生活習慣病の8大原因とは

LINEで送る
Pocket

ジョギングする老夫婦様々な生活習慣が引き金となって発症すると言われる、生活習慣病。
原因となる生活習慣には具体的にどんなものがあるのでしょうか?

普段の何気ない習慣が、病気のリスクを高めているかも!?

ここでは、生活習慣病を引き起こす8つの原因についてご紹介します。

目次

(1)食生活
(2)運動不足
(3)喫煙
(4)飲酒
(5)睡眠
(6)ストレス
(7)遺伝
(8)環境
(9)まとめ

(1)食生活

生活習慣病のもっとも大きな原因の一つが、食生活です。
中でも生活習慣病を引き起こす食生活として、次のものが挙げられます。

・摂取エネルギー量の過多

摂取エネルギー>消費エネルギーの場合、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられ、
肥満の原因となります。
肥満は様々な生活習慣病の原因になりやすいと言われており、注意が必要となります。
摂取エネルギーが多くなる原因としては、過食のほか、脂っこいものやお菓子など
カロリーの高いものの摂りすぎなどが考えられます。

・塩分の過剰摂取

日本人の食生活の中でも特に危惧されているのが、塩分の過剰摂取です。
塩分の過剰摂取は高血圧の大きな原因となります。
高血圧の患者数は、2011年の厚生労働省の患者数調査でも第1位(約906万人)となっており、
虚血性心疾患や脳血管疾患の要因としても危険視されています。

・脂質の過剰摂取

血液中の脂質(中性脂肪、コレステロール)が異常な状態を「脂質異常症」と呼びます。
こちらも患者数の増加と、様々な生活習慣病との関連性が指摘されています。
原因として、動物性脂肪や糖質、コレステロールを多く含む食品の摂りすぎが挙げられます。

・不規則な食生活

食事の内容に加えて、食事の仕方も生活習慣病の原因になります。
例えば朝食を抜く方も多いですが、これにより昼食を食べ過ぎたり、
少ない食事でエネルギーを溜め込もうとすることによって肥満になりやすくなる指摘があります。
また、夜遅い時間帯の食事も、内臓に負担をかける、眠りの質を低下させる、
などの悪影響があるとされています。

(2)運動不足

運動不足も、生活習慣病を引き起こす原因の一つです。

運動不足による影響が特に大きいのが、肥満です。
摂取エネルギー量が同じでも、運動による消費エネルギー量が少なければ
脂肪が蓄積されやすくなります。
さらに運動が不足していると、筋肉が落ちてしまい、
基礎代謝量(何もしていないときにも消費されるエネルギー)が
低下して太りやすい体になってしまいます。
見た目にはそれほど太っていなくても、内臓脂肪の量が多い「かくれ肥満」も
運動不足が影響していると言われています。

さらに、運動不足によって内臓や骨などの機能低下、体力の衰退などが起こりやすくなり、
病気になりやすくなることが指摘されます。

運動不足は食生活とともに、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心臓病や脳卒中など様々な
生活習慣病の原因として挙げられており、注意が必要です。

(3)喫煙

生活習慣病の原因として、世界的にもその危険性が指摘されているのが、喫煙です。

たばこには、ニコチン、タール、一酸化炭素が含まれています。
ニコチンは一時的に血管を収縮させ、血圧を上昇させる。
一酸化炭素は本来酸素と結合するはずのヘモグロビンと先に結合してしまうことによって、
一時的な酸欠状態を作ってしまいます。
これらの作用により、高血圧や動脈硬化が起こりやすくなり、
心臓病や脳卒中につながることがあるのです。
タールには、有害性物質が含まれているとされ、
これにより、肺や消化管に障害がもたらされる危険性が高くなります。

喫煙が主な原因となることで知られる生活習慣病に、COPD(慢性閉塞性肺疾患)があります。
たばことの関わりが深いことから「たばこ病」と呼ばれるようにもなっています。

肥満や糖尿病にも喫煙が影響することがあると言われています。

(4)飲酒

「酒は百薬の長」という言葉があるように、適量の飲酒は血流や内臓機能を促進したり、
ストレスを解消したりといったよい効果があると言われます。
しかし、酔うと自制心が効かなくなり、ついつい飲み過ぎてしまうことも。
それによって、以下のような生活習慣病のリスクが高まります。

・エネルギー過多により肥満になりやすくなる
・中性脂肪を増加させる
・血圧を上昇させる
・ビールに多く含まれるプリン体が痛風の原因となる

飲酒が主原因となる生活習慣病として、アルコール性肝障害が挙げられます。
脂肪肝として始まったものが、飲酒を続けることによってアルコール性肝炎、
アルコール性肝硬変と進行していきます。
肝臓は「沈黙の臓器」とも言われており、重症化するまで症状が現れにくい点に注意が必要です。

(5)睡眠

毎日の睡眠もまた、生活習慣病の大きな原因となります。
睡眠のトラブルは、睡眠の時間に関係するものと、睡眠の質に関係するものとに分けられます。

睡眠時間の問題、特に睡眠不足が与える影響として、食欲を減退させるホルモンを減少させ、
食欲を高めるホルモンを増大させると言われています。
睡眠不足が慢性的な疲れや、精神的なストレスを引き起こすことは、
実際に経験がある方も多いのではないでしょうか。
このような生活の乱れが、さまざまな生活習慣病の原因となることもあります。

また、睡眠の時間は十分でも、熟睡できていないなど何らかの障害が生じているケースも、
最近では増えてきています。
例えば「無呼吸症候群」と呼ばれる症状をお持ちの方は、
低酸素血症や代謝異常などの状態に陥りやすく、
高血圧や虚血性心疾患、脳血管疾患のリスクが高まると言われています。
また、入眠困難や中途覚醒などの慢性不眠症状をお持ちの方は、
そうでない方に比べて糖尿病のリスクが高いということが知られています。

(6)ストレス

近年、生活習慣病の原因として重要視されるようになってきているのが、ストレスです。

ストレスは、不安やイライラといった精神的なトラブルを引き起こすのはもちろんのこと、
それによって胃腸の不調などの肉体的なトラブルも引き起こすことがあります。
また、ストレスは血圧を上昇させる、血中のコレステロール濃度や血糖値を高めるなど、
生活習慣病に大きく関係しているとも言われています。

また、ストレスが直接的に健康トラブルを生じさせるケース以外にも、
ストレスによって喫煙や飲酒、食事量が増えたり、
不眠になったりというように、生活習慣が乱れやすくなり、
それによって病気にかかるリスクが高まることも指摘されています。

(7)遺伝素因

生活習慣病は、今まで見てきたような生活習慣が原因となって発症する病気です。
しかし、そこには遺伝素因、すなわち体質も大きく関係していると言われています。

「肥満になりやすい体質の家系である」「家族や親戚に糖尿病患者が多い」などと
言うことがありますが、何らかの体質的な影響がある可能性もあります。

しかし、このような体質は遺伝によるものではなく、
食事や喫煙など同じような生活習慣に由来している場合もあります。
「体質だから」とあきらめるのではなく、まずは生活習慣を見直すことが大切です。

また、病気にかかりやすい体質であっても、100%発症するわけではありません。
生活習慣に気を付ける、定期的に検査を受けるなどして、
生活習慣の予防や早期発見に努めるようにしましょう。

(8)環境要因

生活習慣と遺伝素因に加えて、生活習慣病の原因として挙げておきたいのが、環境要因です。

環境要因とは、外部から受けるものであり、自己の力で防ぐのは難しいです。
生活習慣病の環境要因として、以下が挙げられます。

・有害物質(大気汚染や水質汚染などによる)
・紫外線
・病原体やウイルス
・事故の後遺症

職業環境や住環境によって、このような環境下に長く置かれると、
病気にかかるリスクが高まります。
これらを排除して生活習慣病を防ぐには、環境を変える必要があります。

(9)まとめ

最後に、生活習慣病の原因についてまとめます。

・食べ過ぎや塩分の過剰摂取、不規則な食生活などが生活習慣病の原因となる
・運動不足は肥満や体力低下を引き起こし、生活習慣病のリスクを高める
・喫煙はCOPDのほか肥満や糖尿病の原因にもなるとして、世界的にもその危険性が指摘されている
・過度の飲酒は病気のリスクを高めるほか、生活習慣の乱れを引き起こすこともある
・睡眠不足や睡眠の質の低下が原因となって、生活習慣病に発症することもある
・ストレスは心身の不調を引き起こすほか、喫煙や飲酒、食べ過ぎなどにつながる恐れがある
・生活習慣病には遺伝素因(体質)も関係しているが、生活習慣と併せて考えていくことが必要
・有害物質や病原体、紫外線などといった環境要因が、生活習慣病を引き起こすこともある

参考文献:

厚生労働省 「生活習慣病を知ろう!」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/

文部科学省 「朝食欠食と生活習慣病」⇒http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/08/17/1296500_3.pdf#search=’%E6%9C%9D%E9%A3%9F%E6%AC%A0%E4%B9%8F%E7%8E%87+%E7%94%9F%E6%B4%BB%E7%BF%92%E6%85%A3%E7%97%85′

e-ヘルスネット (厚生労働省)
⇒ http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/

全国健康保険協会 「生活習慣病とその予防」
⇒ https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450

LINEで送る
Pocket

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>