赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方

LINEで送る
Pocket

目次

(1)赤ちゃんのミルクの作り方
(2)ミルクに適した水とその使い方
  2-1水道水
  2-2浄水器を通した水
  2-3整水器を通した水
  2-4容器入りミネラルウォーター
  2-5ウォーターサーバー
  2-6赤ちゃん用の水
(3)まとめ

赤ちゃんのミルク作り。
生まれたばかりの大切な赤ちゃんのために、
様々なことに気を付けている方が多いのではないでしょうか。

中でも気になるのが、ミルクと水の関係。
ミルクを作る際のお湯の温度は?
水道水ミネラルウォーターどんな水を使ったら良い?

ここでは、赤ちゃんの基本的なミルクの作り方や水の種類、
その使い方についてみていきます。

main_recipe

(1)赤ちゃんのミルクの作り方

日本では、従来粉ミルクの調乳方法に関する体系的なガイドラインはありませんでした。
しかし2007年、世界保健機構(WHO)及び国連食糧農業機関(FAO)によって、「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」が作成され、日本でもこのガイドラインに沿った指導が行われるようになりました。

中でも大きなポイントとして挙げられるのが、ミルクの調乳に使うお湯の温度です。
それまでの国の指導では、40~50℃のお湯を使うことになっていました。
しかしWHO/FAOのガイドラインが採用されたことにより、日本でも厚生労働省指導の下すべての粉ミルクの調乳に70℃以上のお湯を使うことが求められるようになりました。
粉ミルクの製造過程、及び保管において完全に無菌にすることは難しく、また哺乳瓶やスプーン等の器具にも菌が付着する恐れがあることから、より安全な方法として70℃以上という温度が勧められるようになったのです。

その他、同ガイドラインによるミルクの作り方をまとめると以下のようになります。

・哺乳瓶やスプーンなど、調乳に使用する道具をよく洗い、消毒しておく
・石鹸を使って手を洗い、清潔な布巾で拭く
・粉ミルクを溶かすお湯は70℃以上のものを使う
・哺乳瓶を流水にあてるか、冷水の入った容器に入れ、体温くらいの温度にまで冷ます
・腕の内側にミルクを垂らして温度を確認する
・作ってから2時間以上経過したミルクや飲み残しのミルクは破棄する

※ミルクの作り方の詳細は、各製品の説明書に従うようにしてください。

(2)ミルクに適した水とその使い方

赤ちゃんのミルクを作る際には、使う水の種類や使い方について気になる方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんに与える水の条件として、以下の2つが挙げられます。
・不純物が少なく、清浄であること
・軟水であること(ミネラル含有量が少ないこと)

ミネラルは人間の体に必要な成分ですが、内臓機能が未発達な赤ちゃんが大量に摂取してしまうと、負担が大きくなり、お腹を壊してしまうこともあると言われています。
粉ミルクには元々赤ちゃんに必要な量のミネラルが配合されているため、ミネラルが多く含まれた水と合わせるとそのバランスが崩れてしまうこともあります。
ですから、粉ミルクを作る水はミネラルの含有量の少ない軟水のものを選ぶようにしましょう

それでは具体的に、私たちの身の回りの水は粉ミルクの調乳に適しているかどうか、どのように使ったら良いかということを見ていきたいと思います。

2-1水道水

日本の水道水は水道法に基づいて水質基準が厳しく定められており、水質が非常に良いことで知られています
また、日本の水道水はほとんどが軟水です。
ですから、粉ミルクの調乳に水道水を使ってはいけないということはありません。

しかし、水質を良くするために使われる塩素が、水の味わいや香りを損ねることがあるほか、赤ちゃんに負担をかけるのではないかと心配される方も多いと思います。
また、貯水槽を使用している集合住宅などでは、水質を維持することが難しいという問題もあります。

ミルクを作る際に水道水を使う場合には、一度しっかりと沸騰させてカルキ抜きや除菌をすると良いと言われています。
また、以下のように浄水器や整水器を使う方法もあります。

2-2浄水器を通した水

浄水器は、水道水から塩素や不純物を除去あるいは減少させるための機器です
赤ちゃんに清浄な水を与えたいという思いから、妊娠をきっかけに導入される方も多くなっています。

浄水器と一口に言っても、除去できる物質の種類や量は製品によって異なります。
浄水器を選ぶときにはこれらの点を確認するようにしましょう。
また、浄水器を付けていれば安心ということではなく、カートリッジの交換や日常的なお手入れをきちんと行うことも大切です。

2-3整水器を通した水

整水器とは、「電解水素水整水器」や「アルカリイオン整水器」などと呼ばれる、家庭用電解水生成器です。
最近では、毎日の健康のために整水器を使って電解水素水を飲用される方も増えてきました。

整水器では、電解水素水・酸性水・浄水の3種類の水を生成することができます。
ミルク作りに使う場合には、切り替えスイッチなどで「浄水」を選択するようにしましょう。
赤ちゃんが大人と同じような食事ができるようになったら、電解水素水を与えても問題ないと言われています。

2-4容器入りミネラルウォーター

飲用や調理用に容器入りのミネラルウォーターを使われる方が増えていますが、赤ちゃんのミルク作りにはどうなのでしょうか?

近年では、国内外の様々な種類のミネラルウォーターが販売されるようになっています。
赤ちゃんのミルク作りに使う場合には、この用途に適したものを選ぶ必要があります。

先にも述べたように、ミルクの調乳には、ミネラルがあまり多く含まれていない軟水が向いています。
国産のミネラルウォーターは多くが軟水ですが、輸入物のミネラルウォーターの中には硬度の高いものもありますので注意が必要です
さらに軟水の中でも、できるだけミネラルの含有量が少ないものを選ぶようにしましょう。

また、日本のミネラルウォーターはほとんどが製造過程で加熱殺菌されており、ミルク作りに使う際には煮沸しなくてもよいとされています。
湯冷ましとしてもそのまま使えるものもあります。
詳しくは各製品の説明書き等で確認するようにしてください。

2-5ウォーターサーバー

今多くの家庭に導入されている、ウォーターサーバー
こだわりの水を自宅まで宅配してもらうことができる点や、冷水と温水の2種類を楽しむことができる点が魅力ですよね。
粉ミルクの調乳にも活用されています。

ウォーターサーバーの温水は80~90℃に設定されているので、そのまま粉ミルクを溶かすのに利用できます。
また、湯冷ましとして冷水を加えて適温に調整することも可能です。
(冷水をそのまま加えることの可否についてはメーカーにご確認ください。)
ですから、赤ちゃんを待たせることなくミルクが作れるとして、ウォーターサーバーを利用するご家庭が増えているのです。

ウォーターサーバーには、主に以下の2種類の水があります。

・ミネラルウォーター

容器入りのものを使う場合同様、軟水のものを選ぶようにしましょう。

・RO水

RO膜と言われる特殊な膜を使って、原水(水道水や地下水)に含まれるほとんどすべての物質を除去した水です。
通常ミネラルも除去されていますが、後からミネラルを配合しているものもありますので、確認が必要です。

2-6赤ちゃん用の水

容器入りの水の中には、「赤ちゃん用の水」として販売されているものも多くなっています。
これらは、天然水水道水を原水とし、RO膜などを使ってミネラルや不純物を除去したもので、「純水」や「ピュアウォーター」などとも呼ばれています。
清浄で、ミネラルもほとんど含まれないことから、粉ミルクの調乳に適しているとされています。

もちろん、「赤ちゃん用の水」と一口に言っても、原水や処理方法は様々です。
沸騰が必要かどうかなど、調乳の際の使い方も異なりますので、前もって確認しておきましょう。

(3)まとめ

それでは最後に、赤ちゃんのミルクの作り方と水の選び方・使い方をまとめておきたいと思います。

・粉ミルクの調乳には、70℃以上のお湯を使うことが求められている
・水道水でミルクを作る場合には、一度しっかりと沸騰させてカルキ抜きすると良い
・浄水器を通した水や、整水器の浄水モードを活用をミルクに使う人も増えている
・容器入りのミネラルウォーターは、ミネラル含有量の少ない軟水のものを選ぶ
・ウォーターサーバーの温水と冷水を使うことで、より手軽にミルクが作れる
・「赤ちゃん用の水」を使う場合には、原水や処理法、使い方などを確認しておく

【※】

おいしい水で健康生活を目指す日本トリムでは、電気分解して陰極から生成される水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水「アルカリ性電解水」を電解水素水、陽極から生成される「酸性電解水」を酸性水と呼びます。

参考文献:

厚生労働省 「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/kanshi/070605-1.html

LINEで送る
Pocket