水は通販で購入しよう!通販で購入できる水の種類や値段、注意点とは?

LINEで送る
Pocket

水を通販で購入する方が増えています。
通販なら自宅まで届けてもらえるので、重い水を自分で運ばずに済むというのが魅力。
さらに水の種類や価格も通販のほうが豊富です。
一方、いろんな水がありすぎてどれを選んだらいいかわからない…という経験をされた方も多いのではないでしょうか。
そこでここでは、通販で購入できる水の種類や値段、通販を利用する際の注意点などをご紹介します。

⇒整水器と浄水器の違いとは?整水器と浄水器の違いを知って、上手に選ぼう 詳しくはこちら
⇒整水器とウォーターサーバー 4つのポイントを比較! 詳しくはこちら

<目次>

通販で購入できる水の種類
水は通販で買うと安い?
水を通販で購入する際の注意点
まとめ  

通販で購入できる水の種類

通販では、さまざまな種類の水が販売されており、「どんな違いがあるの?」と思った方も多いのではないでしょうか。
通販で販売されている水には、次のようなものがあります。
それぞれの特徴を知ったうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

・ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、地下水をくみ上げて加熱殺菌等の処理をほどこしたものを指します。
中でも最低限の処理のみを行ったものが「天然水」と呼ばれます。
採水地や処理方法によって含まれる成分が異なり、味わいにも違いが生まれます。
日本のミネラルウォーターは一般的に「軟水」が多く、ヨーロッパのものは「硬水」が多いと言われます。
軟水はまろやかで飲みやすく、硬水はややこわばった飲み口が特徴です。

⇒ミネラルウォーターを楽しもう ミネラルウォーターの種類や硬度、上手な使い方 詳しくはこちら

・RO水(ピュアウォーター)

水道水や地下水などを原水とし、RO膜と呼ばれる特殊な膜を使って水に含まれるほとんどすべての不純物を除去した水です。
ミネラル成分も除去されているので、味は無味無臭に近いです。
清浄性が高いことから、赤ちゃんのミルクや、料理をつくる際に活用している方もいます。
不純物を除去した後に、ミネラル成分を添加している製品もあります。

⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら

・炭酸水

炭酸ガスを含んだ水。
海外では元々炭酸水を飲む習慣がありましたが、日本でも近年健康や美容に役立つとして飲用する人が増えてきています。
天然の炭酸ガスを含んだミネラルウォーター(天然炭酸水)と、RO水などに人工的に炭酸ガスを加えた人工炭酸水とがあります。
元々の水の性質や炭酸の強さなどによって飲みやすさも異なりますので、自分に合うものを選ぶことが大切です。

⇒炭酸水を楽しもう! 炭酸水の特徴と上手な使い方 詳しくはこちら

・海洋深層水

水深200m以深の海水を「海洋深層水」と言います。
海洋深層水をくみ上げて脱塩したものが、飲料水として活用されています。

⇒海洋深層水ってどんな水?海洋深層水の特性と活用方法 詳しくはこちら

・水素水

ミネラルウォーターやRO水などに水素ガスをバブリングした水。
ペットボトル容器では水素が抜けてしまいやすいため、アルミボトル容器のものが多くなっています。

⇒水素水の飲み方や作り方!電解水素水の特性・効果や様々な電解水のことを知ろう 詳しくはこちら

・酸素水

ミネラルウォーターやRO水などに酸素を溶け込ませた水。
酸素を補給するためのアイテムとして注目されています。

⇒酸素水ってどんな水?その特徴や使い方について 詳しくはこちら

参考:
藤田紘一郎監修『ミネラルウォーターの処方箋』日東書院本社

水は通販で買うと安い?

通販で水を購入する場合には、値段も気になりますよね。
店頭販売と通販では、どちらのほうが安く購入できるのでしょうか?
通販では、水はケース販売されていることがほとんどです。
大手通販サイトを見ると、2ℓペットボトル12本入り一箱1000~1500円前後、500mlペットボトル48本入り一箱2000~3000円前後というのが一般的なようです。
1本あたりの値段で換算すると、2ℓペットボトルが100円前後、500mlペットボトルが50円前後となります。
コンビニや自動販売機と比べれば安いですが、ドラッグストアなどでは同じような値段で販売されている場合があります。
通販ショップや本数によっても価格が変わることがありますので、よりお得なものを探してみてください。
また、通販の場合には製品の価格とは別に送料がかかる場合もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

⇒ミネラルウォーターを通販で買う3つのメリット 詳しくはこちら

水を通販で購入する際の注意点

非常に便利な通販ですが、デメリットはあるのでしょうか?
先にも述べたように、通販では水はケース販売されていることがほとんどです。
安いからと言ってたくさん入ったものを購入してしまい、保管場所に困ったという声も聞かれます。
容器入りの水はなるべく直射日光のあたらない冷暗所に保管したほうがよいと言われていますから、あらかじめ十分な保管スペースを確保したうえで購入することをおすすめします。
また、大量に購入したのに口に合わなかった…ということがないよう、店舗などで購入して気に入ったものを通販でまとめ買いしたほうが安心です。
通販は自宅まで届けてもらうことができて便利な一方、配送に日数がかかったり、受け取りが必要だったりということもあります。
配達日時指定ができるかどうかを確認し、都合のよい日時に受け取れるようにしておきましょう。

⇒ミネラルウォーターを宅配で楽しむ2つの方法と、メリット・デメリット 詳しくはこちら

まとめ

それでは最後に、通販で水を購入する際のポイントをまとめておきます。

・通販で購入できる水には、ミネラルウォーターやRO水、海洋深層水、水素水などさまざまな種類がある
・通販では水はケース売りがほとんどであり、ショップや製品によっても価格は異なる
・通販で水を購入する際には、保管スペースの確保や、受け取り日時の指定をしておくと安心

参考文献:

藤田紘一郎監修『ミネラルウォーターの処方箋』日東書院本社
井上正子監修『基礎知識からわかるミネラルウォーターBOOK』新星出版社

LINEで送る
Pocket