保湿の基本

LINEで送る
Pocket

目次

(1)保湿とは
(2)保湿の仕組み
(3)保湿の方法

美肌のために欠かせないと言われる、保湿ケア。
皆さんはどんな方法で行っていらっしゃるでしょうか。

そもそも保湿ってどういうこと?
その正しい方法とは?

気になる保湿の基礎知識をまとめました。

TI-5HX

(1)保湿とは

「保湿」とは、“肌の湿度を保つ”ということです。

水分を十分に含んだ肌というのが、理想的な肌の状態。
ハリやツヤのある美しい肌のためには、水分が欠かせないのです。
赤ちゃんの肌がみずみずしく美しいのも、十分な水分が含まれているためです

反対に水分が減少した乾燥した肌は、カサカサとして見た目にも良くありませんよね
さらに乾燥することで外部からの刺激を受けやすくなり、
肌荒れなどのトラブルが引き起こされることも多いのです。

肌の水分は、年齢と共に減少しやすいと言われています。
ですから、美しく健康的な肌を保つためには、
保湿をきちんと行い肌の潤いを保つことが大切なのです。

(2)保湿の仕組み

私たちの肌には元々、肌の水分を外へ逃がさないようにする保湿機能が備わっています。

肌の保湿機能を果たすのは、次の3つです。

・皮脂膜

皮脂腺から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗などが混ざり合ってできたもので、
水分の蒸発を防ぐとともに、肌をなめらかにするものです。
多すぎるとベタつき、少なすぎるとカサついて肌のバリアが弱くなります。

・天然保湿因子(NMF)

主に角質細胞内に存在し、アミノ酸、尿素、乳酸、塩基類などで構成されています。
水分を吸着する性質があり、肌のうるおいを保ちます。
肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)の際に生成されます。

・角質細胞間脂質

セラミドに代表される物質で、角質細胞の間でセメントのような役割を果たしているものです。
細胞内の水分が逃げないようにすると共に、外部からの刺激に対するバリア機能を果たしています。
こちらもターンオーバーの過程で作られます。

保湿の働きのうち、2~3%ほどを皮脂膜が、17~18%ほどを天然保湿因子(NMF)が、
そして残りの80%ほどを角質細胞間脂質が担っていると言われています。

これらが減少してしまうと、肌の水分は蒸発し、乾燥しやすくなってしまいます。
保湿因子は加齢と共に減少することが知られているほか、
間違ったスキンケアや外部からの刺激によっても影響を受けると言われています。

(3)保湿の方法

では、正しい保湿の方法とはどのようなものなのでしょうか?

保湿は肌の水分を保つことであると述べましたが、
だからと言ってただ化粧水などを使って肌に水分を与えれば良いというわけではありません。
外側から水分を補っただけでは、すぐに蒸発してしまうからです。

大切なことは、体内の保湿機能を正常に働かせるようにするということです。
つまり、先に挙げた皮脂膜・天然保湿因子・角質細胞皮間質の3つが十分に生成され、
機能できる状態にする必要があるのです。
中でも保湿機能の80%ほどを担う角質細胞間脂質(主にセラミド)を補ってあげることが重要。
セラミドが配合された化粧品を使うほか、食事から取り入れるという方法もあります。

さらに天然保湿因子と角質細胞間脂質の2つは肌のターンオーバーの過程で生成されるものですから、ターンオーバーが正常なサイクルで行われるようにする必要もあります。
具体的には、睡眠をしっかり取る、栄養バランスの取れた食事を規則正しく食べるなど
生活習慣に気を付けるようにしましょう。

また、肌の水分は体の内側から届けられるものです。
私たちの体内の水分量はおよそ60%。
尿や汗によって排出される水分をきちんと補給することが、体内の水分量を維持し、
お肌の潤いを保つことにもつながります。
そのために必要と言われる水分補給の量は、約1.2リットル
電解水素水ミネラルウォーターなど、様々な特性を持つ水もありますので、
肌の保湿ケアのために上手に活用されてみてはいかがでしょうか。

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

スキンケア大学 「保湿のメカニズム」
⇒ http://www.skincare-univ.com/article/000003/
ウェブマガジン OPENERS 「岡部美代治 Vol.4 「保湿」と「潤い」―本来の形」
⇒ http://openers.jp/article/7082

LINEで送る
Pocket