サロンの運営管理体制について
  • 契約の適正化について
  • 集客・広告について
  • 確認及び改善について
  • 消費者窓口の設置について

認証を受けたエステティックサロンには、JEO発行の「認証マーク」が表示されることになります。
また、同団体ではエステティシャンの試験制度、エステティック機器に対しても認証制度を設けています。

参考:
「エステティックサロン認証」特定非営利活動法人 日本エステティック機構
http://esthe-npo.org/salon.html

まとめ

それでは最後に、エステサロンについてまとめておきます。

・エステサロンとは、全身の美容を行う施設のこと
・エステティシャンには現在のところ国家資格はなく、複数の団体や企業が独自に資格制度を設けている
・信頼できるエステサロンを選ぶ目安として、JEOによる「エステティックサロン認証」というものがある

参考文献:

特定非営利活動法人 日本エステティック機構 http://esthe-npo.org/
一般社団法人日本エステティック振興協議会 http://esthe-jepa.jp/
一般社団法人日本エステティック協会 https://ajesthe.jp/salon/point.html#main_contents
一般社団法人日本エステティック業協会 http://www.esthesite.com/

LINEで送る
Pocket