脳卒中とは 4つのタイプ(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作)とその特徴、患者数

LINEで送る
Pocket

「脳梗塞」や「くも膜下出血」などといった病名を生活習慣病
聞かれたことがある方も多いと思います。
これら脳の血管に関係する病気を、「脳卒中」と言います。

身近に発症した方がいる――。
自分もかからないか心配――。
そもそも脳卒中とはどのような病気で、
どのようにして起こるのでしょうか。

ここでは、脳卒中という病気の4つのタイプやその特徴、
また脳卒中の患者数などについてまとめます。

目次

(1)脳卒中とは
  1-1脳梗塞
  1-2脳出血
  1-3くも膜下出血
  1-4一過性脳虚血発作
(2)脳卒中に関する統計
  2-1死因に占める割合
  2-2脳卒中患者数
(3)まとめ

(1)脳卒中とは

脳卒中(脳血管疾患)とは、脳の血管が詰まったり、破れたりすることによって
神経症状が現れる疾患の総称です。

「脳卒中」という言葉には、「卒然として、邪風に中って倒れる」という意味があります。
こう表現される通り、突如意識を失って倒れる、半身が動かなくなる、
言葉が出なくなる、などが脳卒中の代表的な症状です。

脳卒中は、その起こり方によって以下のように分類されます。

1-1脳梗塞

脳の血管が詰まることにより、脳細胞が酸欠状態になって壊死、
またはそれに近い状態になってしまうもの。
大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

①ラクナ梗塞

脳の細い血管が損傷を受けて狭くなり、詰まってしまうもの。
日本人には比較的多いタイプであると言われています。
症状は比較的軽いものの、繰り返すとパーキンソン症候群などを起こすことがあります。
高血圧が主な要因として挙げられます。

②アテローム血栓性梗塞

脳の太い血管が動脈硬化(アテローム硬化)を起こして狭くなり、血栓が詰まってしまうもの。
欧米人に多いタイプと言われていますが、近年では日本人でも発症する人が増えています。
半身麻痺や感覚障害のほか、失語や失認など重篤な症状が現れることもあります。
高血圧や高脂血症、糖尿病など生活習慣病に起因するところが大きいと言われています。

③心原性脳塞栓症

心臓でできた血栓が運ばれ、脳の血管を詰まらせるもの。
原因となる心臓の病気としては、心房細動、リウマチ性心臓病などがあります。
それまで正常に流れていた血管が突然詰まるため、症状は重く、
その範囲が広くなることも多いです。

1-2脳出血

脳の細い血管が破れて出血し、それによって神経細胞が死んでしまうもの。
高血圧が続くことで血管に圧力がかかったり、
加齢によって血管が脆くなったりすることが原因として考えられます。
活動中に突然頭痛やめまい、嘔吐などの症状が現れ、
半身麻痺や意識障害が起こることがあります。

1-3くも膜下出血

脳を覆っている膜は、内側から軟膜・くも膜・硬膜の3つがありますが、
このうちくも膜と軟膜の間にある血管にできた動脈瘤(こぶ)が破れ、
血液が脳全体を圧迫するもの。
突然激しい頭痛や嘔吐などの症状が現れ、意識を失ってしまうことが多く、
ひどい場合には生命の危険もあります。
同じ家系で発症することが多いとも言われており、
家族に発症した方がいる場合には注意が必要になります。

1-4一過性脳虚血発作

脳卒中のうち脳の血管が詰まるタイプで、一度詰まっても24時間以内に回復するもの。
一時的にろれつが回らなくなる、半身が動かなくなるなどの症状が現れますが、
血液が流れ始めると症状はなくなります。
ただし、これは“脳梗塞の前触れ”と言われており、
数日以内に脳梗塞を起こす場合が多いことから、すぐに医療機関への受診が求められます。

(2)脳卒中に関する統計

 2-1死因に占める割合

脳卒中(脳血管疾患)は、1951年から1980年までの間、日本人の死因の第1位でした。
しかし1970年をピークに脳卒中の死亡数・死亡率は減少し、
1981年にがんに代わり第2位に、
1985年には心疾患に続いて第3位となり、
2011年以降は肺炎に次いで第4位となっています。

2013年に脳卒中で亡くなった人はおよそ11万8,347人であり、
全体の死亡数(126万8,436人)のおよそ9.3%となっています。
この数は、死因の第1位を占めるがんの死亡数(37万5,687人)の3分の1程度です。

脳卒中のなかでも、かつては高血圧治療の困難や、
栄養不良による血管の脆弱などを原因とする脳出血が死亡数の多くを占めていました。
しかし現代では、これらが改善された代わりに高脂血症や糖尿病による脳梗塞の
死亡数が増えています。
脳卒中による死亡数の中では、
脳梗塞によるものがおよそ60%、
脳出血によるものがおよそ25%、
くも膜下出血によるものがおよそ10%となっています。

2-2脳卒中患者数

では、脳卒中の患者数はどのくらいいるのでしょうか。

2011年の患者調査(厚生労働省)によると、脳卒中の患者数はおよそ123万5,000人。
死因第1位であるがんの患者数はおよそ152万6,000人であり、
患者数自体にはそれほど大きな違いは見られません。
ですから、脳卒中の死亡数・死亡率減少の背景には、患者数の減少よりも、
脳卒中を発症しても死亡にまで至らないケースが増えていることが考えられます。

ただし、患者数の推移を見てみると、
[1996年]約172万9,000人、
[1999年]約147万4,000人、
[2002年]約137万4,000人、
[2005年]約136万5,000人、
[2008年]約133万9,000人と、
確かに減少していることがわかります。

しかし、脳卒中の要因となる高血圧や脂質異常症、糖尿病患者数は増加傾向にあり、
その危険性は依然高いものです。
脳卒中は直接死につながらなくても、重大な後遺症が生じたり、
長期的なリハビリが必要であったりと、患者さんにとっての負担は大きなものであることから、
注意が必要な疾患であると言えるでしょう。

(3)まとめ

最後に、脳卒中の基礎知識についてまとめます。

・脳卒中とは、脳の血管が詰まったり破れたりすることにより
意識障害や半身麻痺、言語障害などの症状が現れる病気の総称

・脳卒中には、脳梗塞と脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血性発作の4つのタイプがある
・脳の血管が詰まるものを脳梗塞と言い、高血圧や高脂血症、糖尿病といった
生活習慣病との関連が指摘されている

・脳出血は脳の血管が破れて出血するもので、突然の頭痛や嘔吐と共に半身麻痺や意識障害が
現れることがある

・くも膜下出血はくも膜下で出血が起こり脳全体を覆うもので、同じ家系で多く見られることもある
・一過性脳虚血発作は症状が一時的であるものの、数日以内に脳梗塞が起こることがあり注意が必要
・脳卒中の死亡数・死亡率はかつて第一位だったが、現在は第四位であり、減少傾向にある
・脳卒中の患者数はおよそ123万5000人で、近年は減少傾向にあるものの、
その危険性は依然として高い

【おすすめページ】

健康生活を送るために大切な7項目

おいしい水を飲むための7つの条件

美容に水が大切な7つのワケ

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

電解水素水の効果と特性とは

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

【生活習慣病 関連ページ】

水と生活習慣病の関係とは?生活習慣病の知識と予防15のポイント

生活習慣病とは?その患者数8大原因

「がん」とはどんな病気か知っておきたいがんの3つの基礎知識

心臓病(虚血性心疾患)とは(心筋梗塞・狭心症) 3つの基礎知識

糖尿病って何?知っておきたい3つのコト

高血圧は危険なサイレントキラー!? 高血圧を予防するために知っておきたい3つのコト

COPD、その4つの実態を知る

脂質異常症はなぜ恐い?脂質異常症について知っておくべき5つのコト

アルコール性肝障害お酒の飲み過ぎによって起こる、3つの病気

痛風は「ぜいたく病」ではない!現代病・痛風、3つの実態

認知症と正しく向き合うための、5つの基礎知識

脳卒中 5つの原因を知って正しく予防しよう

心臓病(虚血性心疾患)、4つの原因と3つの予防法

糖尿病の治療と予防、3つの方法

参考文献:

厚生労働省 「生活習慣病を知ろう!」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/index.html
厚生労働省 e-ヘルスネット
⇒ http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/
厚生労働省 「平成25年(2013)人口動態統計(確定数)の概況」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei13/
厚生労働省 「患者調査 結果の概要」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/10-20-kekka_gaiyou.html
国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス
⇒ http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/index.html

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>