水分補給時の塩分の必要性 3つのギモンを解決!

LINEで送る
Pocket

目次

(1)塩分の補給が必要な場合とは?
(2)塩分が不足するとどうなる?
(3)正しい水分と塩分の補給の仕方とは?
(4)まとめ
(5)おすすめページへのリンク集
(6)スポーツ関連ページへのリンク集

運動時熱中症対策のための水分補給の必要性は、
今や広く認識されるようになっていますよね。

では、塩分についてはどうでしょうか?
最近では塩分の含まれた飴やドリンクなど
様々なものが販売され、
塩分の補給に対する意識も深まってきているようです。

では、そもそも塩分の補給は本当に必要なのでしょうか?
ここでは、水分補給と塩分に関する3つのギモンを解決します。

HJ120_350A-2

(1)塩分の補給が必要な場合とは?

運動時熱中症対策などの水分補給時には、
塩分も取った方がよいと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

汗は、その大部分が水ですが、ごくわずかに塩分も含まれています
大量に汗をかいたときには、水分と共に体内の塩分も失われてしまうことになります。
そのようなときには、水分補給と共に塩分も必要になるのです。

とは言え、発汗がある際には必ずしも塩分を補給しなければならないということではありません。
塩分の補給が必要となるのはあくまでも大量の発汗があった場合のみです。
具体的には以下のようなケースが挙げられます。

・1時間以上の激しい運動を行う場合
・発汗量が1リットル以上にのぼる場合(体重減少量が目安)

1時間に満たない軽い運動の場合などは、あくまでも水分(水)のみを
補給していればよいとされています。

日本人はむしろ食事による塩分の過剰摂取が指摘されていますから、
必要な場合というのを見極めて塩分の補給を行うことが大切です。

(2)塩分が不足すると?

では、多量の発汗があった場合に塩分を補給しないとどのようになるのでしょうか?

体内の塩分(ナトリウム)が不足した状態で水分だけを補給すると、
体内のナトリウム濃度は一層薄まります。
そこでナトリウム濃度を保つために、体は水分を尿として外に排出しようとします。
つまり水分補給をしたつもりが、体内の脱水状態を進行させてしまうことになるのです。

これにより、次のような脱水症熱中症の症状が現れると言われています。

・めまいや失神
・頭痛、吐き気、倦怠感
・高体温 など

また、私たちの体内の塩分(ナトリウム)は、筋肉の運動や神経伝達に大きく関係しています。
ですから、塩分が不足することにより、筋肉の痙攣や硬直のほか、
神経障害によって命の危険が生じることもあると言われています。

(3)正しい水分と塩分の補給の仕方とは?

それでは具体的な水分と塩分の補給の仕方を見ておきましょう。

まず、運動や高温下における水分と塩分の補給のためには、
0.1~0.2%程度の食塩水を用いるとよいとされています。
水と共に梅干しや塩昆布、塩飴などを摂るのもよいですが、塩分摂取量に気を付けましょう。

スポーツドリンクを利用する場合には、100mlあたりのナトリウム含有量が40~80mgのものが
勧められます。
市販のスポーツドリンクの中には、ナトリウムの含有量がそれほど多くないものもありますので、
塩分補給として利用する場合には表示を確認してください。

また、実際に発汗による脱水症や熱中症が進行している場合には、
経口補水液を補給するのがよいと言われます。
経口補水液は電解質と糖分が体液に近いバランスで配合された飲料で、
スポーツドリンクに比べて塩分が多く、糖分は少なめになっています。
体が脱水状態のときに素早く吸収できるため、“飲む点滴”として役立てられています。

(4)まとめ

それでは最後に、塩分補給の必要性やポイントをまとめておきます。

・多量の発汗によって塩分が失われるため、水分と共に塩分の補給も必要になることがある
・水分補給と共に塩分が必要になるのは、1時間以上の激しい運動を行う場合や、
1L以上の発汗がある場合

・体内の塩分が不足すると、脱水や筋肉の痙攣、神経障害などが生じる恐れがある
・発汗時には、0.1~0.2%の食塩水を補給するのがおすすめ
・スポーツドリンクは、ナトリウム含有量40~80mg/100mlのものを選ぶようにする

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

【おすすめページ】

水素水ってどんな水?水素水の種類、特徴、上手な使い方

健康生活を送るために大切な7項目

アンチエイジングの意味と、今日から始める6つの方法

体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係

むくみの原因は水分不足だった?むくみを防ぐ、正しい水分補給の仕方とは

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

日本トリムとは整水器シェアナンバー1!日本トリムのこだわり

【スポーツ 関連ページ】

スポーツに水分補給が欠かせない3つの理由と、水分補給の仕方5カ条

運動・スポーツ時の水分補給の仕方

脱水症とは―運動時の水分補給が欠かせないワケ

スポーツ時の水分補給は「水」でしよう!その理由と、6つの水

水分補給の仕方でスポーツパフォーマンスが変わる!? パフォーマンスを維持する水分補給の3か条

ランニング中の水分補給! 3つのポイントとは?

ウォーキング中の水分補給 3つのキホン

スポーツドリンクは水分補給に適している? 4つのタイミング別に比較

水分補給時の塩分の必要性 3つのギモンを解決!

サッカーの水分補給 4つの心得

ゴルフと水分補給健康のために知りたい3つのコト

参考文献:

日本体育協会 「失われる水と塩分を取り戻そう」
⇒ http://www.japan-sports.or.jp/medicine/tabid/919/Default.aspx
日本バレーボール協会 「水分摂取の方法 多量の発汗には塩分補給も!」
⇒ https://www.jva.or.jp/play/protect_heat/heat03.html
日経ウーマンオンライン 「たくさん汗をかいたときの水分補給のコツ」
⇒ http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20120621/128064/?rt=nocnt

LINEで送る
Pocket