脂質異常症はなぜ恐い? 脂質異常症について知っておくべき5つのコト

LINEで送る
Pocket

ストレス健康診断等で、
「中性脂肪が多い」
「コレステロールが高め」などと
言われたことがある方も多いのではないでしょうか。
このように、血液中の脂質の数値が異常になった状態を
「脂質異常症」と言います。

脂質異常症は、生活習慣病の中でも
近年患者数の増加が懸念されている病気の一つ。
自覚症状は少ないものの、放っておくと
命の危険にもつながることがあると言われる恐ろしい病気なのです。

脂質異常症ってどんな病気?
原因は?
どのくらいの人がかかっている?
何が怖いの?

気になる基礎知識をまとめました。

目次

(1)脂質異常症とは
(2)脂質異常症の診断基準
(3)脂質異常症の原因
(4)脂質異常症の患者数
(5)脂質異常症の症状、病気との関連
(6)まとめ

(1)脂質異常症とは

脂質異常症とは、血液中の脂質の量が異常になる病気のことです。

血液中に溶けている脂質には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂質があります。
これら脂質は、細胞膜を構成する、エネルギーの貯蔵庫となるなど、
生命を維持するために大切な役割を果たしています。
しかし食事から摂取する脂質の量が多すぎたり、
体内での脂質の運搬がうまく行われなくなったりして血液中の脂質の量が異常を示すと、
脂質異常症となります。

脂質異常症には、以下の3つのタイプはあります。

①高LDLコレステロール血症(LDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールが多すぎる状態)
②低HDLコレステロール血症(HDLコレステロール、いわゆる善玉コレステロール値が低い状態)
③高トリグリセライド血症(トリグリセライド、すなわち中性脂肪が多すぎる状態)

ちなみに、脂質異常症は以前「高脂血症」と呼ばれていました。
しかしHDLコレステロールについては、高い場合ではなく低い場合に問題となることから、
2007年から「脂質異常症」という病名が用いられるようになりました。
ただし現在でも「高脂血症」という呼び名が使われることもあります。

(2)脂質異常症の診断基準

では、具体的に血液中のコレステロールや中性脂肪の値がどれくらいだと
脂質異常症ということになるのでしょうか。

2012年、日本動脈硬化学会による「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」が5年ぶりに改訂され、
スクリーニングのための診断基準が以下のようにまとめられました。

脂質異常症:スクリーニングのための診断基準(空腹時採血)

 LDLコレステロール  140mg/dL以上  高LDLコレステロール血症
 LDLコレステロール  120-139mg/dL  境界域高LDLコレステロール血症
 HDLコレステロール  40mg/dL未満  低HDLコレステロール血症
 中性脂肪(トリグリセライト)  150mg/dL以上  高トリグリセライド血症

(日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年度版」より)

2007年度版の同ガイドラインと比較して診断基準値の変更はありませんが、
新たにLDLコレステロール値が120-139mg/dLを
「境界型LDLコレステロール血症」として設定しました。
これにより、生活習慣の改善が求められるとともに、
他の危険因子を考慮して早期治療介入の必要性が判断されることになります。

(3)脂質異常症の原因

脂質異常症は、その原因によって以下のようタイプに分けられます。

・原発性脂質異常症

原発性脂質異常症とは、遺伝子の異常によって血液中の脂質が細胞の中に取り込まれず、
血液中に溢れてしまうものです。
その中でも遺伝が大きく関係するものに「家族性高コレステロール血症」があります。
これは、血液中のコレステロールを取り込む働きをするLDL受容体が
生まれつき少ないことによって発病するもので、
両親のどちらかからその遺伝子を受け継いでいる人が
500人に1人ほどいると言われています。

・二次性(続発性)脂質異常症

二次性脂質異常症とは、他の病気や薬によって脂質異常症を発症するものです。
原因となる病気には甲状腺機能低下症や糖尿病などがあり、
薬としてはステロイドホルモン剤や利尿薬、避妊薬などが知られています。

また、脂質異常症の原因の8割以上は、生活習慣に関係するものとも言われています。
例えば、脂肪の多い食事、食べ過ぎ、過度の飲酒運動不足などが
脂質異常症の原因として挙げられています。
脂質異常症は、私たちが予防に努めるべき生活習慣病の一つなのです。

(4)脂質異常症の患者数

厚生労働省が2011年に行った「患者調査」によると、高脂血症の患者数は約188万6000人でした。
前回調査(2008年)と比較しておよそ45万3000人増加しており、
患者数の増加が懸念されています。

しかし、脂質異常症を自覚して治療を受けている人はほんの一部であり、
潜在患者の数はもっと多いと予測されています。

厚生労働省による「平成18年国民健康・栄養調査」によれば、
「脂質異常症が疑われる人」の数は約1410万人と推計されています。
この数はLDLコレステロール値のみを用いて判断したものであり、
日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年度版」の診断基準にある
LDLコレステロール、
HDLコレステロール、
中性脂肪の
3つを用いて判断した場合には、推計値は約4220万人でした。
(中性脂肪は食事の影響を受けるため、参考値となっています。)

同調査によれば、脂質異常症の診断基準の一つである
トリグリセライド値が基準値(150mg/dL)を上回る人の割合が
男性では約35%、
女性は約25%と
なっています。
脂質異常症を自覚している人はおよそ30%に過ぎないということも明らかにされました。

また、「平成22年国民健康・栄養調査」では、
医療機関や健診で「血中コレステロールが高い」と言われたことのある人は
男性が32.6%、
女性が34.1%でした。
そのうちこれまでに治療を受けたことがない人が
男性では49.9%、
女性は38.6%と、
半数近くなっています。

(5)脂質異常症が引き起こす病気

血液中の中性脂肪やコレステロールの値に異常があるからと言って、
痛みなどの自覚症状はありません。
ですから、脂質異常症の可能性を指摘されても、
適切な治療を受けずに放っておく人が多いと言われています。
しかし脂質異常症は、命の危険をも招きかねない恐ろしい病気なのです。

脂質異常症が大きく関係すると言われるのが、動脈硬化です。

血液中に溢れたLDLコレステロールは、
血管の内側に溜まって「プラーク」と呼ばれる“こぶ”を作ります。
これによって血管は硬く、脆くなります。
そして血液の流れが悪くなったり、血管壁がはがれたりして
血管を詰まらせてしまうことがあるのです。

これが心臓で起これば心筋梗塞脳で起これば脳梗塞となります。
いずれも日本人の死因上位を占める恐ろしい発作として知られていますが、
これらには動脈硬化が大きく関わっているのです。
動脈硬化の危険因子には高血圧や糖尿病なども知られていますが、
脂質異常症は特に重大な危険因子であると言えます。

ある日突然このような危険な状態に陥らないためにも、
脂質異常症に気が付いたら、生活習慣を改善したり、適切な治療を受けたりして、
早めに対処していくことが必要なのです。

(6)まとめ

それでは最後に、脂質異常症についてまとめておきたいと思います。

・脂質異常症とは、血液中の脂質の値に異常が生じている状態を言う
・高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症の3タイプがある
・脂質異常症には、遺伝やほかの病気などが関係している場合もあるが、
生活習慣が原因となることが多い

・脂質異常症の疑いがあっても、自覚している人や治療を受けている人の割合が
少ないことが指摘されている

・脂質異常症は動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の原因となることもある

【おすすめページ】

健康生活を送るために大切な7項目

おいしい水を飲むための7つの条件

美容に水が大切な7つのワケ

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

電解水素水の効果と特性とは

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

【生活習慣病 関連ページ】

水と生活習慣病の関係とは?生活習慣病の知識と予防15のポイント

生活習慣病とは?その患者数8大原因

「がん」とはどんな病気か知っておきたいがんの3つの基礎知識

脳卒中とは 4つのタイプ(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作)とその特徴、患者数

心臓病(虚血性心疾患)とは(心筋梗塞・狭心症) 3つの基礎知識

糖尿病って何?知っておきたい3つのコト

高血圧は危険なサイレントキラー!? 高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト

COPD、その4つの実態を知る

アルコール性肝障害お酒の飲み過ぎによって起こる、3つの病気

痛風は「ぜいたく病」ではない!現代病・痛風、3つの実態

認知症と正しく向き合うための、5つの基礎知識

脳卒中 5つの原因を知って正しく予防しよう

心臓病(虚血性心疾患)、4つの原因と3つの予防法

糖尿病の治療と予防、3つの方法

参考文献:

厚生労働省 「生活習慣病を知ろう!」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/index.html
一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 「脂質異常症(高脂血症)」
⇒ http://www.seikatsusyukanbyo.com/guide/11.php
日本動脈硬化学会
⇒ http://www.j-athero.org/index.html
一般社団法人 日本臨床内科医会 「脂質異常症」

http://www.japha.jp/doc/byoki/020.pdf#search=’%E8%84%82%E8%B3%AA%E7%95%B0%E5%B8%B8%E7%97%87+%E6%82%A3%E8%80%85%E6%95%B0′

厚生労働省 「患者調査」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/10-20.html
厚生労働省 「国民健康・栄養調査」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>