浄水シャワーって何? 3つの疑問

LINEで送る
Pocket

目次

(1)浄水シャワーは何がいいの?
(2)浄水シャワーのカートリッジは?
(3)浄水シャワーの種類は?
(4)まとめ

より安心しておいしい水を楽しみたいという方に人気の、浄水器
飲用に、調理用にと活用されているご家庭も多いと思います。

一方今新たに注目を集めているのが、浄水シャワーです。
毎日のバスタイムも安心して快適に楽しむために、
浄水シャワーを使う方が増えていると言われます。

浄水シャワーって一体どんなもの?
気になる3つの疑問を解決します。

ハイパー 1 

(1)浄水シャワーは何がいいの?

浄水シャワーが今注目を集めている理由は何なのでしょうか?

日本の水道水には、消毒のために塩素が用いられています。
それによって私たちは安心して水道水を飲むことができるのですが、
一方で水道水中の残留塩素が独特の臭いを生じさせたり、
栄養素を壊したりといった問題が起こる可能性があることも知られています。
そこで、塩素を除去するために水道に浄水器を取り付けている方も多いと思います。

しかし残留塩素の影響が生じるのは、飲み水だけではありません
その一つが、私たちが普段体や髪の毛を洗うときに使うシャワーのお湯
もちろんここにも、塩素は含まれています。

実は塩素には、肌や髪の毛を構成するタンパク質を酸化させる作用があると言われているのです。
そのため、塩素の含まれるお湯を長期間使用し続けることによって、お肌が乾燥したり
髪の毛のキューティクルが失われてしまったりする危険性があると指摘されています。

ですから、残留塩素を除去し、肌や髪の毛にやさしいお湯を使うためのもの―
それが、浄水シャワーなのです。

(2)浄水シャワーのカートリッジは?

浄水器は、より安心でおいしい飲用水を作るために、
水道水中から残留塩素を除去することを目的とした機器です。
一方の浄水シャワーは、残留塩素を取り除くという目的は同じですが、
お湯を使うことが前提であり、また大量の浄水を快適に使用できるようにする必要があります。
そのため、一般的な浄水器に用いられているカートリッジ(ろ材)
浄水シャワーに用いられているカートリッジ(ろ材)は異なるものになります。

浄水器に用いられるカートリッジ(ろ材)には、以下のようなものがあります。

・活性炭
・ろ過膜(中空糸膜、不織布など)
・セラミック
・イオン交換樹脂 など

浄水器シャワーに用いられているカートリッジ(ろ材)は、次のようなものです。

・活性炭

表面に多数の微細孔があり、不純物を吸着します。
粉末状、粒状、繊維状などといった形状の違いがあります。

・亜硫酸カルシウム

食品添加物などとしても用いられてきた物質で、塩素との反応性が高いことが知られています。
少量でも素早く効果を発揮するため、浄水シャワーのろ材として向いています。

・L-アスコルビン酸(ビタミンC)

ビタミンCとして知られており、食品添加物としても用いられています。
水溶性で、残留塩素と素早く反応します。

当然ながら、浄水シャワーのカートリッジも一定期間ごとに交換が必要です。
快適にシャワーを使うためには、交換時期の目安をきちんと守るようにしましょう。

(3)浄水シャワーの種類は?

浄水器同様、浄水シャワーにもいくつか種類があります。

もっとも一般的なのは、シャワーヘッドタイプです。
シャワーヘッド内にろ材が組み込まれており、
今まで使用していたシャワーのヘッドを取り外して装着します。
多くの製品があり、家電量販店や通信販売などで販売されています。
価格は数千円程度。
取り付け方法はそれほど難しくありませんが、自宅のシャワーに取り付け可能かどうか、
あらかじめ確認しておいたほうが安心です。

また、シャワーヘッドとホースの連結部分に装着するタイプもあります。
内部にカートリッジが組み込まれており、ホースを通ってきたお湯がここで浄水され、
シャワーヘッドから出てくることになります。
シャワーヘッドはそれまで使っていたものをそのまま使用します。

そのほか、浄水器本体を壁に固定するなどしてシャワーと連結する
固定据え置き型浄水シャワーもあります。
こちらはろ材を大きくできるなどといったメリットがありますが、
その他のタイプに比べて価格は高めであり、製品の数もそれほど多くありません。

(4)まとめ

それでは最後に、浄水シャワーについてまとめておきます。

・塩素は肌や髪の毛を構成するタンパク質を酸化させると言われている
・シャワーに含まれる塩素を除去してやさしいお湯を使うため、浄水シャワーに注目が集まっている
・浄水シャワーは大量のお湯を快適に使えるようにするため、
活性炭や亜硫酸カルシウム、L-アスコルビン酸などがろ材として用いられている

・浄水シャワーには、シャワーヘッドタイプ、ヘッドとホースの連結部分に装着するタイプ、
固定据え置きタイプなどがある

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

一般社団法人 浄水器協会 「浄水シャワー」
⇒ http://jwpa.or.jp/sw/index.html

LINEで送る
Pocket