妊娠18週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

妊娠18週、安定期も3週目に入り%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8921
体調もますます落ち着いてくる時期です。
胎教を始めたり、運動や旅行を楽しんだり、
リラックスしてマタニティライフを楽しみたいですね。

(1)妊娠18週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠18週の妊婦さんの様子
(3)妊娠18週の過ごし方と気を付けること
  3-1行動的になれるとき
  3-2後期流産について
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠18週の赤ちゃんの様子

妊娠18週頃の胎児の頭殿長(CRL)は13~18cm前後、体重は120~200gくらい。
児頭大横径(BPD)は3.5~4.4cm、大腿骨長(FL)は2.2~3.0cm、
腹部周囲長(AC)は1.1~1.4cmくらいになっています。
この時期の赤ちゃんは顔にも脂肪が付いてきて、
赤ちゃんらしいふっくらとした顔つきになってきます。
指先には指紋も出来上がってきます。
これまで赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこを出すということを繰り返してきましたが、
この頃から「胎便」を出すこともできるようになります。
胎便は緑色で無臭であり、赤ちゃんにもお母さんにも悪影響はありません。

妊娠18週頃になると、経産婦さんの場合は胎動を感じられることが多くなります。
胎動がはっきりと分かるようになってきたら、
お腹を蹴られたら話しかけるというように赤ちゃんとの
コミュニケーションをはかってみてはいかがでしょうか。
お腹の中の赤ちゃんは耳も聞こえるようになってきていますので、
そろそろ胎教を始めてみてもよいかもしれませんね。

(2)妊娠18週の妊婦さんの様子

妊娠18週くらいになると、胎盤の完成が遅れていた方でもそろそろ完成が見えてきます。
それに伴って体調も落ち着いてくる方が多い時期です。
ただしつわりには個人差があり、後期になっても続いてしまう方もいます。
また、子宮が大きくなることで内臓が圧迫され、胃腸の不調を感じることも多いようです。
なるべく消化のよいものを食べるなど、食事の内容や仕方を見直してみるのもよいかもしれません。

安定期とは言っても、お母さんの体では様々な変化が起こっています。
赤ちゃんに血液を送るために心臓の負担が増し、動悸や息切れが生じたり、
疲れやすくなったりすることもあります。
貧血にも注意しなければなりません。
お腹が大きくなることで腰痛や痔などのマイナートラブルも生じやすくなります。
自分が思っている以上に体は変化していますから、
階段の上り下りや荷物を持つといった当たり前の行動でも、
これまで以上に慎重に行うようにしましょう。

(3)妊娠18週の過ごし方と気を付けること

 3-1行動的になれるとき

妊娠5ヶ月も3週目に入り、体調もますます安定してくるこの時期は、
妊娠期間を通してもっとも行動的になれるときです。
妊娠初期の不安定な時期や、妊娠後期のお腹が大きくなってからではできないようなことは
この時期に済ませておくとよいでしょう。
マタニティヨガやマタニティビクス、ウォーキングなどといった運動は、ストレス解消や体重管理、出産に向けた体力増加に役立ちます。
妊娠中の旅行はこの時期に、無理のない計画を立てて楽しむのがおすすめです。
マタニティ用品やベビー用品を買いに出かけるのもよいかもしれませんね。
ただし予定を詰め過ぎないように注意し、お腹が張ったときにはすぐに休むようにしてください。

3-2後期流産について

妊娠18週は安定期と呼ばれる時期であり、流産の確率は高くないとされていますが、
その危険性がまったくないかというとそうではありません。
妊娠12週から妊娠22週までに流産してしまうことを「後期流産」と言いますが、
その確率はおよそ1%と言われています。
この時期の流産の原因は主に母体側にあるとされ、お母さんが無理をし過ぎてしまうことのほか、
次のようなものが挙げられています。

・子宮筋腫
・子宮奇形
・子宮頚管無力症
・絨毛膜羊膜症 など

出血や腹痛などの異常がある場合には早めに病院を受診しましょう。
また、健診で何らかのリスクを指摘された場合には、
仕事や家事は休んで安静に過ごすことが必要になります。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠18週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠18週頃の胎児の頭殿長は13~18cm、体重は120~200gくらい
・赤ちゃんとのコミュニケーションや胎教を始めたりするのにおすすめの時期
・つわりが落ち着く一方、体型の変化や、それに伴う様々なトラブルに注意する
・体調が落ち着いている方は、この時期に運動や旅行、買い物などをしておくとよい

(※)ステムセル研究所でさい帯血保管をされた方の安心の声

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」 ⇒http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」⇒ http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

 

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>