妊娠35週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

妊娠35週、臨月まであと1週間となりました。%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8938
体は重くつらい時期ですが、
改めて生活リズムを見直しつつ、
出産に向けた準備をしておきたいですね。

(1)妊娠35週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠35週の妊婦さんの様子
(3)妊娠35週の過ごし方と気を付けること
  3-1 適度な運動と食生活に気を付けよう
  3-2出産と育児の最終準備を
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠35週の赤ちゃんの様子

妊娠35週頃の胎児の頭殿長(CRL)は44~47cm前後、体重は2,000~2,700gほどになります。
児頭大横径(BPD)は8.0~9.1cm、大腿骨長(FL)は5.8~6.8cm、
腹部周囲長(AC)は2.6~3.1cmくらいです。
赤ちゃんが大きめ・小さめといったことが気になる方も多いかもしれませんが、
医師から特に何も言われなければあまり神経質になる必要はありません。

正産期まではあと2週間ありますが、この時期には赤ちゃんの肺機能がほぼ成熟するため、
もし生まれてしまってもほぼ自力で呼吸ができるようにまでなっています。
切迫早産で入院していた方は、この時期を乗り越えれば
とりあえず一安心というところもあるかもしれません。
内臓器官もほぼ完成し、胃腸も機能し始めました。
皮下脂肪もどんどん付いてきて、手頸や足首にはくびれもできてきます。
脳もかなり発達してきていますが、お母さんのお腹にいる間には完成はしません。
脳が完全に発達してしまうと、頭が大きくなりすぎて
産道を通ることができなくなってしまうからだと言われています。
この世に生まれ、周りから様々な刺激を受けることによって、
脳は完全な発達を遂げることになるのです。

妊娠35週になっても逆子が治らない場合には、
そろそろ医師から帝王切開の話が出るかもしれません。
いずれにしても、きちんと話し合いをした上で納得して出産を迎えられるようにしたいですね。

(2)妊娠35週の妊婦さんの様子

妊娠35週頃には、子宮のてっぺんはピークに近いみぞおち辺りまで来ています。
そのため胸焼けがして食事が取れない、少し動いただけで息切れがしてしまうという
妊婦さんも多いでしょう。
反対に子宮の下側は膀胱を圧迫するので、トイレが近くなったり、
尿漏れしてしまったりすることもあります。
いずれも自分なりの対処法を見つけて上手に乗り切るようにしたいですね。
また、お腹が大きくなり、皮膚が伸ばされることでかゆみが生じることもあります。
かゆみで眠れなかったり、妊娠線ができてしまったりということもありますので、
クリームなどを使ってしっかりと保湿するようにしましょう。

この時期のお母さんの体の血液量は妊娠前と比べて1.5倍ほどになっていますが、
濃度が薄まっているため貧血には注意が必要です。
貧血になると立ちくらみやめまいなどの症状が起こりやすく、
場合によっては転倒してしまう恐れもあります。
念のため、立ち上がったり階段の上り下りをしたりするときには
手すりにつかまるようにしましょう。
貧血の予防には、鉄分や、鉄分の吸収を助けるビタミンC、カルシウムなどが多く含まれた食材を
取るとよいとされています。

(3)妊娠35週の過ごし方と気を付けること

 3-1 適度な運動と食生活に気を付けよう

妊娠35週頃になると、出産も近づき、動くのがつらくなってくるため、
ついつい自分を甘やかしてしまいがちですよね。
でもあと数週間を元気に過ごし、スムーズなお産を迎えるためにも、
ここで改めて生活習慣を見直しておきたいですね。
特に大切なのが、適度な運動と食生活です。
ウォーキングは、ストレス解消や出産に向けた体力づくりにおすすめ。
食生活では、不足しがちな鉄分やカルシウムを多く取るようにするとともに、
塩分の過剰摂取や食べ過ぎには十分注意しましょう。

3-2出産と育児の最終準備を

臨月まではあと1週間となりました。
出産や育児に向けた準備は済んでいるでしょうか?
直前でバタバタとしないためにも、今のうちにしっかりと準備を終わらせておきましょう。
準備というのは、必要なグッズを揃えることだけではありません。
バースプランについて医師と話し合えていますか?
陣痛が来たときの交通手段や連絡方法は決まっていますか?
お産の進み方はイメージできていますか?
パパにお願いするべきことはきちんとお願いできていますか?
出生届など、必要な手続きについて確認できていますか?
残り少ないマタニティライフを前向きに楽しみながら、
赤ちゃんをしっかりと迎えられるよう準備しておきたいですね。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠35週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠35週頃の胎児の頭殿長は44~47cm、体重は2,000~2,700gくらい
・赤ちゃんの肺機能もほぼ成熟し、生まれてしまっても問題ないほどになってくる
・胸焼けや動悸、尿漏れなどのトラブルに注意が必要
・貧血になりやすいため、転倒に注意すると共に鉄分を積極的に取るようにする
・スムーズなお産のために、適度な運動や食生活に気を付ける
・この時期には出産や育児に向けた最終準備をしておくとよい

(※)ステムセル研究所でのさい帯血保管までの流れ

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」⇒ http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>