生後1ヶ月の赤ちゃん 発育・発達や生活、気を付けることは?

LINEで送る
Pocket

生後1ヶ月の赤ちゃんは、生まれたときより体つきも少しずつしっかりとしてきて、さまざまな動きや反応を見せてくれるようになります。
1ヶ月健診が終わったら、赤ちゃんはお風呂や外気浴デビューです。
お母さんも少しずつ元の生活に戻っていきましょう。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

<目次>

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
生後1ヶ月の赤ちゃんの発達
生後1ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話
生後1ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?
まとめ

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
2020年2月17日更新

main_recipe

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

厚生労働省が平成22年に行った発育調査では、生後1ヶ月(生後1~2ヶ月)の赤ちゃんの身長・体重は次のような範囲になっています。

足男の子 身長:50.9~59.6cm 体重:3.53~5.96kg
女の子 身長:50.0~58.4cm 体重:3.39~5.54kg

出生時と比べると身長は3~5cm、体重は1kgほど増えているのが理想的とされますが、赤ちゃんの成長には個人差がありますので、あまり平均値にこだわりすぎないようにしましょう。
赤ちゃんの体には皮下脂肪がついてきて、ふっくらとした姿になってきます。
筋肉もつき始め、おっぱいを飲むのが上手になったり、手足をよく動かすようになったりといった様子も見られます。

参考:
「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou

生後1ヶ月の赤ちゃんの発達

2人の赤ちゃん新生児期の赤ちゃんの目は30~40cm程度のところのものをぼんやりと見ているだけでしたが、1ヶ月経つと視力が少しだけ発達し、目でものを追いかける「追視」ができるようになります。
30cmくらいのところまで顔を近づけてあげるとママの顔をじーっと見たり動きを追いかけたりするようになりますので、優しい声をかけながらあやしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんは少しずつ表情も豊かになり、「あー」「うー」などの声も出すようになってきます。
赤ちゃんの反応に注目しながらコミュニケーションを楽しんでみてくださいね。

参考:
「1か月頃の赤ちゃん」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/sodachi/1kagetsu.html

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活・お世話

寝る赤ちゃん生後1ヶ月の赤ちゃんは、まだ昼夜の区別なく1日の16時間前後を眠って過ごしますが、徐々に起きている時間が長くなり、授乳間隔が定まってくる赤ちゃんも出てきます。
頻繁に母乳を与えていても機嫌が悪かったり、一回の授乳に30分以上かかるなどといった場合は、母乳の出が足りてなかったり、ちゃんと飲めていない可能性がありますので、体重の増加をチェックしてみましょう。
この時期は1日に25~35g程度の体重増加が目安とされています。

生後1ヶ月頃からは少しずつ外気浴もさせてみましょう。
最初は窓を開けて外の空気を吸わせてあげるところから始め、慣れてきたら庭などに出て、時間も少しずつ延ばしていきます。
「いいお天気だね」などと声をかけてあげることによって赤ちゃんの五感も刺激されます。
さらにこの時期からはベビーバスを卒業して大人と同じお風呂に入ることができるようになります。
バスチェアなど、必要なものはあらかじめ準備しておきましょう。
赤ちゃんをお風呂に入れる前にバスタオルや服をあらかじめ用意しておけば、慌てずに済みます。
お風呂はぜひパパに協力してもらって、パパと赤ちゃんのコミュニケーションを楽しんでもらえるようにするとよいですね。

生後1ヶ月の赤ちゃん、気を付けることは?

通常は生後から1ヶ月経つと、出産した病院で1ヶ月健診が行われます。
赤ちゃんの身長や体重の増加は適切か、刺激に対する反応がきちんとあるか、先天性の病気はないかなどを確認します。

またお母さんの体についても、子宮の回復具合や悪露の状態、会陰切開の傷の具合などをチェックします。
赤ちゃんとお母さんの健康状態を調べるための大切な健診ですので、必ず受けるようにしましょう。
1ヶ月健診が赤ちゃんとの初めてのお出かけになるケースも多いと思いますので、オムツやお尻ふき、着替え、タオルなどの持ち物をきちんと確認し、時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。

女性伸びそして産後1ヶ月ほどで、敷きっぱなしだった布団を片付ける「床上げ」の時期です。
1ヶ月健診で産後の回復が順調だと言われたお母さんは、少しずつ元の生活に戻っていきましょう。
家事や外出も元通り行えるようになりますが、まだ十分な睡眠時間は取れず、心も体も不安定になりやすい時期ですから、無理をせずに少しずつ始めるようにしてください。
里帰り出産をした方は、そろそろ自宅に戻る準備が必要になります。
自宅に戻ってからは家事や赤ちゃんのお世話をすべて担うことになり、お母さんの負担が大きくなります。
あらかじめお父さんにお願いしたいことを役割分担しておくとよいかもしれませんね。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら

参考:
「産後4週間のママのからだの変化」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/sango/index.html

まとめ

それでは最後に、生後1ヶ月の赤ちゃんの様子をまとめておきます。

・生後1ヶ月の赤ちゃんの身長は50~60cm、体重は3.4~6.0kgくらい
・授乳間隔が定まってくる赤ちゃんもいるが、まだ昼夜を問わず頻繁に授乳が必要なことも多い
・赤ちゃんは動くものを追視できるようになってくる
・1ヶ月を過ぎたら、大人と同じお風呂に入れるようになる
・1ヶ月健診で赤ちゃんとお母さんの健康状態をチェックしてもらうと共に、お母さんは少しずつ元の生活に戻していく

参考文献:

 「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou
赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket