妊娠8週ってどんな時期?赤ちゃんと妊婦さんの体の様子、気を付けること

LINEで送る
Pocket

妊娠8週は一般的につわりがピークを迎える時期です。
お腹の中で日ごとに成長する赤ちゃんの姿を励みに乗り切りたいですね。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

<目次>

妊娠8週の赤ちゃんの様子
妊娠8週の妊婦さんの様子
 つわりがピークを迎える時期
 今までの衣服がきつくなることも
妊娠8週の過ごし方と気を付けること
 「相対過敏期」と呼ばれる時期
 流産について
まとめ

妊娠8週の赤ちゃんの様子

この時期にはエコーでも赤ちゃんの姿をしっかりと確認できるようになり、頭殿長(CRL)から出産予定日が割り出されます。
頭殿長は約1.5cm。
妊娠6週や7週で心拍が確認できなかったという人でも、妊娠8週にはほとんどの場合心拍が確認できます。

妊娠8週頃になると、重要な器官が成熟し、骨も段々と硬くなってきます。
このようにして人体の構造が整ってくることから、それまでの「胎芽」という呼び方ではなく、「胎児」と呼ばれるようになります。
(妊娠10週から「胎児」と呼ぶこともあります。)
エコー写真ではまだ確認できませんが、腕や足もしっかりと伸びてくるほか、顔のパーツもより細かく形成されていきます。
またこの時期の赤ちゃんは手足を自発的に動かすことができるようになっています。
ただしまだ子宮壁に触れることはないので、胎動として感じられるようになるのは先になります。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の赤ちゃんの様子 詳しくはこちら

参考:
「6.正常所見8-10週」公益社団法人日本産婦人科医会
https://www.jaog.or.jp/lecture/6-%e6%ad%a3%e5%b8%b8%e6%89%80%e8%a6%8b8-10%e9%80%b1/

妊娠8週の妊婦さんの様子

 つわりがピークを迎える時期

つわりの時期には個人差がありますが、一般的には8~11週頃がピークと言われています。
胸焼けや吐き気などで食事ができないと心配になる方も多いかもしれませんが、この時期の赤ちゃんは胎盤から栄養を得始めているものの、まだ卵黄嚢から十分な栄養を得ることができるので、心配し過ぎることはありません。
食べやすいものだけ食べるように工夫をし、食べられない場合にも水分だけはしっかりと取るようにしましょう
心拍確認後であれば家族や仕事関係の人に妊娠を報告して、フォローをお願いするのもよいかもしれません。

⇒妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体 詳しくはこちら
⇒胸焼けの解消に役立つ4つの知識 詳しくはこちら
⇒妊婦 水分補給・・・・・・・・・・・・・・・・ 詳しくはこちら

今までの衣類がきつくなることも

妊娠していないときの女性の子宮の大きさは一般的に鶏の卵くらいの大きさだと言われていますが、妊娠8週頃になると、子宮の大きさは女性の握りこぶし大くらいになってきます。
見た目にはほとんど変化がないものの、今まで身に付けていた下着やスカートなどが
きつく感じられる人も出てきます。
締め付けた状態だと血流の低下やつわりの悪化につながりやすいので、少し緩めの衣服やマタニティーブラジャーなどを用意しておくと安心です。
また、子宮が大きくなるのに伴ってトイレが近くなったり、骨盤が開くことで足の付け根が痛くなったりすることもあります。

妊娠8週の過ごし方と気を付けること

 「相対過敏期」と呼ばれる時期

妊娠4~7週の「絶対過敏期」に対して、妊娠8~11週は「相対過敏期」と呼ばれることがあります。
絶対過敏期に比べればやや胎児への影響は低くなるものの、引き続き薬やアルコールの摂取は控えた方がよい時期とされています。
ただし持病のある方やアレルギーをお持ちの方、感染症にかかってしまった場合などは、薬を我慢してしまうとお母さんの体に悪影響を及ぼすこともあります。
その場合にはしっかりと医師と相談して適切に対応しましょう。

流産について

心拍が確認されれば流産の確率は下がると言われていますが、妊娠8週頃に流産が起こってしまうこともあります。
この場合、ほとんどの原因は胎児側にあるとされており、お母さんの行動によるものではありません。
ただし妊娠初期は不安定な時期ですので、できるだけ無理なく過ごすことが望ましいとされています。
また、切迫流産の場合には、安静にすることによって妊娠が継続できることもあります。
出血や腹痛が見られたら産婦人科に相談し、指示を仰ぐようにしてください。

⇒ 妊娠4週~40週(妊娠1ヶ月~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

まとめ

それでは最後に、妊娠8週の妊婦さんや赤ちゃんの様子についてまとめておきます。

・妊娠8週頃の赤ちゃんは1.5cmほどになり、体の構造も整ってくる
・妊娠8~11週頃がつわりのピークなので、自分なりの乗り切り方を見つける
・子宮が大きくなるにつれ、今までの下着や衣服がきつくなることもある
・妊娠8~11週は「相対過敏期」と呼ばれ、引き続き薬やアルコールの摂取に注意が必要
・妊娠初期の流産は胎児側に原因がある場合がほとんどだが、安静にすることで防げる場合もある

参考文献:

赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人 母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/
公益社団法人日本産婦人科医会 https://www.jaog.or.jp/
「胎児の発達段階」MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AA%E5%A6%8A%E5%A8%A0/%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

LINEで送る
Pocket