4ヶ月の赤ちゃん 発育・発達や生活、気を付けることは?

LINEで送る
Pocket

生後4ヶ月、首も据わり、夜もまとめて寝てくれるようになるなど、赤ちゃんのお世話にゆとりが出てくる頃かもしれませんね。
お母さんは自分だけの趣味を再開させるのもよいでしょう。
赤ちゃんは日に日に成長していますから、常に適した環境を用意してあげることも大切です。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

<目次>

4ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
赤ちゃんの発達
赤ちゃんの生活・お世話
赤ちゃん、気を付けることは?
まとめ

4ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が平成22年に行った発育調査では、生後4ヶ月(生後4~5ヶ月)の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。

男の子 身長:59.9~68.5cm 体重:5.67~8.72kg
女の子 身長:58.2~66.8cm 体重:5.35~8.18kg

これまでと比べて体重の増加は緩やかになり、筋肉も発達して体つきがしっかりとしてきます。
またこの頃になると、同じ時期に生まれた赤ちゃんでも成長に大きな差が生まれてきます。
健診などでほかの赤ちゃんを見ると気になってしまうかもしれませんが、成長のペースや授乳のペースはその子によって違います。
ほかの赤ちゃんと比べるのではなく、その子なりのペースできちんと成長できているかを見守ってあげることが大切です。

参考:
「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou

4ヶ月の赤ちゃんの発達

生後4ヶ月頃になると、多くの赤ちゃんは首が据わってきます。
お父さんお母さんにとってお世話がしやすくなるだけではなく、赤ちゃんにとっても視界が広がることで発達に大きな影響があります。
腕の力もついてくるので、うつぶせにすると胸の辺りまでしっかりと持ち上げるようになってきます。
両脇を手で支えて立たせてあげると、喜んで足をピョンピョンさせる赤ちゃんもいるでしょう。

手指の動きもますます発達して、おもちゃを握ることができるようになるだけではなく、近くにあるものを掴んで口に持っていくこともあります。
この時期からは赤ちゃんの周りに危険なものを置かないよう注意する必要があります。
視覚や聴覚も発達していますので、カラフルな絵本や音のなるおもちゃで遊んであげたり、お天気のよい日に外を散歩させてあげたりして、さまざまな刺激を与えてあげましょう。

参考:
「4か月頃の赤ちゃん」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/sodachi/4kagetsu.html

4ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

生後4ヶ月頃には、昼夜の区別がついてくる赤ちゃんも多いでしょう。
夜には6時間くらいまとめて寝てくれることもあり、お母さんの睡眠不足も解消されてくるかもしれません。
起床時間や昼寝の時間、夜寝る時間を決め、昼間は遊ぶ・散歩をする、夜はお風呂に入れて部屋を暗くするなど、メリハリのある生活で赤ちゃんのリズムを整えてあげましょう。
この時期には一度の授乳でしっかりと飲めるようになってくるので、授乳間隔は3~4時間くらいになってきます。
ただし授乳量にはその子なりのペースがありますので、少量ずつこまめに欲しがるような赤ちゃんもいます。
お母さんのおっぱいは赤ちゃんの成長や安心のために欠かせないものですから、この時期は欲しがるだけ十分に与えてあげるようにしてください。

赤ちゃんは早くて生後2ヶ月頃からあやすと笑うような反応を見せてくれますが、生後4ヶ月頃になればますます豊かな反応が見られるようになってきます。
嬉しい時にはキャッキャッと声をあげて喜ぶことも増え、コミュニケーションが楽しくなってくるでしょう。
一方で不快なときには大きな声をあげて泣くようなことも出てきます。
赤ちゃんの泣き声を聞くとお母さんは戸惑ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんが泣いているときこそお母さんは気持ちを落ち着け、優しい言葉をかけたり抱っこしたりしてあやしてあげるようにしたいですね。

⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら

4ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

生後4ヶ月、お母さんもお父さんも赤ちゃんのいる生活にずいぶん慣れてきたのではないでしょうか。
首も据わり、生活リズムも整ってきて、お世話がしやすくなったと感じることも多いかもしれませんね。
これまではなかなか余裕がなかったというお母さんも、お母さんも、少しずつ自分の時間を作るようにしてみましょう。
気分転換にもなり、育児の疲れやストレスも解消できるかもしれません。
出産前に楽しんでいた趣味を再開したり、産後のシェイプアップに励んだりするのもよいですね。

また、赤ちゃんはものすごいスピードで成長していますから、それに適した環境を常に整えることが大切です。
もうすぐ始まる離乳食に備えて、お父さんやお母さんの食事に加わらせて食べ物に興味を持ってもらうのもよいですね。
これまではねんねだけだった赤ちゃんも、そろそろ寝がえりをするようになるかもしれません。
転落の危険性はないか、近くに危ないものはないかなど、改めて確認してみましょう。
おもちゃや体を使った遊びなど、月齢に適した遊び方についても調べておくと、赤ちゃんとの時間がもっと楽しくなるかもしれませんよ。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、生後4ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後4ヶ月の赤ちゃんの身長は58~69cm、体重は5.4~8.7kgくらい
・筋力が発達し、立たせると足をピョンピョンさせたり、手を伸ばしておもちゃを掴んだりできるようになってくる
・昼夜の区別がしっかりしてくるので、一定の生活リズムを保つようにする
・嬉しいときにキャッキャッと声をあげたり、不快なときに大声で泣いたりするようになる
・赤ちゃんのいる生活に慣れてきたら、お母さんの時間を作ったり、赤ちゃんの成長に合わせて環境を変えたりするとよい

参考文献:

 「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou
赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/

LINEで送る
Pocket