ウォーターサーバーのレンタル 3つの基礎知識

LINEで送る
Pocket

目次

(1)ウォーターサーバーのレンタルとは?
(2)ウォーターサーバーのレンタル費用は?
(3)ウォーターサーバーのレンタル方法は?
(4)まとめ
(5)おすすめページへのリンク集
(6)ウォーターサーバー関連ページへのリンク集

おいしい水を手軽に楽しむことができる―
インテリアにもなっておしゃれ―
赤ちゃんのために水にこだわりたい―

そんな思いから利用する方が増えているのが、
ウォーターサーバーのレンタルです。

興味はあるけれど、
どんなふうに使ったらよいかわからない…という方へ。
知っておきたい基本的な知識をまとめました。

ハイパー 1 

(1)ウォーターサーバーのレンタルとは?

おいしい水を自宅で手軽に楽しみたいという方に人気のウォーターサーバー。
どこで販売されているの?と思ったことのある方も多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーは、購入ではなくレンタルで利用するのが一般的です。
サーバー本体はメーカーからのレンタル品、つまり借り物であり、
水のみを購入して利用するという形になります。
本体を購入するタイプのものもないことはないのですが、数は多くありません。

実際の方法としては、メーカーと契約を結び、サーバー本体が配送されるのを待ちます。
配送から設置までをメーカーが行ってくれるケースと、自分で設置するケースとがありますので、
あらかじめ確認しておきましょう。
そして水のボトルを購入し、サーバーにセットして利用します。

レンタル品ですので、解約する際にはメーカーにサーバーを返却する必要があります。
返却の方法や費用もメーカーによって異なります。
また、故障や破損の際にはメーカーによる修理が必要であり、
費用が発生するケースもありますので注意しましょう。

(2)ウォーターサーバーのレンタル費用は?

ウォーターサーバーのレンタルする際に気になることと言えば、費用ですよね。

ウォーターサーバーのレンタル費用は、無料のものと有料のものとがあります。
一見無料のほうが良いように感じられますが、そこには様々な違いがあるのです。

まず、レンタル費用を無料にしているメーカーの多くは、水の定期購入制度を設けています。
あらかじめ決められた頻度で決められた本数の水が届けられるというもので、
その都度注文する手間は省けますが、未使用のボトルがあっても
新しいボトルが届けられることになります。
さらにレンタル費用を無料としているメーカーでは、
一定期間内に解約すると違約金が発生することもあります。
また年に一回程度、メーカーによるサーバーのメンテナンス費用として約5000~10000円が
必要になる場合もあるようです。

有料の場合、レンタル費用は月に500~1000円程度です。
この場合、水は必要になった際に随時購入するという形が多いようです。
また年に一回程度のメンテナンス費用も、レンタル費用の中に含まれるという形になります。

レンタル費用が無料か有料かということだけではなく、
実際に利用する場合の頻度や量をシュミレーションし、
総コストや利便性を頭に入れて選ぶということが大切です。

(3)ウォーターサーバーのレンタル方法は?

それでは実際にどのようにウォーターサーバーをレンタルするかということについて。

ウォーターサーバーのレンタル申し込みは、各メーカーのホームページのほか、
電話やファックスなどでもできるようになっています。
サーバーや水にいくつかの種類がある場合には、申し込みの際に指定します。
また、定期購入の頻度や本数も申し込みの際に決めておきます。
(後で変更可能な場合もあります。)

一部のウォーターサーバーでは、本契約を結ぶ前にお試しレンタルができるようになっています。
○週間、あるいはボトル○本分などといった決められた期間内で無料お試し利用ができ、
実際の使いやすさや水の味わいなどをチェックします。
もし気になる点があれば、本契約を結ばないこともできます。
実際にレンタルしてしまってから不都合が生じないように、
お試しレンタルを利用してみるのも良いかもしれません。

(4)まとめ

それでは最後に、ウォーターサーバーのレンタルについてまとめておきます。

・ウォーターサーバーは、購入ではなくレンタルで利用する形が多い
・サーバーのレンタル費用は、無料のものと有料のものとがある
・レンタル費用が無料の場合、水の定期購入制度や違約金制度が設けられていることも多い
・有料の場合、月々のレンタル費用は500~1000円程度
・レンタルの申し込みは、ホームページ、電話などから行うことができる
・一部のウォーターサーバーでは、本契約の前に無料お試しレンタルが可能

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

【おすすめページ】

水素水ってどんな水?水素水の種類、特徴、上手な使い方

健康生活を送るために大切な7項目

アンチエイジングの意味と、今日から始める6つの方法

体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係

むくみの原因は水分不足だった?むくみを防ぐ、正しい水分補給の仕方とは

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

日本トリムとは整水器シェアナンバー1!日本トリムのこだわり 

【ウォーターサーバー 関連ページ】

ウォーターサーバーで安全&おいしい水を楽しむための9カ条

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

ウォーターサーバーの水の種類-ミネラルウォーターとRO水

ウォーターサーバーのボトルガロンボトルとワンウェイボトルの比較

ウォーターサーバーのサイズ・デザインをチェックしよう!

ウォーターサーバーの費用はどのくらい?

ウォーターサーバーのお手入れ方法(メンテナンス) 4つのポイントをチェックしよう

ウォーターサーバーのレンタル 3つの基礎知識

ウォーターサーバーの安全性は? 2つのことをチェックしよう

ウォーターサーバーとペットボトル 5つのポイントを比較!

ウォーターサーバーは一人暮らしにもいいの?上手な使い方を解説!

ウォーターサーバー宅配水を上手に活用する4つのポイント

ウォーターサーバーの比較5項目

ウォーターサーバーの購入 6つのポイントをチェック

水道水タイプのウォーターサーバーその特徴

卓上ウォーターサーバーサイズやメリット・デメリットを知ろう

ペットボトル用のウォーターサーバー 3つの基礎知識

ウォーターサーバーのお湯を上手に使おう! 5つのポイント

LINEで送る
Pocket