妊娠34週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

妊娠34週、「正産期」まではあと3週間となりました。%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8937
産前休暇に入る人、里帰りをする人、
いよいよ出産に向けた準備が進んでいきます。

(1)妊娠34週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠34週の妊婦さんの様子
(3)妊娠34週の過ごし方と気を付けること
  3-1 里帰り出産の人はそろそろ転院を
  3-2産前休暇に入る人も
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠34週の赤ちゃんの様子

妊娠34週頃の胎児の頭殿長(CRL)は43~46cm前後、体重は1,800~2,500gほどになります。
児頭大横径(BPD)は7.6~8.7cm、大腿骨長(FL)は5.7~6.6cm、
腹部周囲長(AC)は2.5~3.0cmくらいです。

まだ「正産期」には入っていませんが、これまで発達途中だった肺の機能もだいぶ整ってきて、
この時期に生まれてしまっても無事に成長できるくらいになっています。
皮下脂肪が付いて体はふっくらとしてきており、
これまで体を守る役割を果たしていた胎毛は徐々になくなっていきます。
交感神経と副交感神経からなる自律神経も発達し、
内臓の働きや心拍数がコントロールできるようにもなってきました。
感情も芽生えてきて、エコーでは赤ちゃんが笑ったりしかめっ面をしたりと
豊かな表情を見せてくれることもあるようです。

この時期には赤ちゃんの頭もずい分大きくなり、
お母さんの骨盤辺りに頭を下にした状態で落ち着いていることが多くなります。
そのため以前と比べて激しい胎動を感じることは少なくなるかもしれません。
妊娠34週に逆子であっても、まだ逆子体操や外回転術によって
出産までに治る可能性は残されています。
ただし帝王切開の手術は一般的に予定日よりも前の37~38週頃に行う必要があるため、
この時期に医師から手術の話がなされることもあるかもしれません。
35週や36週で逆子が治ったという人もいますので、
あまり神経質にならずに過ごすようにしたいですね。

(2)妊娠34週の妊婦さんの様子

妊娠34週頃の妊婦さんは、体重2kgほどの赤ちゃんと胎盤、羊水をお腹に抱えているわけですから、
体には大きな負担がかかっています。
足の付け根や腰、さらにはあばら骨など、様々な部位に痛みを感じることが増えてくるでしょう。
移動も一苦労といった方も多いかもしれませんが、
何もしないでいると運動不足になってしまいますので、
体調のよいときには散歩などをしてみるのもよいかもしれませんね。
またこの頃には、赤ちゃんが大きくなることで神経が圧迫されて関節に水が溜まり、
手足がしびれるという方もいます。
直接お腹の赤ちゃんやお母さん悪影響をもたらすものではありませんが、
夜眠れないほどの症状が出ている場合には医師に相談しましょう。
手足の締め付けや血行不良が症状を悪化させることも多いですので、ゆったりとした衣服を着る、
手足を動かすなどの工夫をしてみるとよいかもしれません。
妊娠34週頃にはお腹の張りを感じることも多くなってきますので、
疲れたときは無理せず休むようにしてくださいね。

(3)妊娠34週の過ごし方と気を付けること

 3-1 里帰り出産の人はそろそろ転院を

里帰り出産を希望している方は、妊娠34週頃までには里帰りをして
出産する病院を受診するのが一般的なようです。
(産院によってはもっと早い時期に初診を済ませるよう求められることもあります。)
特に飛行機で里帰りをする方は、国内線の場合妊娠36週を過ぎると
医師の診断書が必要になるので注意しましょう。
里帰り先が遠方である、体調に不安がある、上の子を一緒に連れていくなどといった場合には、
家族に同行してもらったほうがよいかもしれません。
荷物を持っての移動は大変なので、出産や育児に必要なものは
あらかじめ実家に送っておいたほうが安心。
里帰り中はパパとの連絡がおろそかになりやすく、
それによってパパが孤独を感じてしまうことも多いので、
夫婦のコミュニケーションも大切にしましょう。

3-2産前休暇に入る人も

働いていた妊婦さんは、希望すれば妊娠34週から産前休暇に入ることができます。
仕事の引継ぎも無事に済ませた方は、出産に向けてお腹の赤ちゃんのことだけを考えて
過ごすことができますね。
ただしこれまでと生活リズムが変わることで、体調が崩れてしまったり、
体重が増加してしまったりということも少なくありません。
気を引き締めて体調管理をしていくようにしましょう。
出産や育児に向けた準備を進めるのもおすすめです。
また、産後に仕事復帰を考えている方は、
この時期から保育園選びを進めておいたほうがよさそうです。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠34週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠34週頃の胎児の頭殿長は43~46cm、体重は1,800~2,500gくらい
・赤ちゃんが頭を下にした状態で落ち着くため、胎動が少なくなったと感じる人も多い
・足の付け根や腰、あばら骨など体の様々な部分に痛みを感じることがある
・手足のしびれが生じる人もいる
・里帰り出産をする人はそろそろ帰省・転院をする時期
・産前休暇に入った人は生活リズムを保ちつつ出産の準備を進めるとよい

(※)ステムセル研究所 安心・安全の国内最大級細胞保管施設

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」 ⇒http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>