赤ちゃんの水分補給 いつから?何を飲ませればいい?

LINEで送る
Pocket

赤ちゃんの水分補給、どうしたらいいの?と思っているパパ・ママも多いかもしれません。
自分で「喉が渇いた」と言うことのできない赤ちゃんだからこそ、周りの大人がきちんと対処してあげたいですよね。

水分補給はいつからする?
母乳やミルク以外の水分補給は必要?
どんなものを与えたらいい?

赤ちゃんの水分補給に関する基礎知識をまとめました。

⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターは赤ちゃんに良い?上手な選び方・使い方 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんも喜ぶウォーターサーバー 知っておきたい6つのコト 詳しくはこちら

<目次>

赤ちゃんの水分補給はなぜ重要?
赤ちゃんの水分補給はいつから?
水分補給のための飲み物は?
 水、湯冷まし
 お茶
 イオン飲料
まとめ

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ
main_recipe

赤ちゃんの水分補給はなぜ重要?

赤ちゃん顔上げ成人の体はおよそ60%が水分ですが、赤ちゃんの場合はそれよりも多い70~80%が水分と言われています。
赤ちゃんのお肌がプルプルとみずみずしいのも、髪がツヤツヤと美しいのも、十分な水分が含まれているからです。

その一方で、赤ちゃんは脱水に陥りやすいということが挙げられます。
赤ちゃんは代謝が活発で、汗の量は大人の3倍にもなると言われています。
また、腎臓や膀胱の機能が未発達なため、おしっこの回数も多いです。
生まれたばかりの赤ちゃんでは、1日に10~20回ほどおしっこをすることもあります。

ですから赤ちゃんには、失われる分の水分をきちんと補給することが大切です。
赤ちゃんは喉が渇いたからと言って自分で水を飲むことも、それを訴えることも難しいですから、周りの大人が気を付けて水分を取らせてあげるようにしましょう。
汗を多くかいているようなとき、下痢や嘔吐があるときなどは、脱水に陥る危険性が高まります。
尿の量が減って色や臭いが強くなったり、唇が乾燥したりという様子は脱水のサインでもありますから、注意しましょう。

⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒脱水症とは―水分補給が欠かせないワケ 詳しくはこちら

赤ちゃんの水分補給はいつから?

赤ちゃんはどのくらいの月齢から水分補給が必要になるのでしょうか。

赤ちゃんミルクまず、離乳食を始める前は、与えるのは母乳やミルクのみでよいと言われています。
白湯や果汁を与えた方がよいと言われることもありますが、これらは必ずしも必要なものではありません。
母乳やミルクは赤ちゃんにとって栄養源であり、またその大部分は水分ですから、食事も水分補給もこれらで十分なのです。
汗を多くかいたときなどは、授乳間隔が短くてもほしがるだけ飲ませてあげるようにしましょう。
十分に母乳を与えていても唇などが乾燥している場合、ミルクの与えすぎが心配される場合などは、白湯などを与えても良いでしょう。

離乳食が始まったら、白湯やお茶などの飲み物も少しずつ与えるようにします。
ストローやコップで飲み物を飲むことの練習にもなります。
離乳食が順調に進むと、赤ちゃんは母乳やミルクよりも、離乳食から栄養を摂る割合が高くなっていきます。
母乳は赤ちゃんの精神的な安心のためのものとし、水分補給のための飲み物とは区別していくようにしましょう。

離乳食を始めると、母乳やミルクから得る水分量が減るために便秘になる赤ちゃんが多くいます。
赤ちゃんが便秘がちという場合には、水分補給が十分に行われているか確認してみましょう。

⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら
⇒赤ちゃんの便秘の原因と5つの解消法 詳しくはこちら

参考:
赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/

水分補給のための飲み物は?

最後に、赤ちゃんの水分補給のための飲み物について見ておきます。

水、湯冷まし

赤ちゃんに最初に与える飲み物は、水(湯冷まし)がおすすめです。
水道水をしっかりと沸騰させ、塩素や雑菌を除去したものを与えます。
浄水器や整水器(浄水モード)を活用するという方法もあります。
ミネラルウォーターを与える場合には軟水のものを選ぶほか、加熱殺菌処理が行われているかどうかをチェックしましょう。
ミネラルや不純物を除去したピュアウォーターは赤ちゃん用の水として活用されています。

⇒赤ちゃんの成長を応援! 生後0ヶ月~12ヶ月までの月齢別赤ちゃん 詳しくはこちら
⇒水道水の煮沸について なぜ水道水を煮沸するの?そのやり方は? 詳しくはこちら
⇒浄水器を上手に活用するために知っておきたい7つのポイント 詳しくはこちら
⇒整水器と浄水器の違い 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら

お茶

赤ちゃんに与えるお茶は、麦茶などカフェインの含まれていないものを選ぶようにしましょう。ミネラルウォーター
このように、大人用のお茶を薄めて与えるほか、赤ちゃん用のお茶を活用する方法もあります。

⇒麦茶を飲もう! 4つの豆知識 詳しくはこちら

イオン飲料

最近ではベビー用のイオン飲料も多く見かけるようになってきました。
体内への水分の吸収率が高く、発熱があるときや下痢をしたときに与えるとよいと言われています。
ただし甘味があるため、与え過ぎないようにしましょう。

まとめ

それでは最後に、赤ちゃんの水分補給についてまとめておきます。

・赤ちゃんは大人に比べて失われる水分量が多いため、意識して水分補給をさせる必要がある
・離乳食を始める前の赤ちゃんは母乳やミルクを主体とし、離乳食が始まったら白湯やお茶を飲ませていく
・赤ちゃんには一度沸騰させた水道水(湯冷まし)のほか、浄水器や整水器を通した水、ピュアウォーターがおすすめ
・必要に応じて、カフェインの含まれていないお茶、ベビー用イオン飲料などを活用するのもよい

参考文献:

 赤ちゃん&子育てインフォ|公益財団法人母子衛生研究会 http://www.mcfh.or.jp/

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket