健康のための水の飲み方とは? 今日から始められる4つの方法

LINEで送る
Pocket

健康のために水を飲むよう心がけている方、増えていますよね。
でも、その水の飲み方、
本当に健康のためになっているのでしょうか?

健康のためには、ただ水を飲めばよいというわけではありません。
その量やタイミング、温度など、
さまざまな点に気を配る必要があります。

健康のためには、どのように水を飲んだらよい?
4つのポイントをご紹介します。

⇒健康生活を送るために大切な7項目 詳しくはこちら
⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら

目次

1日に必要な水の量は約1.2リットル!
少量ずつこまめに飲む!
水を飲むタイミングを決めよう!
水は冷やしすぎない!
まとめ
※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ
2019年11月19日更新 

main_recipe

1日に必要な水の量は約1.2リットル!

健康のために、私たちは1日にどのくらいの水を飲んだらよいのでしょうか?

成人の体はおよそ60%を水分が占め、生きるために必要なさまざまな役割を担っています。
健康のためには、この水分量を保つことが必要です。

まず、私たちが1日で失う水分量は、およそ以下のようになると言われています。
尿1200ミリリットル+便100ミリリットル+不感蒸泄1,000ミリリットル=2,300ミリリットル
(不感蒸泄…呼吸や皮膚からの水分の蒸発)

一方で、水を飲む以外の方法で私たちが摂取する水分量の平均値は以下の通りです。
食事800~1,000ミリリットル+代謝水300ミリリットル=1,100~1,300ミリリットル

つまり、残りの1,000~1,200ミリリットルは水を飲むなどして補給する必要があります

さらに、運動をしているときや気温が高いときは、汗としてこれよりも多くの水分が失われます。
外気温や運動の種類などによっても異なりますが、
1時間の運動で1リットルほどの汗をかくこともあるとされています。
このようなときには、発汗前後の体重測定を行うなどして発汗量に応じた水を飲む必要があります。

⇒体と水の関係 体の水分量と1日の水の出入り 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら
⇒運動に水分補給が欠かせない3つの理由 詳しくはこちら

少量ずつこまめに飲む!

健康のために1日に1,200ミリリットルほどの水が必要といっても、GG018_L
この水を一回に飲めばよいわけではありません。
健康のための水の飲み方の基本は、少量ずつこまめに飲むことです

喉が渇いてから一気に水を飲む方も多いかもしれませんが、この方法は正しくありません。
喉の渇きを感じるとき、体はすでに脱水気味であり、体内の水分量が減少している状態です。
こうなる前に、こまめに水を飲んでおく必要があります。

また、一度に大量の水を飲むことは、内臓に大きな負担がかかったり、
体を冷やしてしまったりして、健康を損なう恐れもあります。
さらに「水中毒」と言って、大量の水を摂取することによって低ナトリウム血症となり、
嘔吐や意識障害などが起こる危険もあります。

いずれにしても、急に大量の水を飲むやり方はよくありません。
健康のためには、少量の水をこまめに飲む習慣を付けることが大切です。

具体的には、一回の量をコップ一杯程度(150~200ミリリットル)として、
1日に7~8回ほど飲めば1日に必要な水分量を確保できます。
このようにして、健康のための正しい水分補給を継続的に行うようにしましょう。

⇒一日の水分補給、5つのタイミング 詳しくはこちら
⇒脱水症とは―水分補給が欠かせないワケ 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら

水を飲むタイミングを決めよう!

少量ずつこまめに水を飲む習慣を付けるためには、
一日のなかで水を飲むタイミングを決めるのがおすすめです。

特に体が水分不足になりやすいとき、水分補給がしやすいときを選んで、
水を飲む習慣を付けておくと、日々の健康につながります。
具体的には以下のようなタイミングがあります。

・起床時
・朝・昼・夕食時
・運動前後
・入浴前後
・就寝前

これだけでも水分補給の回数は10回近くになります。
一日の生活リズムのなかに水分補給のタイミングを組み込むことによって、
無理なく自然に習慣付けることができるのではないでしょうか。

決まったタイミングで水を飲めるようにするには、水を常に持ち歩くのも一つの方法です。
水をペットボトルや水筒などに入れて、職場のデスクやベッド脇などに置いておくと、
水分を補給しやすくなります。
水道水のほか、浄水器や整水器を通した水、ミネラルウォーターなど、
お気に入りの水を見つけることで、より水分補給が楽しくなるかもしれません。

⇒水分不足によって起こる症状とは 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒ペットボトルの水 上手に活用する 詳しくはこちら
⇒ペットボトルのミネラルウォーターについて知ろう! 詳しくはこちら
⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒浄水器っていいの?浄水器の種類やコスト、カートリッジの交換方法 詳しくはこちら
⇒整水器と浄水器の違い 詳しくはこちら

水は冷やしすぎない!

暑い夏場は、よく冷やした水をおいしく感じるものです。

しかし、健康を考えたときには、冷えすぎた水を飲むのはよくありません。
冷たい水は内臓の機能を低下させたり、体を冷やして血流を悪くしたりする恐れがあるからです。

健康のためには、11~15℃くらいを目安にしましょう。
家庭用の冷蔵庫の室内は通常1~5℃くらいに設定されているため、
冷蔵庫に入れたままにしておくと冷えすぎてしまいます
その場合は、しばらく室温に置いてから飲むようにしましょう。

寒い時期や冷房の効いた室内などでは、常温の水を飲むのもおススメす。

⇒体における水の3つの役割とは―血液・尿・汗と、体の水の関係 詳しくはこちら
⇒健康生活を送るために大切な7項目 詳しくはこちら

まとめ

最後に、健康のための水の飲み方についてまとめます。

・健康のためには、1日におよそ1200ミリリットルの水分補給が必要
・コップ一杯程度の水を何回かに分けて飲むことが健康につながる
・起床時、食事時、入浴前後、就寝前など、1日のうちで水分補給のタイミングを決めると良い
・健康のためには、11~15℃くらい、または常温の水を飲むと良い

参考文献:

厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動
⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

 

※ おいしい水と健康生活.com サイトマツプ

LINEで送る
Pocket