心臓病(虚血性心疾患)、4つの原因と3つの予防法

LINEで送る
Pocket

日本人の死因第二位を占める、心臓病999%e5%bf%83%e8%87%93%e7%97%85%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e3%81%af
その中でも生活習慣が大きく関係するものとして、
虚血性心疾患が挙げられます。

虚血性心疾患は動脈硬化などによって心臓(心筋)に
十分な血液が送れなくなることにより、
細胞に障害が生じる病気のことで、
具体的には狭心症や心筋梗塞があります。
中でも前触れがないまま発症する急性心筋梗塞が、
そのまま命を落としてしまうこともある
恐ろしい病気として知られています。

では、心臓病(虚血性心疾患)の原因には何が考えられるのでしょうか。
予防するためにはどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。
毎日を健康に過ごすために知っておきたい、心臓病(虚血性心疾患)の知識をまとめました。

目次

(1)心臓病(虚血性心疾患)の危険因子
  1-1高血圧
  1-2脂質異常症
  1-3糖尿病
  1-4喫煙
(2)心臓病(虚血性心疾患)の予防
  2-1食生活
  2-2運動
  2-3日常生活での注意点
(3)まとめ

(1)心臓病(虚血性心疾患)の危険因子

心臓病(虚血性心疾患)の危険因子としては次のようなものが挙げられます。

1-1高血圧

血液が流れるときに血管にかかる圧力が高くなることを「高血圧」と言います。
高血圧のときにもっとも負担がかかるのが、心臓。
心臓は常に高い圧力をかけて血液を送り出さなければならず、筋肉が肥厚して心肥大となるほか、
ポンプ機能が低下して心不全をきたすこともあると言われています。
また、血管には常に強い圧力がかかるため、血管の内壁は傷つき脆くなります。
心臓を取り囲む冠動脈で動脈硬化が起こると、
心筋が血液不足になって虚血性心疾患を発症しやすくなります。

1-2脂質異常症

脂質異常症とは、血液中の脂質の量が異常となる病気のことです。
脂質異常症により血液中に溢れたLDL(悪玉)コレステロールは、
血管の内側に溜まって「プラーク」と呼ばれる“こぶ”を作ります。
これによって血管は硬く、脆くなり、動脈硬化が起こりやすくなります。
そして血液の流れが悪くなったり、血管壁がはがれたりして血管を詰まらせてしまい、
心筋梗塞を引き起こすことがあるのです。

1-3糖尿病

糖尿病もまた、虚血性心疾患に大きく関係しています。
高血糖の状態が続くことにより動脈硬化が起こりやすくなり、
虚血性心疾患のリスクが高まると言われているのです。

1-4喫煙

喫煙は様々な生活習慣病の原因として世界的にも注意喚起がなされていますが、
心臓病(虚血性心疾患)についても同様です。
たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させて血圧を上げ、
一酸化炭素は酸素と結びつくはずのヘモグロビンと先に結合してしまうことにより
一時的な酸欠状態を引き起こすと言われます。
これにより、心臓に大きな負担がかかったり、動脈硬化が起こりやすくなったりということが
指摘されています。

(2)心臓病(虚血性心疾患)の予防

では、心臓病(虚血性心疾患)を予防するためには
どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

2-1食生活

毎日の食生活は、心臓病(虚血性心疾患)の予防に大きな役割を果たします。
何を食べてはいけない、何を食べなければいけないということよりも、
まずは1日三食をしっかりとバランスよく食べるということが大切になります。
その上で、カロリーの量や、脂質の摂り過ぎなどに注意しましょう。

また、高血圧が疑われる場合には、塩分の摂取量に気を付ける必要があります。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、
塩分摂取量の目安は男性8g未満、女性7g未満となっていますが、
高血圧の人は6g未満が目標値とされています。(日本高血圧学会)

野菜は一日350gを目安とし、飽和脂肪酸を多く含む肉類よりも、
魚や大豆製品を積極的に摂ると良いと言われています。
外食やインスタント食品、嗜好品などの食べ過ぎは、
糖質や脂質、塩分の過剰摂取につながりやすいので注意が必要です。

2-2運動

適度な運動も心臓病(虚血性心疾患)の予防に役立ちます。
一度詰まってしまった血管は元には戻りませんが、運動によってその代りとなる新しい血管ができ、血液の流れが回復するのです。
また、高血圧脂質異常症を改善するためにも運動は必要です。

ただし、一度に急激な運動を行うと心臓に大きな負担がかかります。
実際に運動によって動悸や息切れなどが生じた場合には、
すぐに運動を中止して休むようにしてください。

激しい運動ではなく、「歩く」ことだけでも生活習慣病の予防には役立ちます。
日常生活の中に上手に運動を取り入れながら、継続的に行うことが大切です。

2-3日常生活での注意点

そのほかにも、虚血性心疾患の発症を防ぐために
日常生活で気を付けていただきたいことがあります。

まず、排便時のいきみは心臓への負担を大きくします。
食物繊維などを積極的に摂ったり、必要に応じて薬を処方してもらったりして便通を整えるほか、
決まった時間に排便に行くようにすると排便習慣が付きやすくなります。

入浴時には風呂の温度を39~40℃に設定し、長湯は控えるようにしましょう。
脱衣場との寒暖差によって「ヒートショック」が起こりやすいため、
脱衣場にも暖房器具を設置するなどして温度差を少なくなるようにしましょう。

喫煙をしている人には禁煙が勧められます。
自分の力で禁煙することが難しい場合には、禁煙外来などを利用するのもよいでしょう。

カフェインの含まれている飲み物には心臓を興奮させる作用がありますが、
飲み過ぎないようにすれば問題ありません。

(3)まとめ

それでは最後に、心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防についてまとめておきます。

・心臓病(虚血性心疾患)の危険因子として、高血圧・脂質異常症・糖尿病・喫煙などが挙げられる
・食生活では塩分や脂質の摂り過ぎに注意し、三食をバランスよく食べることが大切
・運動は心臓病(虚血性心疾患)の予防に役立つが、一度に激しい運動をしないようにする
・心臓病(虚血性心疾患)予防のために、排便時のいきみや入浴時の急激な血圧の変化に気を付ける

【おすすめページ】

健康生活を送るために大切な7項目

おいしい水を飲むための7つの条件

美容に水が大切な7つのワケ

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

電解水素水の効果と特性とは

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

【生活習慣病 関連ページ】

水と生活習慣病の関係とは?生活習慣病の知識と予防15のポイント

生活習慣病とは?その患者数8大原因

「がん」とはどんな病気か知っておきたいがんの3つの基礎知識

脳卒中とは 4つのタイプ(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作)とその特徴、患者数

心臓病(虚血性心疾患)とは(心筋梗塞・狭心症) 3つの基礎知識

糖尿病って何?知っておきたい3つのコト

高血圧は危険なサイレントキラー!? 高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト

COPD、その4つの実態を知る

脂質異常症はなぜ恐い?脂質異常症について知っておくべき5つのコト

アルコール性肝障害お酒の飲み過ぎによって起こる、3つの病気

痛風は「ぜいたく病」ではない!現代病・痛風、3つの実態

認知症と正しく向き合うための、5つの基礎知識

脳卒中 5つの原因を知って正しく予防しよう

参考文献:

公益財団法人日本心臓財団 「虚血性心疾患」
⇒ http://www.jhf.or.jp/q&adb/category/c4/
国立循環器研究センター 循環器病情報サービス 「虚血性心疾患」
⇒ http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/ischemic-heart-disease.html#5

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>