妊娠37週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠37週、いよいよ正産期に入りました。
赤ちゃんは生まれるための準備を整えていますから、お母さんも出産を意識した行動を心掛けたいですね。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

<目次>

妊娠37週の赤ちゃんの様子
妊娠37週の妊婦さんの様子
妊娠37週の過ごし方と気を付けること
 妊娠37週からは「正産期」
 帝王切開が行われることも
まとめ

妊娠37週の赤ちゃんの様子

妊娠37週頃の胎児の体長は45~48cm前後、体重は2,200~3,000gほどになります。
児頭大横径(BPD)は8.1~9.6cm、大腿骨長(FL)は5.9~7.3cm、腹部周囲長(AC)は2.6~3.4cmくらいです。
この頃になると、低体重児と判断される基準である2,500gを超える赤ちゃんも多くなっています。
体重が2,500gを超えれば、肺機能や体温調整機能もほぼ完成しており、いつ生まれてもよい状態と言えます。
まだ2,000g程度しかないという場合も、赤ちゃんは日々成長していますので心配しすぎないようにしてください。

妊娠37週頃には、赤ちゃんの頭は徐々に骨盤内に落ち着いていきます。
子宮内のスペースも狭くなっているので、胎動を感じることが少なくなってくるでしょう。
もちろん胎動をまったく感じなくなるということではなく、お母さんが横になって休んでいるときなどには赤ちゃんが手足を動かしたり、しゃっくりをしたりする様子が伝わってくるでしょう。
お腹の外から見ても赤ちゃんの手や足が付きだしてくる様子がわかることもあります。
もし前の日と比べて急激に胎動が減ったなどということがあれば、念のため産院に連絡した方がよいかもしれません。

⇒妊娠4週~40週の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

参考:
「『超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値』の公示について」日本超音波医学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/kijunchi.pdf

妊娠37週の妊婦さんの様子

妊娠37週頃になると、赤ちゃんが下の方に下がってきて、胃や横隔膜の圧迫感から解放される人も増えてくるでしょう。
一方腸が圧迫されることで便秘や下痢になる人もいます。
あまりにも症状がひどい場合には医師に相談して薬を処方してもらうのもよいかもしれません。

この頃には妊婦健診で「子宮口が開いている」と言われる妊婦さんも多いと思います。
子宮口は出産に向けて徐々に柔らかくなって開いていき、出産の直前には10cm程度まで開きます。
妊娠37週頃には2cmほど開いていると言われる方もいるかもしれません。
反対に子宮口が硬く閉じたままの場合には、内診で刺激されることもあります。
子宮口が開き始めてからどのくらいで出産になるかということはわかりませんので、焦らずにゆったりとした気持ちでそのときを待つようにしましょう。

妊娠37週頃には「前駆陣痛」と呼ばれる不規則なお腹の痛みを感じる人もいます。
この時期にはいつ本陣痛が始まってもおかしくありませんので、どちらの痛みなのかを見極めることが必要になります。
しばらく横になって痛みが治まるようなら前駆陣痛ですが、痛みが徐々に強くなり、間隔も短くなるようなら本陣痛の可能性がありますので、産院に連絡するようにしてください。

⇒便秘の種類と原因 便秘のタイプを知ろう 詳しくはこちら
⇒妊娠4週~40週の妊婦さんの体 詳しくはこちら

妊娠37週の過ごし方と気を付けること

 妊娠37週からは「正産期」

妊娠37週0日からは「正産期」と呼ばれる時期に入ります。
この時期にはお腹の赤ちゃんが十分に成長しており、いつ生まれてもよいということになっています。
ここまで赤ちゃんが無事に成長してくれたことに安心するお母さんも多いのではないでしょうか。
それと同時に、いよいよ出産だという思いも高まってくることと思います。
妊娠37週に入ったら、出産を意識して行動するように心がけましょう。
出産の兆候を見逃さないようにするほか、お産の流れを頭に入れて落ち着いて出産を迎えられそうです。
入院グッズの準備がまだという方は早めに準備を済ませておきましょう。

帝王切開が行われることも

何らかの理由によって経腟分娩が難しいと判断された場合には、お母さんのお腹を切って赤ちゃんを取り出す帝王切開が行われます。
帝王切開には、あらかじめ手術日を決めて行う予定帝王切開と、出産が始まってから何らかの緊急事態が発生した場合に行われる緊急帝王切開があります。
予定帝王切開の場合には、陣痛が起こる前の37週頃に予定が組まれるのが一般的です。
手術である以上リスクは否定できませんが、一般的に赤ちゃんへの影響は少なく、手術の方法によっては赤ちゃんの産声を聞いたり、生まれてすぐに抱っこをさせてもらえたりといったこともあるようです。
ただし術後はしっかりと体を休めて回復に努めるとともに、傷口の適切なケアを行うことが大切です。

⇒ 妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

参考:
「帝王切開―よくわかる用語辞典【妊娠編】」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/yougo/teiousekai.html

まとめ

それでは最後に、妊娠37週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠37週頃の胎児の体重は2,200~3,000gほど
・赤ちゃんが下の方に下がってきて、胃や横隔膜の圧迫感から解放される人も増えてくる
・子宮口が開いたり、前駆陣痛が起こったりする人もいる
・「正産期」、すなわちいつ出産が起こってもおかしくない時期に入ったことを意識して行動する
・妊娠37週頃に帝王切開の手術が行われることもある

参考文献:

赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E 

LINEで送る
Pocket