妊娠36週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

妊娠36週、いよいよ臨月に入りました。%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8939
正産期まではあと1週間、
体を大切にして過ごしていきたいですね。

(1)妊娠36週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠36週の妊婦さんの様子
(3)妊娠36週の過ごし方と気を付けること
  3-1 妊娠36週での早産
  3-2 健診が毎週に
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠36週の赤ちゃんの様子

妊娠36週頃の胎児の体長は45~47cm前後、体重は2,000~2,900gほどになります。
児頭大横径(BPD)は8.1~9.3cm、大腿骨長(FL)は6.0~7.0cm、
腹部周囲長(AC)は2.6~3.2cmくらいです。
赤ちゃんの身長・体重には個人差や誤差がありますので、
医師から未熟児や巨大児の可能性を指摘されていなければ神経質になる必要はありません。
この頃には子宮内で動けるスペースはほとんどなくなっていますが、
赤ちゃんが手足を動かすことでお腹の一部分がぐにゅっと動くような感覚があるでしょう。

妊娠36週には赤ちゃんの器官とその機能はほぼ完成しています。
今生まれてしまっても、問題なく呼吸や体温調整ができるくらいにまでなっています。
これまで体を守ってくれていた胎毛や胎脂もほとんど落ち、
シワシワだった赤ちゃんの肌にも少しずつ張りが出てきます。
この頃には赤ちゃんがお母さんのお腹の中で歩いているように足を動かす自動歩行反射のほか、
強い光や音などといった刺激を受けた方に顔を向けるオリエンティングレスポンス(定位反応)が
見られるようになります。
赤ちゃんは生まれて生きていくための準備を着々と進めているのですね。

(2)妊娠36週の妊婦さんの様子

妊娠36週頃になると、それまでみぞおち辺りまで来ていた子宮の位置が徐々に下がっていきます。
そのため息切れや動悸、胸焼けなどの症状が軽くなったと感じる人も増えてくるでしょう。
胃の不快感がなくなることで食欲が増し、食べ過ぎてしまうといったことも多いので、
急激に体重が増加してしまわないように注意が必要です。

この時期になると、「前駆陣痛」と呼ばれるお腹の張りが起こることもあります。
前駆陣痛とは、出産の前に起こる不規則な子宮収縮によるお腹の張りのことで、
本陣痛の予行練習のようなものと言われています。
本陣痛と比べて痛みの間隔が不規則である、強弱の波がある、
時間の経過と共に消失するといった特徴があります。
前駆陣痛があってすぐに本陣痛が来たという人もいれば、
妊娠8ヶ月頃から前駆陣痛があったという人、また前駆陣痛がなかったという人など、
その起こり方や感じ方には個人差があります。
前駆陣痛が合ったからと言ってすぐに病院を受診しても
そのまま帰されてしまうことが多いですので、まずは安静にして様子を見ましょう。
痛みが規則的で強くなった、破水があったなどといった場合には
産院に連絡するようにしてください。

(3)妊娠36週の過ごし方と気を付けること

 3-1 妊娠36週での早産

「正産期」まではあと1週間。
妊娠36週6日と妊娠37週0日では1にしか違わないのですが、
厳密に言えば妊娠36週での出産は「早産」となります。
妊娠36週には赤ちゃんの臓器もほぼ完成しており、
生まれてしまっても保育器に入ることなく成長できることもあります。
ただし赤ちゃんの体重が2,500g未満の場合には低出生体重児としてNICUにて処置を行うと
定めている産院もあるようです。
赤ちゃんにとっては十分に成長するまでお母さんのお腹にいられたほうがよいですから、
お母さんが無理をして早産になってしまわないように体を大切にしてくださいね。

3-2健診が毎週に

妊娠36週頃からは妊婦健診が週に1回になるのが一般的です。
健診ではエコーに加え、内診で子宮口の開き具合をチェックしたり、
NST(ノンストレステスト)によって胎児の心拍数や子宮の収縮具合を調べたりします。
NSTは通常30分前後の時間を要しますので、健診には余裕を持って出かけるようにしてください。
また妊婦健診によって何らかの異変が見つかった場合には、そのまま入院になることもあります。
この時期までには入院グッズをまとめて家族にもわかるようにしておきましょう。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠36週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠36週頃の胎児の身長は45~47cm、体重は2,000~2,900gくらい
・赤ちゃんの臓器はほぼ完成しているほか、胎毛や胎脂も落ちて皮膚に張りが出てくる
・子宮の位置が下がることによって胃の不快感や動悸が減少する人もいる
・「前駆陣痛」と呼ばれる不規則な子宮の収縮が起こることもある
・妊娠36週までの出産は「早産」とされ、赤ちゃんに治療が必要となることもある
・妊娠36週頃からは妊婦健診が週に1回行われるようになる

(※)ステムセル研究所でさい帯血を保管する意義

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」⇒ http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」 ⇒http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>