妊娠32週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠32週、妊娠9ヶ月に入りました。
マイナートラブルや妊娠高血圧症候群に気を付けながら、そろそろ出産に向けた準備を進めていきたいですね。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

<目次>

妊娠32週の赤ちゃんの様子
妊娠32週の妊婦さんの様子
妊娠32週の過ごし方と気を付けること
 妊娠高血圧症候群に注意
 出産に備えた行動をしよう
まとめ

妊娠32週の赤ちゃんの様子

妊娠32週頃の胎児の児頭大横径(BPD)は7.3~8.7cm、大腿骨長(FL)は5.0~6.2cm、腹部周囲長(AC)は2.3~3.0cmくらいです。
この頃には多くの赤ちゃんが1,500gを超え、すっかり大きくなっています。
しかし出産までのあと2ヶ月で赤ちゃんの体重は倍近く増えますから、お母さんも体重増加に注意が必要になります。

妊娠32週頃になると、赤ちゃんの体には皮下脂肪が付いて全体的にふっくらとしてきます。
妊娠初期には2頭身だったのが4頭身になり、髪の毛や爪も伸びて見た目は新生児とほぼ同じになります。
血液が全身を循環するようになり、膀胱の機能も発達しているので、定期的に尿を排泄することもできるようになっています。
肺機能の完成にはもう少しかかりますが、赤ちゃんは外界で生きていくための準備を着々と進めているのです。

妊娠32週頃を境に、羊水の量は減少していきます。
それによって赤ちゃんが子宮の壁にぴったりとくっつくようになるので、胎動が少なくなると言われています。
代わりにお腹の中で赤ちゃんが手や足を伸ばす様子がダイレクトに感じられるようになってきます。
この時期を過ぎると赤ちゃんが自分で回転しづらくなるため、逆子が治りにくくなると言われていますが、まだ可能性が0というわけではありません。
産院によっては逆子体操を勧められたり、外回転術が行われたりすることもあります。
逆子のまま出産する人も全体の5%近くいると言われていますから、医師とよく話し合ったうえで、納得して出産を迎えられるようにしたいですね。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

参考:
「『超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値』の公示について」日本超音波医学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/kijunchi.pdf

妊娠32週の妊婦さんの様子

妊娠32週、お腹はますます大きくなり、さまざまな体の不調に悩まされる妊婦さんもいるでしょう。
大きくなった子宮に圧迫されることによって、胃もたれや胸焼けなどといった「後期つわり」が起こる人も多くなります。
心臓や横隔膜が圧迫されれば動悸や息切れが起こりやすくなりますし、腸が圧迫されて便秘になったり、膀胱が圧迫されて頻尿になったりする人もいます。
いずれも産後には自然と元に戻るものですので、自分なりの緩和策を見つけながら上手に乗り切りたいですね。
お腹の張りも頻繁に感じるようになるかもしれませんが、しばらく安静にして治まるようなものであれば心配はいりません。
また、足元が見えづらくなることで階段の上り下りがしづらくなる、お腹がつかえてかがめなくなるなど、行動が制限されるようにもなってきます。

妊娠32週頃には、おっぱいから分泌液が出る妊婦さんも増えてきます。この時期に出る「初乳」は出産後のものとは成分が異なり、黄色っぽくねばねばしているのが特徴です。
分泌液が多く出る場合には授乳パッドを使うなどして清潔に保つようにしましょう。
この時期におっぱいが出ないからと言って心配することはありませんが、そろそろ産後の授乳のことも頭に入れた食生活やおっぱいケアを始めてみてもよいかもしれませんね。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体 詳しくはこちら

妊娠32週の過ごし方と気を付けること

 妊娠高血圧症候群に注意

妊娠20週以降・分娩後12週までに高血圧(時に尿たんぱくを伴う)の症状が見られるものを「妊娠高血圧症候群」と言います。
妊娠32週頃は、血液量がピークに近くなることにより妊娠高血圧症候群と診断される人が増える時期とも言われています。
妊娠高血圧症候群になると、むくみがひどくなるほか、頭痛やめまいなどが現れることがあります。
また、母子ともに様々なリスクが生じることから注意が必要とされています。
妊娠高血圧症候群を予防するには塩分の過剰摂取や体重の急激な増加は避け、十分な休息を取るように心がけましょう。

⇒むくみの原因は水分不足だった? むくみを防ぐ、正しい水分補給の仕方とは 詳しくはこちら
⇒高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト 詳しくはこちら

出産に備えた行動をしよう

妊娠32週、予定日まであと2ヶ月を切ってきました。
出産というゴールが見えてきて、「今のうちにできることをしておこう!」と行動的になる妊婦さんも多いかもしれませんが、くれぐれも無理は禁物です。
この時期はお腹がかなり大きくなり転倒の危険があるほか、自分で思っている以上に体は疲れやすくなっています。
無理をしてしまうと早産にもつながりかねません。
旅行などの遠出はなるべく避け、余裕を持った行動を心がけるようにしましょう。
また、今のうちから少しずつ出産や育児に必要なグッズを準備したり、出産当日の連絡方法についてパパと確認しておいたりするとよいかもしれません。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

参考:
「妊娠高血圧症候群―よくわかる用語辞典【妊娠編】」赤ちゃん&子育てインフォ|公益社団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/yougo/ninsin_kouketuatu.html

まとめ

それでは最後に、妊娠32週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠32週頃の胎児の体重は1,500gくらいになっている
・妊娠32週頃から羊水の量が減少するため、胎動が少なくなることもある
・後期つわりや便秘、頻尿、お腹の張りなどに悩まされる妊婦さんも多い
・この頃から母乳が出始める人もいる
・妊娠32週頃には妊娠高血圧症候群に注意が必要
・出産に備えて慎重な行動を心がけると共に、出産・育児の準備を進めていくとよい

参考文献:

赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

LINEで送る
Pocket