妊娠22週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠22週、お腹の赤ちゃんは外界で生きていくための準備を着々と進めています。
パパと一緒に胎動を感じたり、両親学級に参加したりして、夫婦で親としての実感を高めていきましょう。

<目次>

妊娠22週の赤ちゃんの様子
妊娠22週の妊婦さんの様子
妊娠22週の過ごし方と気を付けること
 母親学級・両親学級に参加しよう
 栄養バランスの取れた食事を心がけて
まとめ

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ
⇒⇒⇒ 妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子
2020年2月13日更新

main_recipe

妊娠22週の赤ちゃんの様子

妊娠22週頃の胎児の児頭大横径(BPD)は4.7~5.9cm、大腿骨長(FL)は3.0~4.1cm、腹部周囲長(AC)は1.4~1.9cmくらいです。
体重は400~500gくらいになっています。

この時期の赤ちゃんは、まぶたが上下に分かれたり、まつ毛が生えてきたりして、顔立ちがずい分しっかりとしてきます。
エコーでまばたきやあくびの様子が見られるほか、「顔つきがパパ(ママ)に似ている」などということも感じられるようになってくるかもしれません。
胎動もますます強くなってきて、お母さんだけではなく、お父さんがお腹に手を当ててもその動きがわかるようになってきます。
胎動を感じることで、お父さんとしての自覚がより高まることも多いですので、赤ちゃんが元気に動いているときには是非お腹を触ってもらいましょう。

妊娠21週のところでも述べましたが、妊娠22週目からは赤ちゃんがお母さんのお腹から出ても生存できる可能性が出てくるため、「流産」ではなく「早産」の扱いとなります。
もちろんお腹の中にいる期間が少しでも長い方が赤ちゃんの生存率が高まり、後遺症の可能性も小さくなることから、お母さんは引き続き無理をしないようにし、異常があった場合には早めに受診するようにしましょう。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

参考:
「『超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値』の公示について」日本超音波医学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/kijunchi.pdf

妊娠22週の妊婦さんの様子

妊娠22週頃の子宮の大きさは大人の頭よりも一回り大きいくらいになっています。%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8925
子宮がどんどん大きくなり、それを支える筋肉が引っ張られることによって、足の付け根やお腹の皮膚などが突っ張るような感じがすることがあります。
腰痛やお腹の張りなども生じやすい時期ですので、辛いときには無理せず休むようにしましょう。
下半身に血液が溜まりやすくなるため、静脈瘤も起こりやすくなります。
産後は自然と解消されると言われていますが、気になる場合には専用のストッキングを履いたり、適度な運動をして血流をよくしたりすることがおすすめです。

さらにこの時期に気になるのが、おりものの増加です。
妊娠するとホルモンの影響によっておりものが増えると言われていますが、妊娠22週頃にはその量がさらに増加します。
量が増えること自体は問題ないのですが、蒸れて肌荒れやかゆみが起こりやすくなりますので、通気性のよい下着やおりものシートなどを使うようにしましょう。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体 詳しくはこちら
⇒体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係 詳しくはこちら
⇒肌荒れの原因とは 詳しくはこちら

参考:
「妊娠中の気がかり(体重・食事・病気・体調など)」赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人母子衛生研究会
http://www.mcfh.or.jp/netsoudan/article.php?id=138

妊娠22週の過ごし方と気を付けること

 母親学級・両親学級に参加しよう

比較的体調の落ち着いているこの時期は、母親学級に参加するのにもおすすめです。
自治体が主催しているもの、産院で開かれているものなどさまざまありますので、それぞれ内容や受け方を確認しておきましょう。
パパも参加OKな両親学級も多いですので、是非夫婦で一緒に参加してみませんか?
お産の流れや新生児のお世話などを一緒に確認できたり、専用のジャケットを着て妊婦さんのお腹の重さを体験できたりと、父親としての実感を持つためのよい機会になると思います。
立ち合い出産を行うためには産院の両親学級を受けることが義務付けられている場合もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

栄養バランスの取れた食事を心がけて

体重の増加や、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが気になるこの時期は、赤ちゃんの成長のためにも、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。
赤ちゃんの骨や皮膚が形成される時期ですので、肉や魚、豆製品などから 良質なたんぱく質を取るようにしましょう。
不足しやすいカルシウムや鉄分も積極的に摂取したい栄養素です。
反対に塩分や糖分の過剰摂取は禁物です。
肉類やインスタント食品に含まれるリンや、大型魚に多いとされる水銀も、妊婦さんは取り過ぎない方がよいと言われています。
栄養のことを考えすぎるとストレスになってしまうかもしれませんが、「妊娠中だから我慢する」ということではなく、「体にいいものをおいしく食べる」工夫をしていきたいですね。

⇒肥満って何? 肥満に関する8つの基礎知識 詳しくはこちら
⇒高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト 詳しくはこちら
⇒糖尿病って何? 知っておきたい3つのコト 詳しくはこちら
⇒日本トリムの電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら
⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

まとめ

それでは最後に、妊娠22週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠22週頃の胎児の体重は400~500gくらい
・妊娠22週目からは赤ちゃんが産まれてしまっても生存できる可能性が出てくる
・子宮が大人の頭よりも一回り大きくなり、足の付け根やお腹、腰などに負担がかかるようになる
・おりものの量が増えるため、肌荒れなどに注意する
・母親学級や両親学級に積極的に参加する
・栄養バランスの取れた食事を心がける

参考文献:

赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket