炭酸水にはどんな種類がある?炭酸水の味の違いを知ろう!

LINEで送る
Pocket

炭酸水ブームとも言える現代。
ドラッグストアや通販などでは様々な種類の炭酸水が販売されていますよね。
「どの炭酸水を選んだらいい?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
炭酸水と一口に言っても、様々な種類があり、味わいも異なります。
自分に合った炭酸水を見つけておいしく楽しみましょう!

<目次>

天然炭酸水と人工炭酸水
炭酸水の硬度の違い
炭酸の強さの違い
まとめ

おいしい水

天然炭酸水と人工炭酸水

炭酸水には、天然のものと人工的につくられたものがあります。
天然炭酸水はその名の通り、元々炭酸ガスが含まれている地下水(ミネラルウォーター)を指します。
人工炭酸水は、人工的に炭酸ガスを加えたもの。
天然水にガスを加えたもの、純水にガスを加えたものなど、いくつかの種類があります。
ヨーロッパなどでは元々天然炭酸水が多いことで知られており、様々な種類の天然炭酸水が日本にも輸入されるようになっています。
日本では天然炭酸水は少なく、人工的につくられたものがほとんどです。
天然炭酸水や天然水に炭酸ガスを加えたものは、原水の性質によって味わいも大きく異なります。
純水や水道水などを原水としたタイプは、水自体のクセは少なく、炭酸が強めのものが多いので、お酒を割るのにもおすすめです。

炭酸水の硬度の違い

炭酸水には、硬度による違いもあります。炭酸水 種類
水に含まれるミネラル(マグネシウムとカルシウムの合計含有量)によって表されるのが、硬度。
これによって「硬水」や「軟水」といった区別がされます。
ヨーロッパには天然炭酸水が多いと述べましたが、同時に硬度の高い水が多いという特徴もあります。
日本でつくられている炭酸水は、軟水のものが多いようです。
一般的に硬水はやや飲みづらく、軟水は飲みやすいと言われますが、炭酸水の場合には硬水でも比較的飲みやすく感じられるものもあるようです。
味わいを左右するのは単に「硬水」「軟水」という違いだけではありません。
ほかにもナトリウムやカリウムなど、炭酸水に含まれているミネラルの種類や量によって味わいは大きく異なりますので、自分に合ったものを見つけて楽しんでみてください。

炭酸の強さの違い

様々な種類の炭酸水の中には、炭酸の強さの違いもあります。
「強炭酸」などと表示されている商品を目にすることも増えてきましたよね。
炭酸の強さについては現在のところ明確な基準はなく、メーカーが独自に「強炭酸」あるいは「微炭酸」と表示しているケースが多いようです。
人によって炭酸が強いほうがよいという方もいれば、強すぎると飲みにくいという方もいます。
また、飲むタイミングによっても強いほうがいい場合とそうでない場合とがありますよね。
様々な種類の炭酸水を飲み比べて、炭酸の強さの違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

それでは最後に、炭酸水の種類についてまとめておきます。

・ヨーロッパには天然炭酸水が多く、日本では人工的につくられた炭酸水が多い
・炭酸水の中には硬度の違いがあり、それによって味わいも異なる
・「強炭酸」や「微炭酸」といった炭酸の強さにも違いがあるため、自分に合ったものを見つけるとよい

数ある種類の中から、お気に入りの炭酸水を見つけてみてくださいね。

参考文献:

藤田紘一郎『ミネラルウォーターの処方箋』日塔書院本社
井上正子監修『基礎知識からわかるミネラルウォーターBOOK』新星出版社
一般社団法人ミネラルウォーター協会 Q&A集 https://minekyo.net/publics/index/7/

LINEで送る
Pocket