7ヶ月の赤ちゃん 発育・発達や生活、気を付けることは?

LINEで送る
Pocket

生後7ヶ月、寝返りやお座りに加えて、ずりばいをするようになる子もいます。
人見知りをしたり、なんでも手でつかんだりと、成長著しいこの時期。
赤ちゃんとの1日1日を楽しみたいですね。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

<目次>

7ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
赤ちゃんの発達
赤ちゃんの生活・お世話
赤ちゃん、気を付けることは?
まとめ

7ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が母子手帳で示している発育曲線では、
生後7ヶ月(生後7~8ヶ月)の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。

男の子 身長:65.0~73.6cm 体重:6.73~9.87kg
女の子 身長:63.1~71.9cm 体重:6.32~9.37kg

この時期には身長や体重の伸びが以前と比べて緩やかになるのが普通です。
体重が1ヶ月に300g程度でも増えていれば特に心配することはないと言われています。
体重が減少してしまっている場合には、念のため離乳食の進め方や母乳・ミルクの与え方を見直したほうがよいかもしれません。

参考:
「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou

7ヶ月の赤ちゃんの発達

生後7ヶ月には多くの赤ちゃんで寝返りが完成し、おすわりもかなり安定してきます。
また、興味のあるものに向かってずりばいで移動するような動きを見せる子もいるでしょう。
ただし赤ちゃんの発達にはその子なりのペースがありますので、ほかの子ができているからと言って焦らずゆっくりと見守ってあげてくださいね。

生後7ヶ月頃には歯が生え始める赤ちゃんもいます。
最初は下の前歯2本が生えてきます。
赤ちゃんが頻繁に口の中に手を入れたり、唇を震わせたりするようになったら、歯が生えてきてむずがゆいのかもしれません。
必要に応じて歯固めなどを与えてあげてもよいでしょう。
まだそれほど虫歯の心配はありませんが、離乳食の後はガーゼで拭いてあげるなどして歯磨きの習慣をつけておくとよいかもしれません。

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、普段お世話をしてくれる人とそうでない人の区別がしっかりと付いてきて、人見知りをするようになります。
外で泣かれるとお母さんは困ってしまうかもしれませんが、これも成長過程の一つとして見守ってあげてくださいね。

参考:
「7か月頃の赤ちゃん」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/sodachi/7kagetsu.html

7ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

生後7ヶ月、離乳食の進み具合はいかがでしょうか。
生後5ヶ月から離乳食を始め、すっかり慣れてきているようであれば、これまでのトロトロ状のものから舌でつぶせるくらいのものに変えていき、回数も1日2回にしてみましょう。
まだトロトロ状のものを1日に1回食べている状態でも問題はありません。
急いでレベルアップするのではなく、赤ちゃんのペースに合わせてゆっくりとメニューや回数を増やしていくようにしてください。

離乳食をなかなか食べてくれないという場合も、無理強いするのではなく、スプーンに慣れさせたり、調理方法を変えてみたりといった工夫をしてみましょう。
また、離乳食が進むにつれて母乳やミルクを飲む量が減り、便秘になってしまう赤ちゃんもいますので、水分補給をしっかりとさせてあげたり、食物繊維の多い食品を取り入れたりするようにしましょう。

生後7ヶ月頃には手の動きが器用になり、ガラガラなどのおもちゃを握って慣らすこともできるようになってきます。
おもちゃを落としてしまってかんしゃくを起こしてしまうこともあるでしょう。
でもまだこの頃の赤ちゃんはおもちゃを使って一人遊びができるわけではありません。
お父さんやお母さんが絵本を見せてあげたり、「いないいないばぁ」をしてあげたり、体を使った遊びをしてあげたりするととても喜びますし、脳や運動神経の発達にもつながります。

⇒赤ちゃんの便秘の原因と5つの解消法 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんの水分補給に関する3つのギモン 詳しくはこちら

7ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

生後7ヶ月頃になれば、赤ちゃんはおもちゃを握るだけではなく、口に入れて確かめようとします。
赤ちゃんが触るおもちゃは清潔にしておいてあげたいですね。

そして、赤ちゃんにとっては身の回りにあるすべてのものがおもちゃ。
お父さんやお母さんのスマホ、テレビのリモコン、パソコン、充電器など、大人が使っているものは赤ちゃんにとっても興味の対象ですから、触れられたくない場合には何らかの対策をしておきましょう。
また、タバコや薬、電池、ビニール袋などは、誤飲の危険性もあります。
赤ちゃんは大人が思ってもみないようなものでも口に入れてしまいますから、赤ちゃんの手の届くところに危険なものを置かないよう注意が必要です。

これからハイハイや、つかまり立ちをするようになればますます赤ちゃんの行動範囲が広がりますから、この時期からしっかりと対策を考えておきたいですね。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、生後7ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後7ヶ月の赤ちゃんの身長は63~74cm、体重は6.3~9.9kgくらい
・お座りが安定してくるほか、ずりばいを始めることもある
・下の前歯2本が生えてきたり、人見知りをしたりする子もいる
・離乳食が順調に進んでいれば、固さを変えたり、2回食にしたりするとよい
・なんでも口に入れたがるので、赤ちゃんの周りに危険なものを置かないようにする

参考文献:

「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou
赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/

LINEで送る
Pocket