妊娠31週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8934妊娠31週、妊娠8ヶ月最後の週となりました。
お腹が大きくなり様々な体の変化がありますが、
赤ちゃんが元気に育っている証拠と捉え
前向きに過ごしたいですね。

(1)妊娠31週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠31週の妊婦さんの様子
(3)妊娠31週の過ごし方と気を付けること
  3-1 赤ちゃんの名前を考えよう
  3-2 貧血に注意!
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠31週の赤ちゃんの様子

妊娠31週頃の胎児の頭殿長(CRL)は42~44cm前後、体重は1,300~1,900gほどになります。
児頭大横径(BPD)は7.2~8.2cm、大腿骨長(FL)は5.1~6.1cm、
腹部周囲長(AC)は2.4~2.8cmくらいです。
この時期の赤ちゃんは骨格がしっかりとしてきて皮下脂肪も付き始め、
外見上は生まれたばかりの赤ちゃんとほとんど変わらないようになってきています。
表情も細やかになり、エコーではまばたきやあくび、
指しゃぶりなどをするかわいらしい姿が見られることもあります。
肺機能や体温調節機能の熟成にはもう少しかかりますが、
この時期にもし生まれてしまっても障害が残る可能性は低くなっています。

妊娠31週頃になると子宮の中は赤ちゃんが動き回るスペースは少なくなってきます。
そのためこれまでのようなダイナミックな胎動を感じることは減ってきますが、
筋力の付いてきた手足を使ってキックやパンチのような動きをするので、
お腹の一部がぎゅーっと動いたり、痛く感じられたりすることもあるかもしれません。
この時期にはそろそろ逆子であることが気になってくるのですが、
まだ出産までに自然に治る可能性もありますので、
医師と相談の上で逆子体操を行ってみるとよいかもしれませんね。

(2)妊娠31週の妊婦さんの様子

妊娠31週頃の子宮底長は30cm前後になり、子宮底はおへそとみぞおちの間で来ています。
子宮が胃だけではなく心臓や横隔膜まで圧迫するようになるので、
息切れや動悸を感じる人も増えてくるでしょう。
なるべくゆっくりと行動するようにし、疲れたときにはすぐに休むようにしてください。
胃もたれや胸焼けがひどい場合には、消化に良いものを食べるよう工夫するほか、
医師に相談して妊娠中でも飲める薬を処方してもらうという方法もあります。
お腹がかなり大きく重くなっていますから、足腰への負担も大きくなります。
背中を反らした姿勢は腰痛を引き起こしやすいので、
背筋をまっすぐに伸ばすように意識してみてください。
また、子宮が出産に向けた準備を進めるためにお腹の張りを感じることも多くなります。
すぐに治まるようであれば心配はいりませんが、
いつもと違うと感じた場合には医師に相談するようにしましょう。
どんなときに張りが起こりやすいかを見極め、無理をしないようにするということも大切です。

妊娠31週頃に起こる様々な体調の変化は
いずれも赤ちゃんがお腹の中で育っている証拠でもあります。
好きな音楽を聴きながらマッサージをしたり、天気の良い日に近所を散歩したりしながら、
なるべく前向きな気持ちで乗り切れるようにしたいですね。

(3)妊娠31週の過ごし方と気を付けること

 3-1 赤ちゃんの名前を考えよう

妊娠がわかってから漠然と赤ちゃんの名前を思い浮かべていた方も多いと思いますが、
この時期からはそろそろ本格的にご夫婦・ご家族で相談を始めてみてはいかがでしょうか。
多くの場合、赤ちゃんの性別もわかっている頃だと思います。
この時期から赤ちゃんの名前を考えることで、
夫婦で子供の将来について真剣に考えることができる、
名前で呼びかけることでお腹の赤ちゃんとのコミュニケーションが
より楽しくなるなどといったことがあるようです。
もちろん、実際に赤ちゃんの顔を見てから名前を決めたいという人もいるかもしれません。
その場合には、赤ちゃんがお腹にいる間だけの名前「胎児名」を
決めて呼んであげるというのもよいですね。

3-2貧血に注意!

妊娠すると、赤ちゃんに酸素や栄養を送るためにお母さんの体の血液量は増大します。
妊娠31週頃のその量がピークに達し、妊娠前のおよそ1.5倍にもなると言われています。
ただし血液濃度はそれまでと比べて薄まりやすいため、お母さんは貧血になりやすくなります。
だるさやめまい、朝起きられないなどの症状がある場合には貧血に可能性もありますので、
鉄分を積極的に摂るようにしましょう。
症状がひどい場合には医師に相談して鉄剤を処方してもらうことも必要になります。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠31週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠31週頃の胎児の頭殿長は42~44cm、体重は1,300~1,900gくらい
・赤ちゃんが子宮内で動き回れるスペースが少なくなるので、胎動が減ったと感じる人もいる
・子宮が大きくなることにより、動悸や息切れ、胸焼け、腰痛などが起こりやすい
・お腹の張りを頻繁に感じるようになる
・そろそろ赤ちゃんの名前を考えるのもおすすめ
・血液量がピークになるので、貧血には注意する

(※)ステムセル研究所でさい帯血を保管するには?

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」 ⇒http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

 

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>