ピロリ菌って何?病気との関係、検査・除菌方法

LINEで送る
Pocket

「ピロリ菌」という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

胃潰瘍や胃がんなど、胃の病気を引き起こす真犯人として注目が集まるようになった細菌です。
近年では、保険診療の範囲が拡大されたことからピロリ菌の除菌治療を行う方も増えています。

どんな菌?
感染するとどうなる?
病気との関係とは?
除菌は可能?

ピロリ菌についての知識をまとめました。

⇒整水器と浄水器の違いとは?整水器と浄水器の違いを知って、上手に選ぼう 詳しくはこちら
⇒整水器とウォーターサーバー 4つのポイントを比較! 詳しくはこちら

<目次>

ピロリ菌とは
ピロリ菌と病気
感染源
検査
除菌
まとめ

ピロリ菌とは

ピロリ菌は、正式名を「ヘリコバクター・ピロリ」と言います。
らせん状を意味する「ヘリコイド」と、細菌の「バクテリア」、また胃の出口付近(幽門)を表す「ピロルス」からその名がつけられたもので、幽門近くの胃粘膜に生息し、べん毛をスクリューのように回転させながら素早く移動しています。
1980年代にオーストラリアの研究者によって発見されました。

胃では、食べ物の腐敗を防ぐため、pH1~2の強力な酸性液である胃酸が分泌されています。
胃の中に入ってきた細菌はこの胃酸によって殺菌されてしまうため、通常胃の中に細菌は存在しないと考えられてきました。
しかしピロリ菌はアンモニアを生成することにより、胃酸を中和し、胃の中でも生息可能となります。

さらにピロリ菌によって生成されるアンモニアは、同時に胃粘膜にダメージを与え、胃の炎症(慢性胃炎)を引き起こします。
このようなダメージが続くことにより、胃潰瘍などその他の病気が引き起こされることもあると言われています。

⇒胃炎とは? 2つの胃炎、その症状・原因・治療法 詳しくはこちら
⇒胃潰瘍とは 症状や原因、治療法を知ろう 詳しくはこちら

ピロリ菌と病気

ピロリ菌が関係していると考えられている病気には、次のようなものがあります。

  • 慢性胃炎

ピロリ菌に感染すると、胃粘膜の炎症が慢性的に続いた「慢性胃炎」となります。
慢性胃炎の症状には胃もたれや胸やけ、食欲不振などがありますが、中には症状がまったくなく、健康診断等で初めて診断されるケースもあります。
慢性胃炎が進行すると、胃潰瘍や胃がんなどといった病気につながりやすいため、注意が必要です。

⇒胃炎とは? 2つの胃炎、その症状・原因・治療法 詳しくはこちら

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

粘膜の一部が傷つき、損なわれてしまった状態を「潰瘍」と言います。
胃粘膜でこのような状態になると「胃潰瘍」、十二指腸で起こると「十二指腸潰瘍」となりますが、胃潰瘍では原因の約70~80%、十二指腸潰瘍では約90%以上がピロリ菌であるとも言われています。
潰瘍が進行すると穿孔性潰瘍と呼ばれる穴の開いた状態になり、吐血や下血などの症状が現れるほか、腹膜炎を起こして生命の危険が生じることもあると言われており、注意が必要です。

⇒胃潰瘍とは 症状や原因、治療法を知ろう 詳しくはこちら
⇒十二指腸潰瘍の症状・原因・治療法 詳しくはこちら

  • 胃がん

ピロリ菌の感染による慢性胃炎は、胃がんの原因になるとも言われています。
胃がんは初期段階では自覚症状が少ないため、ピロリ菌がいる(いた)方は定期的に検査を受け、早期発見に努めることが大切です。

⇒「がん」とはどんな病気か がんの種類・患者数・治療法 詳しくはこちら

参考:
「病気のはなし 胃とピロリ菌について」公立学校共済組合 関東中央病院
https://www.kanto-ctr-hsp.com/ill_story/201901_byouki.html

ピロリ菌の感染源

ピロリ菌の感染率は、一般的に年齢が高くなるにつれて上昇する傾向があると言われています。
日本では、20代のピロリ菌感染率は20%以下であるものの、50歳以上の方では半数以上の方が感染しているとも言われています。
現在50歳以上の方が乳幼児だった当時は上下水道設備が今のように整っておらず、ピロリ菌に感染しやすい環境であったと考えられています。

現代では衛生環境も整い、ピロリ菌に感染する可能性は極めて低くなりました。
日常生活で人から人へピロリ菌が感染する確率は高くありませんが、乳幼児への食べ物の口移しなどは注意した方が良いでしょう。

⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい?水道水の成分や安全性 詳しくはこちら

ピロリ菌の検査

ピロリ菌に感染しているかどうかを検査する方法には、以下のようなものがあります。

  • 内視鏡検査

口から内視鏡を挿入して胃粘膜を観察し、採取した胃粘膜の組織を用いて検査を行う方法

  • 便中抗原検査

ピロリ菌は便に混ざって排出されることから、便と試薬を反応させて有無を調べる方法

  • 尿素呼気試験

特別な尿素を飲んだ後の呼気中の二酸化炭素の比率からピロリ菌の有無を調べる検査

  • 抗体検査

血液、もしくは尿を採取して、ピロリ菌に対する抗体の有無によって感染を調べる方法

参考:
「わかりやすい病気のはなしシリーズ29 ピロリ菌感染症」日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/029.pdf

ピロリ菌の治療

ピロリ菌検査によって感染が確認された場合、除菌治療を受けることが可能です。
その流れは以下のようになります。

まず、一次除菌療法として、胃酸の分泌を抑える薬と、2種類の抗菌薬を1週間服用します。
服用後4週間以上の間隔を空けて再度ピロリ菌の有無を検査します。
この時点でピロリ菌が確認されない場合は、除菌成功となります。
一次除菌が不成功に終わった場合には、薬の種類を変更して二次除菌療法を行い、再び4週間以上の間隔を空けて検査を行います。

一次除菌による成功率は約70%、二次除菌まで合わせると約95%と言われています。

2013年に保険適用範囲が拡大され、従来の胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者の方、早期胃がんを内視鏡で切除した方などに加え、内視鏡検査でピロリ菌感染胃炎が診断された患者さんも保険診療が受けられるようになりました。
ピロリ菌除菌は胃がんの予防を始めさまざまなメリットがあると言われていますから、医師と相談の上、治療が必要かどうかを判断することが求められます。

まとめ

それでは最後に、ピロリ菌についてまとめておきます。

・ピロリ菌とは、胃の幽門部に多く生息する細菌で、胃粘膜に棲みつきダメージを与える
・感染しても自覚症状は少ないが、胃粘膜が傷つけられることにより、さまざまな病気が起こりやすくなる
・ピロリ菌が原因となる病気には、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどがある
・日本では衛生環境が整っていない時代に感染が流行したと考えられており、50代以上の感染率が高い
・感染の有無を検査するためには、内視鏡検査、尿や便の検査、抗体検査などが行われる
・ピロリ菌の除菌は胃酸分泌役と抗菌薬を用いて行われ、二次除菌まででおよそ95%が除菌可能と言われる

参考文献:

「病気のはなし 胃とピロリ菌について」公立学校共済組合 関東中央病院
https://www.kanto-ctr-hsp.com/ill_story/201901_byouki.html
「わかりやすい病気のはなしシリーズ29 ピロリ菌感染症」日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/029.pdf
「くすりの話 45 ピロリ菌除菌が保険適用に」全日本民医連
https://www.min-iren.gr.jp/?p=26690
「『ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎』に対する除菌治療に関するQ&A一覧」日本消化器学会
https://www.jsge.or.jp/member/shikkan_qa/helicobacter_pylori_qa

LINEで送る
Pocket