妊娠19週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

妊娠19週、妊娠5か月の最後の週です。%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8922
お腹もふっくらとしてくる頃、
赤ちゃんの性別もそろそろ分かるかもしれませんよ。

(1)妊娠19週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠19週の妊婦さんの様子
(3)妊娠19週の過ごし方と気を付けること
  3-1体重増加のペースに注意
  3-2シミができやすくなることも
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠19週の赤ちゃんの様子

妊娠19週頃の胎児の頭殿長(CRL)は15~20cm前後、体重は200~280gくらいに成長しています。
児頭大横径(BPD)は3.8~4.7cm、大腿骨長(FL)は2.4~3.2cm、
腹部周囲長(AC)は1.2~1.5cmくらいです。

この時期の赤ちゃんは皮下脂肪が今まで以上に付いてきて、
皮膚の色はこれまでの半透明から肌色になってきます。
全身に産毛が生えてくるほか、髪の毛や眉毛もフサフサとしてきます。
器官形成はすでに終了しており、様々な機能が発達を続けていますが、
この頃からすべての消化官から消化液の分泌が始まります。
食べ物を消化して栄養を摂取するための仕組みが、
すでにこの時期からでき始めているということです。

妊娠19週頃になると、赤ちゃんの性器もほぼ完成します。
男の子は生殖器がしっかりとでき上がりますし、女の子も子宮や卵巣、膣が形成されるので、
エコーで性別が分かることも多くなってきます。
病院によっては生まれるまで教えてくれない方針のところもありますし、
楽しみをとっておきたいという妊婦さんもいると思いますので、
あらかじめ医師と確認をしておきましょう。

(2)妊娠19週の妊婦さんの様子

妊娠19週頃の子宮の大きさは大人の頭くらいにまでなっています。
妊娠前の鶏卵くらいの大きさと比べればずい分と大きくなり、重くなってきています。
お腹周りには皮下脂肪も付いてくるので、これまでお腹のふくらみが目立たなかったという人でも
妊婦さんらしいふっくらとした体型になってきます。
背中を反らした姿勢になりやすくなったり、骨盤が徐々に緩み始めたりすることで、
腰や足の付け根などに痛みが生じやすくなります。
辛いときには休むというのが一番ですが、
余裕があるときには適度にストレッチをして筋肉を伸ばすということも大切です。
また、子宮の収縮によってお腹の張りを感じることも増えてきます。
安静にしていれば治まることが多いですが、
激しい痛みや痛みが継続する場合には病院を受診するようにしてください。

早い人ではこの時期に「初乳」が出ることもあります。
初乳は透明で粘り気がないのが特徴。
お母さんの体では、赤ちゃんを出産して育てるための準備が着々と始まっているのですね。

(3)妊娠19週の過ごし方と気を付けること

 3-1体重増加のペースに注意

つわりが落ち着き食欲も増しやすいこの時期は、体重の急激な増加に注意が必要です。
妊娠前からこの時期までの体重増加は5kg程度に抑えておくのが理想。
一週間での体重増加は0.2~0.5kgというのが目安です。
ただし体重の増加が気になるからといって無理に食事量を減らしてしまうと、
お母さんやお腹の赤ちゃんの健康状態に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
ウォーキングをするなどして、カロリーを消費することを意識するようにしましょう。
食欲に任せて食べてしまうのではなく、
一日三食、バランスの取れた食事をきちんと取るということが大切です。

3-2シミができやすくなることも

妊娠中には、ホルモンバランスの変化によってメラニン色素を生成する色素細胞が
刺激されることにより、シミができやすくなります。
外出時には日焼け止めや日傘、帽子などを活用し、シミを予防しましょう。
色素沈着も起こりやすく、くすみや黒ずみも起こりやすくなります。
乳首や脇の下に黒ずみができたり、
お腹に「正中線」と呼ばれる黒い線ができたりしてしまうこともあります。
これらは妊娠中特有のものですので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠19週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠19週頃の胎児の頭殿長は15~20cm、体重は200~280gくらい
・赤ちゃんの性器が完成し、エコーでも性別が分かることが増えてきます
・子宮の大きさは大人の頭くらいになり、腰痛やお腹の張りを感じることも増えてくる
・妊娠前からこの時期までの体重増加は5kg程度に抑え、一週間で0.2~0.5kgの増加を目安にする
・ホルモンの影響によりお肌のシミや黒ずみが目立つようになる

(※)ステムセル研究所のこだわり

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」 ⇒http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>