妊娠16週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠16週、いよいよ安定期に入りました。
周囲への妊娠報告や戌の日の安産祈願など、マナーも心がけながらマタニティライフを楽しみましょう。

⇒妊娠4週~40週の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

<目次>

妊娠16週の赤ちゃんの様子
妊娠16週の妊婦さんの様子
妊娠16週の過ごし方と気を付けること
 そろそろ周囲への報告を
 戌の日の安産祈願
まとめ

妊娠16週の赤ちゃんの様子

妊娠16週頃からは、それまでの児頭大横径(BPD)に加えて、大腿骨長(FL)や腹部周囲長(AC)が測定されるようになり、そこから胎児の推定体重(EFW)が割り出されます。
妊娠16週頃のBPDは2.8~3.8cm、FLは1.5~2.5cm、ACは0.9~1.2cmくらいと言われています。
胎児の成長には個人差がありますので、必ずしもこれにあてはまらなくても、担当の医師から何も言われなければそれほど心配する必要はありません。

この時期には胎児の細かい関節部分も完成し、より複雑な動きが見られるようになります。
経産婦さんなどはそろそろ胎動を感じられるようにもなってくる頃です。
さらに赤ちゃんの体には皮下脂肪や「胎毛」と呼ばれる産毛が付いてきて、体温を保つこともできるようになります。

妊娠16週頃になると赤ちゃんの耳も聞こえるようになってくるほか、脳がますます発達して物事を記憶できるようにもなりますから、お母さんはなるべく穏やかな気持ちで過ごすように心がけましょう。

⇒妊娠4週~40週の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら
⇒体脂肪、4つのポイントを知って上手に減らす 詳しくはこちら

参考:
「『超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値』の公示について」日本超音波医学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/kijunchi.pdf

妊娠16週の妊婦さんの様子

妊娠16週からは一般的に「安定期」と呼ばれる時期に入ります。
つわりが落ち着いてくるほか、流産の確率も低下し、妊婦さんにとっては安心して過ごすことができる時期になります。

 これまで思うように体を動かすことができなかったという妊婦さんも、体が落ち着いたら運動を始めていきましょう。
適度な運動は体重管理やストレス解消、出産のための体力増強に役立ちます。 

マタニティヨガやマタニティビクスは、妊婦さん同士の会話も楽しむことができておすすめです。
ただしお腹の張りを感じるときなどは無理をせずに休むようにしてください。
安定期に入ったからといって流産の危険性がまったくなくなるというわけではありませんので、出血や激しい腹痛などがある場合にはできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。

⇒妊娠4週~40週の妊婦さんの体 詳しくはこちら
⇒運動に水分補給が欠かせない3つの理由 詳しくはこちら
⇒肥満って何?肥満に関する8つの基礎知識 詳しくはこちら
⇒ストレスが胃のトラブルを引き起こす!? 詳しくはこちら

妊娠16週の過ごし方と気を付けること

 そろそろ周囲への報告を

妊娠初期は体調も不安定だったため、身内や直属の上司などにしか妊娠報告ができなかったという方も多いかもしれませんが、安定期に入ったらそろそろ周囲に報告する準備を始めていきましょう。
妊娠は喜ばしい出来事ではありますが、報告の順序や仕方によってはトラブルが生じてしまうこともあります。
夫婦でよく話し合った上で、誰にどのように報告するのかを決めておきましょう。
特に妊娠生活や出産においてお世話になる方には、直接自分たちの口から妊娠報告をして、お願いをしておく必要があります。
新しい命の誕生を周りの方々にも喜んでいただけるように、妊娠報告でもマナーを大切にしたいですね。

戌の日の安産祈願

日本では古くから、安定期(妊娠5ヶ月)に入った最初の戌の日に安産祈願をするという風習があります。
犬は多産かつ安産であることから、犬にあやかろうということで行われるようになったそうです。
このときには妊婦さんは腹帯を巻いて安産祈願をします。
腹帯にはお腹を温めたり、赤ちゃんの位置を安定させたりする役割があります。
昔は妊婦さんの実家から贈られるのが一般的でしたが、最近では自分で購入したり、
安産祈願の際に神社から頂いたりすることも多いようです。
さまざまなタイプの腹帯がありますので、使いやすいものを見つけるとよいかもしれません。
安産祈願で有名な神社では特に事前の予約なく参拝できることもありますが、念のため事前に問い合わせをしておいたほうが安心です。
その際には「初穂料」の金額や、帯の持ち込みが可能かどうかなどといったことも確認しておきましょう。

⇒ 妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

まとめ

それでは最後に、妊娠16週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠16週頃には胎児の児頭大横径(BPD)に加えて、大腿骨長(FL)や腹部周囲長(AC)が測定されるようになる
・赤ちゃんの動きが活発になり、胎動を感じられる妊婦さんも増えてくる
・妊娠16週からは「安定期」に入るため、適度な運動を始めるのもおすすめ
・安定期に入ったら、周囲への妊娠報告も検討するとよい
・妊娠5ヶ月の最初の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をする風習がある

参考文献:

赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket