直腸性便秘(スーパー便秘)とは?原因と解消法を知ろう

LINEで送る
Pocket

慢性便秘の中には、「直腸性便秘」と呼ばれるタイプがあります。
便秘の中でも特に頑固で厄介なことから「スーパー便秘」とも呼ばれており、便秘薬や食生活といった通常の便秘解消法が効きにくいことでも知られています。

朝忙しくてトイレに行く時間が取れない…
自宅以外のトイレでは排便できない…
こんな理由で便意を我慢してしまう方は、特に注意が必要。

気になる直腸性便秘の症状や原因、解消法をご紹介します。

⇒整水器と浄水器の違いとは?整水器と浄水器の違いを知って、上手に選ぼう 詳しくはこちら
⇒整水器とウォーターサーバー 4つのポイントを比較! 詳しくはこちら

<目次>

直腸性便秘の症状
直腸性便秘の原因
直腸性便秘の解消法
まとめ

直腸性便秘の症状

直腸性便秘とは、大腸の直腸部分で起こる便秘のことです。
直腸とは、大腸の末端、肛門につながる10センチほどの部分です。
弛緩性便秘(結腸性便秘)が蠕動運動の低下によって結腸内に便が溜まるのに対し、直腸性便秘では肛門付近の直腸まで便が到達するものの、うまく排出されない状態を言います。

滞留した便からは水分が吸収されて硬くなり、さらに排出しづらくなります。
便は分節されて太く短くなり、排便があっても残便感を感じることが多くなります。

直腸性便秘では、便を出そうとして無理に“いきむ”ことで、肛門に負担がかかり、出血をするケースも多いようです。
また、腸にも大きな負担がかかるため、大腸がんのリスクも高まると言われています。

直腸性便秘は残便感や排便時の痛みが強く、食物繊維や下剤といった通常の便秘解消法が効かないことも多いことから、便秘の中でも特に厄介な「スーパー便秘」として恐れられています。

⇒「胃」ってどんなもの? 健康な胃のために知っておきたい6つの基礎知識 詳しくはこちら

直腸性便秘の原因

 便意の我慢

直腸性便秘を招く最大の原因は、便意を我慢することだと言われています。

通常、直腸に便が到達すると、その刺激が脳に伝えられ、“排便したい”という便意が生じます。
これによって通常は閉じている肛門括約筋が緩み、排便できるようになっています。
これを、「排便反射」と呼びます。
しかしこのタイミングで排便をしないでいると、次第に便意は遠のいてしまいます。
このようなことを繰り返していると、次第に直腸の感覚が鈍り、便が到達しても排便反射が起こらなくなってしまうのです。

「朝食後に便意を感じたけれど、時間がなくて排便できなかった」「自宅のトイレ以外の場所では排便できない」などという理由で排便のタイミングを逃してしまっている人は、特に注意が必要。
また、浣腸や下剤の乱用も直腸の感覚を鈍化させることになり、直腸性便秘の原因となります。

⇒便秘解消のために知っておきたい、正しい排便のメカニズムとは!? 詳しくはこちら

骨盤底筋の異常

直腸性便秘には、骨盤底筋も大きく関係していると言われています。

骨盤底筋(群)とは文字通り骨盤の底にある筋肉で、内臓を内側から支えるインナーマッスルです。
骨盤底筋はハンモック状に広がり、膀胱や子宮、直腸を支えていると同時に、尿や便の通り道を作る役割も果たしています。
通常排便の際には骨盤底筋が緩むようになっているのですが、骨盤底筋の機能が低下すると、排便しようとしても骨盤底筋が緊張したまま便の通り道ができず、便秘になってしまうと言われています。
また女性の場合、いきんだ際に直腸が膣側に膨らんでしまう「直腸瘤」と呼ばれる状態になることもあり、ひどい場合には手術が必要になります。

参考:
「わかりやすい病気のはなしシリーズ49 便秘」一般社団法人日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/049.pdf

直腸性便秘の解消法

直腸性便秘では、結腸の蠕動運動などに問題があるわけではありませんから、食物繊維を摂る、便秘薬を飲むといった対策ではあまり効果が期待できません。
逆に、下剤の乱用によって排便反射が鈍り、直腸性便秘が悪化してしまうこともありますので注意しましょう。

直腸性便秘を解消するためには、やはり便意を感じたらすぐに排便することが大切です。

特におすすめしたいのが、朝食後の排便タイムを習慣化することです。
私たちの体には、「胃・大腸反射」と言って、胃の中に食べ物が入ると大腸に信号が送られ、結腸の蠕動運動が活発化して直腸に便が運ばれるというしくみが備わっています。
この胃・大腸反射は、胃が空っぽのときほど強く起こりやすいと言われています。
ですから朝食をきちんと食べ、便意を感じたらすぐに排便できるように時間や環境を整えておくことが、直腸性便秘を予防・解消するためには大切なことです。

骨盤底筋の機能低下が原因の場合には、骨盤底筋を鍛えるエクササイズなども効果的です。
また、排便時の姿勢に気を付けて便の通り道を作ることも大切。
「考える人」のように前かがみになり、かかとを上げてつま先に重心をかけることで、力を入れていきまなくても排便しやすくなると言われています。

直腸性便秘がなかなか治らず症状がひどい場合には、医療機関を受診するようにしましょう。

⇒便秘解消のために知っておきたい、正しい排便のメカニズムとは!? 詳しくはこちら

参考:
「10月 食事と運動で便秘を防ぐ!」全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h26/261001/

まとめ

それでは最後に、直腸性便秘についてまとめておきます。

・直腸性便秘とは、肛門付近の直腸に便が滞留するもの
・症状として、強い残便感や肛門からの出血などが生じることがある
・便意の我慢を続けていると、便意を感じにくくなり直腸性便秘になることがある
・骨盤底筋の機能が低下し、便の通り道がふさがってしまうケースもある
・直腸性便秘の予防・解消には、朝食後の排便タイムを習慣化することがおすすめ
・骨盤底筋を鍛えるエクササイズをしたり、排便の際の姿勢に気を付けたりするのもよい

参考文献:

松生恒夫 「『排便力』をつけて便秘を治す本―専門医が教える『便意リハビリ』」 ビタミン文庫
「わかりやすい病気のはなしシリーズ49 便秘」一般社団法人日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/049.pdf
「薬事情報センター 5.便秘」一般社団法人愛知県薬剤師
https://www.apha.jp/medicine_room/entry-3531.html
「10月 食事と運動で便秘を防ぐ!」全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h26/261001/

LINEで送る
Pocket