5ヶ月の赤ちゃん 発育・発達や生活、気を付けることは?

LINEで送る
Pocket

生後5ヶ月、いよいよ離乳食をスタートさせる赤ちゃんもいます。
赤ちゃんのペースを見守りながら、食の楽しさを伝えていくようにしたいですね。
そのほか生後5ヶ月の赤ちゃんの発育やお世話についてまとめました。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

<目次>

5ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
赤ちゃんの発達
赤ちゃんの生活・お世話
赤ちゃん、気を付けることは?
まとめ

5ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が平成22年に行った発育調査では、生後5ヶ月(生後5~6ヶ月)の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。

男の子 身長:61.9~70.4cm 体重:6.10~9.20kg
女の子 身長:60.1~68.7cm 体重:5.74~8.67kg

寝返りなどの運動を活発に行うようになったことで、体重の増加が落ち着く赤ちゃんもいます。
機嫌がよく、うんちがしっかりと出ていればあまり心配する必要はありませんが、体重が減少してしまうなどの場合には念のため医師や保健師に相談してみるとよいかもしれません。
成長が著しいこの時期は、赤ちゃんのオムツのサイズをチェックすることも大切です。
ゴム跡が付いてしまう、おしっこが漏れてしまうという場合には、オムツのサイズが合っていない可能性もありますので、サイズアップを検討してみましょう。

参考:
「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou

5ヶ月の赤ちゃんの発達

生後5ヶ月頃になると、ほとんどの赤ちゃんの首が据わります。

また、早い子はこの時期に寝返りをするようになります。
お母さんが目を離したすきに寝返りをしてしまうこともあるので、赤ちゃんをソファに一人で寝かせたり、赤ちゃんの周りに危険なものを置いたりしないように気を付けましょう。

両脇を支えればお座りができるようになる子もいるので、首据わり後から使えるベビーチェアなどに座らせておくこともできるようになるでしょう。
お座りの姿勢にすることで赤ちゃんの視界が広がり、より好奇心が刺激されます。
ただし長時間のお座りは赤ちゃんの腰に負担がかかるほか、転倒の恐れもあるので注意が必要です。

またこの時期の赤ちゃんは声の出し方のバリエーションがどんどん豊かになっていきます。
これが「喃語」と呼ばれる、赤ちゃん特有の言葉です。
赤ちゃんが喃語を発しているときにはお母さんやお父さんも積極的に話しかけてあげるようにすると、赤ちゃんの言葉の成長につながるかもしれません。

5ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

生後5ヶ月頃には、おっぱいを飲む力が付いてくるため、授乳リズムが安定してくる赤ちゃんも多いでしょう。
一度の授乳にかかる時間が短くなり、授乳間隔も4時間以上空いてくることもあります。

また昼夜の区別もしっかりしてきて、眠る前にたっぷりと授乳をさせてあげれば、そのまま朝までぐっすりと眠る赤ちゃんもいます。
一方で、この時期に突然夜泣きをするようになる赤ちゃんもいます。
おっぱいをあげたりオムツを交換したりしても泣き止まないこともあるようです。
夜泣きの原因ははっきりとしていませんが、赤ちゃんの脳が発達する過程で夜泣きが起こると言われることもあります。
いずれにしても夜泣きはいずれ収まるものですから、あまり神経質になりすぎず向き合うようにしましょう。

生後5ヶ月頃から離乳食をスタートさせる赤ちゃんもいます。
離乳食を始める時期の目安としては、次のようなポイントが挙げられます。

・赤ちゃんの首がしっかりと据わっている
・支えてあげれば座ることができる

・大人の食事の様子を見て口をモグモグさせたり、よだれを垂らしたりしている
・スプーンを口にあてても嫌がらない

最初は10倍粥一口から始めて、徐々に量や種類を増やしていきます。
赤ちゃんがあまり食べたがらないようであれば、無理強いはせずに日をおいてから改めて食べさせてみましょう。
お母さんが真剣になりすぎると赤ちゃんがストレスを感じてしまうこともあるので、一緒に食事を楽しむと気持ちで和やかに進めてみてくださいね。

参考:
「はじめての離乳食」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/rinyushoku/index.html

5ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

それまで母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんが初めて離乳食として食べ物を口にするのですから、お母さんにとっては心配事も多いですよね。
初めてのものをあげる際には、食べさせた後の赤ちゃんの様子に変化がないか注意して見てあげましょう。

特に、離乳食を始めた途端便秘や下痢になってしまった…という声がよく聞かれます。
赤ちゃんの消化機能は大人に比べて未発達なため、初めてのものを食べたときにうんちの様子が変わるのはある程度仕方がありません。
それほど症状がひどくなく、赤ちゃんの機嫌もよければ、そのまま離乳食を続けて様子を見てもよいと思います。

一方で、一日に何度も下痢をする、何日も便が出なくて苦しそうなどといったことがあれば、離乳食をお休みし、念のため病院を受診したほうがよいかもしれません。
その際には具体的にどんな離乳食を食べさせたのかを伝えるようにしましょう。
この時期はまだ栄養のほとんどを母乳やミルクから摂っていますので、離乳食をお休みしたり後戻りしたりしたからと言って気にする必要はありません。
赤ちゃんの体調や機嫌に合わせて、ゆっくりと進めてあげるようにしてください。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、生後5ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後5ヶ月の赤ちゃんの身長は60~70cm、体重は5.7~9.2kgくらい
・早い子では寝返りがうてるようになったり、支えればお座りができるようになったりする
・授乳間隔が空いて朝まで眠る子が出てくる一方、夜泣きが始まる赤ちゃんもいる
・食に興味が出てきたら、離乳食をスタートさせるとよい
・離乳食を始めたことによる体調の変化に注意する

参考文献:

「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou
赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket