ウォーキング中の水分補給の仕方やおすすめの飲み物

LINEで送る
Pocket

ウォーキングは手軽に行える運動として人気が集まっています。
そんなウォーキングを健康的に楽しむために欠かせないのが、水分補給です。

ウォーキング中の水分補給はなぜ必要で、どのようにしたらよいのでしょうか?
3つのポイントをまとめました。

⇒運動・スポーツに水分補給が欠かせない 詳しくはこちら
⇒健康生活を送るために大切な7項目 詳しくはこちら

<目次>

ウォーキング時の水分補給の必要性
ウォーキング中の水分補給の仕方
ウォーキング中の飲み物
まとめ

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ
2019年12月28日更新
HJ120_350A-2

ウォーキング時の水分補給の必要性

健康のために、ウォーキングを楽しむ方が増えています。
特別な道具や施設も必要なく、若い方から高齢の方まで気軽に行える運動として人気を集めているようです。

ウォーキングのように酸素を取り込みながら行う運動は、有酸素運動と呼ばれます。
有酸素運動には、脂肪を燃焼する作用があると言われます。
ほかにも血行促進や心肺機能の向上、骨粗しょう症の予防などにも効果があると考えられています。 

ウォーキングを行う際に忘れてはならないのが、水分補給です。

軽い運動のように思われるウォーキングですが、実は多くの水分が汗として失われます。
気温や体質によっても異なりますが、1時間のウォーキングで1ℓほどの汗をかくこともあると言われています。
また、呼吸によっても体内の水分は失われます。 

汗や呼吸で失われた水分を補給しなければ、体は水分不足に陥ります。
そしてこれ以上水分が不足するのを防ぐために、発汗をストップしてしまうのです。
これにより体温の上昇が止まらなくなり、口渇や頭痛、めまい、吐き気、ひどい場合には意識障害を起こすこともあると言われています。 

暑い夏場のウォーキングではもちろんですが、それ以外の時期でも、意識的に水分補給を行うことが大切です。

⇒高齢者の水分補給で押さえておきたいポイント 詳しくはこちら
⇒体脂肪、上手に減らす 詳しくはこちら
⇒体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗 詳しくはこちら
⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら
⇒水分不足によって起こる症状とは 詳しくはこちら
⇒熱中症を予防する 詳しくはこちら

ウォーキング中の水分補給の仕方

では、ウォーキング中の水分補給はどのように行えばよいのでしょうか?ウォーキング 水分補給 

喉の渇きを感じてから水分補給をするという方も多いかもしれませんが、渇きを感じる時点で体はすでに脱水状態になっています。
ですから、ウォーキング中はタイミングを決めて意識的に水分補給を行うようにしましょう。

まず、気温の高い日やウォーキングが1時間以上に及ぶ場合などは、多量の発汗が予想されます。
ウォーキング前にも200ml程度の水分補給をしておきましょう。 

ウォーキング中は、1時間に400ml程度を目安に水分補給をすることが勧められます。
15分ごとに100ml、あるいは30分ごとに200mlといった具合に、少量ずつこまめに補給するのがよいと言われています。 

また、発汗による水分減少率は体重の2%を超えないほうがよいとされています。
ウォーキングの前後に体重測定をし、水分喪失量を把握しておくことがおすすめです。

⇒水分補給に適した飲み物は? 詳しくはこちら
⇒脱水症とは 詳しくはこちら

参考:
「夏のウォーキングと水分の補給方法」健康スポーツ医学研究委員会 委員 中村眞人医師
http://www.chiba.med.or.jp/general/millennium/pdf/millennium29_10.pdf#search=’%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0+%E6%B0%B4%E5%88%86%E8%A3%9C%E7%B5%A6′

ウォーキング中の飲み物

ウォーキング中にどのようなものを飲むかということも重要な課題です。

ウォーキングは、サッカーなどの激しい運動と比べると、発汗量や疲労は少なめです。
ですから基本的には「水」を補給すればよいとされます。
水道水やミネラルウォーターなどさまざまな種類の水がありますので、コストや使い勝手を考慮しながら上手に活用しましょう。 

ウォーキングが長時間に及ぶ場合や、夏の気温が高いときには、発汗量が多くなり、体内の塩分も失われます。
このような場合に水だけを補給すると、血液中の塩分濃度が低下して筋肉のけいれんなどが起こることがあります。
この場合には、塩分濃度0.1~0.2%程度の飲み物を補給するとよいと言われています。
また、疲労回復効果のあるクエン酸を含む飲み物などもおすすめです。 

スポーツドリンクやジュース類など糖分が多く含まれた飲み物を飲み過ぎると、体内への水分の吸収が悪くなったり、「ペットボトル症候群」と呼ばれるような急性糖尿病に陥ったりすることもあると言われています。
必要に応じて、水で薄めて飲んでいただくとよいと思います。 

⇒水素水の飲み方や作り方! 詳しくはこちら
⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら
⇒水分補給時の塩分の必要性 詳しくはこちら
⇒疲労回復のための4つの方法! 詳しくはこちら
⇒スポーツドリンクは水分補給に適している? 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水の糖分は?「清涼飲料水ケトーシス」について 詳しくはこちら

参考:
「第5回 暑い日のウォーキングと安全─安全に配慮した歩きと熱中症予防の対策─」一般財団法人日本万歩クラブ
https://www.gakken.jp/manpo/?page_id=18573

まとめ

それでは最後に、ウォーキング中の水分補給の仕方をまとめておきます。

・ウォーキング中には汗として体内の水分が失われるため、きちんと水分補給をすることが大切
・ウォーキング前に200ml程度の水を飲んでおく
・ウォーキング中には1時間に400mlを目安に、少量ずつこまめに水分補給を行う
・ウォーキング中の飲み物は基本的には水で良いが、発汗量が多い場合には適度な塩分も補給するとよい 

参考文献:

「夏のウォーキングと水分の補給方法」健康スポーツ医学研究委員会 委員 中村眞人医師
http://www.chiba.med.or.jp/general/millennium/pdf/millennium29_10.pdf#search=’%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0+%E6%B0%B4%E5%88%86%E8%A3%9C%E7%B5%A6′
「第5回 暑い日のウォーキングと安全─安全に配慮した歩きと熱中症予防の対策─」一般財団法人日本万歩クラブ
https://www.gakken.jp/manpo/?page_id=18573

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket