生後6ヶ月の赤ちゃんの様子

LINEで送る
Pocket

目次

(1) 生後6ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
(2) 生後6ヶ月の赤ちゃんの発達
(3) 生後6ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話
(4) 生後6ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?
(5) まとめ

生後6ヶ月、生まれて半年。
赤ちゃんは寝がえりやお座りができるようになってきて、
好奇心も旺盛になります
ママの気分転換にも、
一緒のお出かけを楽しんでいきたいですね。
そんな生後6ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめました。

main_recipe

(1) 生後6ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が母子手帳で示している発育曲線では、生後6ヶ月(生後6~7ヶ月)の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。

オムツ男の子 身長:63.6~72.1cm 体重:6.44~9.57kg
女の子 身長:61.7~70.4cm 体重:6.06~9.05kg
(平成22年厚生労働省「乳幼児身体発育調査」より)

この時期には、ぽっちゃりした子やスリムな子など、赤ちゃんの体型に個人差が生まれてきます。
ついついほかの子と比べてしまいがちですが、その子なりに成長曲線に沿って
成長しているようであれば心配する必要がありません
また、離乳食を始めたことによって、それまでに比べて身長や体重の増加の仕方に変化が
生じることがあります。
この時期の離乳食は赤ちゃんにとってまだ食べる練習であり、主な栄養源は母乳やミルクです
離乳食の食べが悪く、体重があまり増えない場合には
母乳やミルクを十分に飲ませてあげるようにしましょう。

(2) 生後6ヶ月の赤ちゃんの発達

生後6か月頃には寝返りができる赤ちゃんが多くなってきます。
赤ちゃんがまた一つ成長したことに喜びを感じるお父さんお母さんも多いと思いますが、
寝返りをするようになったら注意しなければならないことも増えてきます。
寝返りを始めたばかりの頃は、赤ちゃんが仰向けの姿勢から寝返りをしてうつぶせになったまま
戻れなくなってしまうことも多いので、目を離さないようにしましょう。

赤ちゃん仰向け寝返りが上手にできるようになったら、赤ちゃんがベッドなどから転落しないように柵を設置したり、
赤ちゃんの周りに危険なものを置かないようにしたりといった対策が必要です。
この時期になってもなかなか寝返りをしないという子もいますが、首据わりと違って、
寝返りの早い・遅いはそれほど気にしなくてもよいと言われています。

また、生後6か月頃には支えなしでお座りができるようになる子もいます。
お座りができるようになることで赤ちゃんの視界がそれまでと大きく変わり、
遊び方のバリエーションも広がります。
ただしまだ転んでしまいやすいので、近くにクッションなどを置いてあげたほうがよいでしょう。

(3) 生後6ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

生後6か月、そろそろ生活リズムは安定してきた頃でしょうか。
この頃には、昼間は2~3時間昼寝をし、夜もまとめて寝る赤ちゃんが増えてくるでしょう。
一方で、なかなか寝てくれない、夜泣きがひどいといったお悩みをお持ちのお母さんもいるかもしれません。
お母さんがイライラしてしまうとそれが赤ちゃんに伝わってしまうことも多いので、いつまでも続くものではないと割り切って付き合ってあげてくださいね。

カラフルスプーン生後5ヶ月から離乳食を始めて慣れてきたら、そろそろ2回食にしていきます。
赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ食材のバリエーションも増やしていきましょう。
この時期から離乳食を始める赤ちゃんや、
一度離乳食をお休みして再開させる赤ちゃんもいるでしょう。
あまり食べてくれないとお母さんは心配になってしまうでしょうが、
そういうときは無理に食べさせるのではなく、赤ちゃんのペースに合わせて進めてください。
食材や調理方法、食器などを変えてみることで食べてくれる場合もあります。
この時期の栄養源はまだ母乳やミルクなので
赤ちゃんが欲しがるだけ十分に与えてあげてくださいね。

(4) 生後6ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

生後6ヶ月、そろそろ赤ちゃんとの外出にも慣れてきたでしょうか。
赤ちゃんの好奇心も広がり、お母さんにもゆとりが出てきたこの頃には、
児童館やベビーサークルなどの集まりにデビューされる方も多いかもしれませんね。
赤ちゃんにとってよい刺激になるのはもちろん、お母さんにとってもお友達づくりの貴重な機会になると思います。

体温計一方で、赤ちゃん同士が触れ合うことで風邪などをもらってしまうこともあります。
生後6ヶ月頃には、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに胎盤を通してもらった免疫が
低下してしまうとも言われているため、特に注意が必要になってきます。
赤ちゃんの初めての病気でお母さんも戸惑ってしまうかもしれませんが、
咳や鼻水、元気がないなど赤ちゃんにいつもと違う様子が見られる場合には
病院を受診して医師の指示を仰ぎましょう。
子供の病気とはこれからも長くつき合っていかなければなりませんので、予防方法や対処方法、
病院に行く目安などを少しずつ覚えていくとよいかもしれませんね。

(5) まとめ

それでは最後に、生後6ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後6ヶ月の赤ちゃんの身長は62~72cm、体重は6.0~9.5kgくらい
・寝返りやお座りができるようになってくる
・離乳食が順調なら2回食に、食べない場合は調理法などを工夫してみる
・お出かけが楽しめるようになってくるが、風邪などをもらうことも増えるので注意する

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
厚生労働省 「乳幼児身体発育調査」 ⇒http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22.html

LINEで送る
Pocket