妊娠13週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠13週、多くの妊婦さんはお腹のふくらみを感じ始める時期です。
マイナートラブルに注意しながら、生活習慣を整えていきましょう。

⇒妊婦さんや赤ちゃんの「水」を選ぶために知っておくべき4つのコト 詳しくはこちら
⇒生活習慣病とは その患者数と8つの原因 詳しくはこちら

<目次>

妊娠13週の赤ちゃんの様子
妊娠13週の妊婦さんの様子
妊娠13週の過ごし方と気を付けること
 マイナートラブルは継続中
 鉄欠乏性貧血に注意
まとめ 

妊娠13週の赤ちゃんの様子

妊娠13週頃の胎児の頭殿長(CRL)はおよそ7.0~8.0cm、児頭大横径(BPD)はおよそ2.0~2.5cmです。
エコーでは、顔・胴体・手足の区別はもちろん顔のパーツも少しずつわかるようになってきて、より愛おしさが湧いてくる頃です。

内臓器官の形成は終わりましたが、外界に出ても生きていくことができるよう、細かな機能が整えられていきます。
加えてこの時期には体や手足の骨、筋肉、関節などが発達していきます。
赤ちゃんはお母さんのお腹の中で手足を曲げたり伸ばしたりしながら動き回っていますが、胎動として感じられるようになるのは初産婦さんなら20週頃、経産婦さんでも16週頃と言われています。
この時期には指も1本1本分かれ、「掌握反射」と呼ばれる、触ったものを握ろうとする動きも見られるようになってきます。
口の筋肉も発達し、パクパクと口を動かす仕草も見られるようになってくる頃です。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

妊娠13週の妊婦さんの様子

妊娠13週頃の子宮の大きさは小ぶりのメロンくらいと言われています。
妊娠していないときが鶏卵くらいですから、ずいぶん大きくなったということがお分かりいただけると思います。
それまで特に変化を感じていなかったという方でも、この頃には急にお腹のふくらみを感じることも多いかもしれません。

急にお腹が大きくなることで気を付けたいのが、「妊娠線」です。
妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に皮膚が付いていけずに裂けてしまうものです。
妊娠線を予防するためには、洗いすぎて皮膚の油分を落とし過ぎないように注意すること、そして入浴後には専用のクリームなどを使って保湿することが大切です。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体 詳しくはこちら
⇒保湿の基本 詳しくはこちら

参考:
「妊娠線―よくわかる用語辞典【妊娠編】」赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人母子衛生研究会
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/yougo/ninsin_sen.html

妊娠13週の過ごし方と気を付けること

 マイナートラブルは継続中

妊娠13週頃になるとつわりは徐々に落ち着いてきますが、マイナートラブルは継続中という方も多いようです。
急にお腹が大きくなることで、それまでにはなかった症状に悩まされることもあります。

・便秘、痔

大きくなった子宮によって腸が圧迫されることにより、便秘が悪化することもあります。
放っておくことで痔になってしまうケースもありますので、早めの対策が必要です。
食物繊維や水分を積極的に摂るようにするほか、必要に応じて医師に相談するようにしましょう。

⇒便秘解消に水が役立つ!? 便秘の種類・原因・解消法8項目 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら

・こむら返り

こむら返りとは、寝ているときに突然ふくらはぎがつることを言います。
妊娠中にこむら返りが起こりやすい原因としては、お腹が大きくなることで足に負担がかかることや、水分、カルシウムやマグネシウムが不足などさまざまなことが言われています。
こむら返りが起きてしまった場合には、ストレッチをしたり温めたりするとよいと言われていますが、あまりにも痛みが強い場合には医師に相談してみましょう。

⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら
⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら

鉄欠乏性貧血に注意

妊婦さんの多くが陥りやすいと言われているのが、「鉄欠乏性貧血」です。
妊娠13週頃になると胎盤が完成に近づき、赤ちゃんに栄養を送るためにたくさんの血液が作られるようになります。
そこで鉄分が不足すると、だるい、疲れやすい、頭痛、めまい、息切れなどの症状が現れやすくなります。
また、赤ちゃんに必要な栄養が送られなくなってしまうこともあり、注意が必要です。
鉄欠乏性貧血を予防するためには、レバーや貝類、ほうれん草など鉄分を多く含む食品を積極的に摂るほか、鉄分の吸収を助けるたんぱく質やビタミンCなども一緒に摂ることが勧められます。

⇒ 妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

参考:
「鉄欠乏性貧血」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-02d.pdf

まとめ

それでは最後に、妊娠13週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠13週頃の胎児の頭殿長は7.0~8.0cm、児頭大横径は2.0~2.5cmくらい
・この時期の赤ちゃんは手足を曲げ伸ばしたり、指しゃぶりをしたりしている
・妊娠13週頃には子宮は小ぶりのメロンくらいになり、お腹のふくらみが目立ってくる
・この頃から妊娠線予防を始めておくとよい
・便秘、こむら返りなどのマイナートラブルや、鉄欠乏性貧血に注意する

参考文献:

赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

LINEで送る
Pocket