妊娠17週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠17週、妊娠5か月の2週目に入りました。
そろそろ胎動を感じられたり、性別がわかったりと、お母さんとしての実感も高まってくる頃です。

<目次>

妊娠17週の赤ちゃんの様子
妊娠17週の妊婦さんの様子
妊娠17週の過ごし方と気を付けること
 お腹の張りを感じたら
 動機や息切れが生じることも
まとめ

 妊娠17週の赤ちゃんの様子

妊娠17週頃の胎児の児頭大横径(BPD)は3.1~4.2cm、大腿骨長(FL)は1.7~2.8cm、腹部周囲長(AC)は0.9~1.3cmくらいです。

この時期の赤ちゃんの体には褐色脂肪と呼ばれる脂肪細胞が付いてきて、体が厚みを増してくると共に体温調節もできるようになってきます。
ただしまだ発達段階ですので、妊婦さんは体を冷やさないように注意する必要があります。
また、聴覚と記憶を司る海馬が発達してくるので、お母さんの声を聞き分けられるようになってきます。
お父さんの声はお母さんに比べて低いので、聞き分けられるようになるのはもう少し先だと言われています。
お母さんの体を流れる血液の音も聞こえており、それがテレビの砂嵐の音に似ていることから、泣いている赤ちゃんにテレビの砂嵐の音を聞かせると泣き止むこともあるなどといわれています。

妊娠17週頃から少しずつ胎動を感じられたり、エコーで性別が判明したりする人も増えてきて、お母さんとしての実感も湧いてくる頃です。
生まれるまで性別を知りたくないという人は、早めに医師に伝えておくとよいかもしれません。

⇒妊娠4週~40週の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

参考:
「『超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値』の公示について」日本超音波医学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/kijunchi.pdf

妊娠17週の妊婦さんの様子

妊娠17週頃の妊婦さんの子宮の大きさは大きめのメロンくらいになっています。
この時期にはマタニティウェアが必要になってくるほか、 周りから見てもお腹がふっくらしているのがわかるようになってきます。
お腹が大きく重くなることで背中を反らしたような姿勢になりやすく、それによって腰痛が生じることもあります。
マタニティヨガやストレッチを行ったり、ベルトを使用したりして対策をしましょう。
寝苦しく感じられることも増えてきますので、左側を下にして横向きで寝るとよいと言われます。

また、この時期にはつわりが落ち着くことで食欲が増し、体重が一気に増加しやすくなります。
妊娠前からこの時期までの体重増加は5kg程度に収めておくのが理想です。
お腹の赤ちゃんの成長を楽しみにしながら、一日三食、栄養バランスの取れた食事をするように心がけたいですね。

⇒妊娠4週~40週の妊婦さんの体 詳しくはこちら

妊娠17週の過ごし方と気を付けること

 お腹の張りを感じたら

妊娠17週くらいになると、お腹の張りを感じる妊婦さんも増えてきます。
これは子宮が収縮することによって起こるものです。
ガスが溜まっているのとは異なり、子宮が引っ張られるような感覚です。
疲労やストレスを感じるようなとき、排尿・排便の前後などは一時的にお腹の張りを感じることが多いのですが、しばらく安静にしていて治まるようであれば問題はありません。
激しい痛みや出血がある、頻繁に張りが生じるといった場合には医師に相談するようにしましょう。

⇒正しい排便のメカニズムとは!? 詳しくはこちら

動悸や息切れが生じることも

胎児が成長するにつれて、胎盤に送られる血液量が増加します。
血液を循環させるためのお母さんの心臓の動きも活発になり、安静時の心拍数も普段に比べて高くなります。
そのため、少し動いただけで動悸や息切れが生じたり、胸が締め付けられるように苦しくなったりといった妊婦さんも多いようです。
妊娠中は仕方のないことではありますので、このような症状が出たときには少し体を休めるようにしましょう。
また、貧血を防ぐために鉄分を多く含んだ食品を摂ることも大切です。

⇒ 妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

参考:
「妊娠中期  妊娠16〜19週(5か月)」赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/taiji/16_19week.html

まとめ

それでは最後に、妊娠17週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠17週頃の胎児の児頭大横径(BPD)は3.1~4.2cm、大腿骨長(FL)は1.7~2.8cm、腹部周囲長(AC)は0.9~1.3cmくらい
・赤ちゃんの聴覚が発達し、お母さんの声を聞き分けられるようになってくる
・お腹が大きくなってくるので、マタニティウェアを用意するほか腰痛などに気を付ける
・体重が増え過ぎないように注意し、栄養バランスの取れた食事を心がける
・お腹の張りを感じるときはしばらく休み、治まらない場合には医師に相談する
・心臓の負担が増すことで動悸や息切れを感じることもある

参考文献:

 赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

LINEで送る
Pocket