妊娠14週ってどんな時期?

LINEで送る
Pocket

妊娠14週、これまで悩まされていたつわりから%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8917
多くの妊婦さんが解放されてくる時期です。
マタニティライフを健康的に楽しむために、
生活習慣の見直しを始めましょう!

(1)妊娠14週の赤ちゃんの様子
(2)妊娠14週の妊婦さんの様子
(3)妊娠14週の過ごし方と気を付けること
  3-1むくみに注意しよう
  3-2つわりが落ち着いたら生活習慣の見直しを
(4)まとめ
(※)難治性血液疾患の治療に役立つ「さい帯血」の動画

(1)妊娠14週の赤ちゃんの様子

妊娠14週頃の胎児の頭殿長(CRL)は8~9cm前後、児頭大横径(BPD)は2.5~3cm、
体重は25~60gくらい。
妊娠3ヶ月頃は2頭身に近かった胎児も、この頃になると手足も伸び、
新生児と同じくらいの体の比率になってきます。

この時期には食道や咽頭、声帯といった喋るための器官が形成されていきます。
まだ声は出せませんが、生まれてから声を出すための準備をしっかりと始めているのです。
さらにこの頃には外性器がほぼ完成します。
エコーで男女の区別が付く場合もありますが、胎児はその都度体勢を変えているので、
隠れてしまっていることも多いです。
はっきりと見られるようになるまで気長に待つようにしましょう。

妊娠14週頃になると、それまで単に丸いボールのようであった赤ちゃんの脳にしわが
刻まれていきます。
赤ちゃんの脳が成熟するということは、お母さんのストレスを赤ちゃんが
感じられるようになるということでもあります。
この時期からはお母さんはなるべくストレスを溜めないように
リラックスして生活するということが大切になってきます。

(2)妊娠14週の妊婦さんの様子

妊娠14週前後になると、これまで高温を維持していた基礎体温が低下してきます。
それにより、熱っぽさやだるさといった症状、
またつわりからも解放される方が増えてくるようです。
一般的に「安定期」と呼ばれるのは妊娠16週からですが、
これまでのつらい症状から解放されることにより、
マタニティライフを楽しめるようになってくる頃です。

妊娠14週頃の子宮の大きさは赤ちゃんの頭くらいになり、
ますますお腹のふくらみを感じるようになってきます。
子宮が大きくなるにつれて足の付け根や腰に痛みを感じることもありますので、
骨盤ベルトを使用したり、適度な運動をしたりして対策するようにしましょう。
またこの頃から健診時に子宮底長(恥骨の上から子宮の一番上までの長さ)を
測定するようになります。
子宮底長は羊水の量や胎児の発育状況が適切かを判断する目安となります。
妊娠14週の子宮底長は一般的に12~18cmくらいだと言われていますが、
誤差が生じる可能性もありますので、超音波検査も併せて慎重に判断していきます。

(3)妊娠14週の過ごし方と気を付けること

 3-1むくみに注意しよう

多くの妊婦さんが経験する悩みとして挙げられるのが、「むくみ」です。
妊娠中には血液や羊水の量が増えることによって体内に水分が溜まりやすくなり、
むくみやすくなると言われています。
ある程度仕方のないことではありますが、
足のだるさや重さを少しでも軽減することができたら嬉しいですよね。
むくみ解消には、足を高くして横になる、適度な運動によって血流を良くするなどといった
方法があります。
また、水分を取るとむくみが悪化すると思っている方も多いかもしれませんが、
適度な水分補給をして体内の循環をよくするということがむくみ予防のためには大切です。
一度に大量の冷たい水を飲むと体を冷やしてしまいますので、
常温程度の水を少量ずつこまめに飲むよう心がけましょう。

3-2つわりが落ち着いたら生活習慣の見直しを

妊娠14週頃からは一般的につわりが落ち着き、過ごしやすくなってくると言いました。
とは言え、これまでの反動で食べ過ぎてしまうと、急激な体重増加や妊娠糖尿病、
妊娠高血圧症候群のリスクが高まります。
お腹の赤ちゃんのために、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。
またつわりで横になっていることが多かったという方は、
無理のない範囲でウォーキングなどの運動を始めてみてはいかがでしょうか。
適度な運動は体重管理やストレス解消にも役立ちます。

(4)まとめ

それでは最後に、妊娠14週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠14週頃の胎児の頭殿長は8~9cm、体重は25~60gくらい
・この時期には赤ちゃんの脳が発達し、お母さんのストレスを感じ取るようになる
・基礎体温が低下し、つわりの症状から解放されるようになる
・子宮底長を測定し、羊水の量や胎児の発育状況を調べる
・むくみやすくなるので、こまめな水分補給や適度な運動を心がけると良い
・つわりが落ち着いてきた方は、生活習慣の見直しを

(※)ステムセル研究所が選ばれる理由

(クリック)⇒⇒ステムセル研究所でのさい帯血保管について

参考文献:

公益財団法人 母子衛生研究会 「赤ちゃん&子育てインフォ」⇒ http://www.mcfh.or.jp/
all about 暮らし 「妊娠・出産」⇒ http://allabout.co.jp/ch_pregnancy/
H・マーコフ、A・アイゼンバーグ、S・ハザウェイ/著 竹内正人/監修 「すべてがわかる妊娠と出産の本」

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>