美容と健康の気になる関係

LINEで送る
Pocket

美容と健康2皆さんは美容のために、健康にも気をつかっていますか?

メイクからスキンケア、ダイエットサプリ
はたまた外科手術まで、今やさまざまな美容法が存在し、
美しさを手に入れるために、多くの人がこれらを利用しています。

でも、美容だけに力を入れるあまり、
健康をおろそかにしてはいないでしょうか?

美容と健康は、両立させてこそ意味があるもの。
本当の美しさとは、健康の上に成り立つものなのです。

ここでは、美容と健康の密接な関係についてみていきます。

目次

(1)美容と健康の関係とは
(2)美容と健康を支えるもの
  2-1食事
  2-2運動
  2-3心
(3)美容と健康をつなぐ「水」
  3-1健康に必要な水
  3-2美容に必要な水
(4)まとめ

(1)美容と健康の関係とは

美容と健康は、切り離すことのできない密接な関係にあります。

どんなにメイクを施しても、お肌自体乾燥したりくすんだりしていては、美しく見えないもの。
どんなに髪型を工夫しても、髪が傷んでいては美しさも半減してしまいます。
どんなにダイエットをしても、痩せすぎた体は美しいと感じませんよね。
どんなに全身を飾っていても、暗い表情や態度では印象が悪くなってしまいます。

いずれも、「“健康的な美しさ”こそが本当の美」だと認識されているからではないでしょうか?

健康とは体の内側を大事にすること。美容も健康と同じく、単に外側を飾るだけではなく、
内側から美しさを磨くことも必要なのです。

(2)美容と健康を支えるもの

 2-1食事

健康そして美容のために、普段から気軽に配慮できることと言えば、まずは「食事」です。
食べるものが体を作り、健康を支えるのはもちろんのこと、
それが美を磨くことにもつながるのです。

健康と美を支えるために、次の点に気を付けましょう。

①食事の時間

食事は、時間やタイミングが非常に重要。
朝食を抜いたり夜遅い時間に食事をしたりすると、消化の過程で負担が大きくなり、
体調不良や肥満の原因となることも多いです。
一日三度の食事を規則正しく取ることが何よりも重要です。

②食事の量

昔から「腹八分に医者いらず」と言われてきましたが、まさしくその通り。
食べ過ぎは単に肥満のもとになるだけではなく、
様々な生活習慣病の要因となることも指摘されています。

③食事の内容

当然、食べるものも健康や美容に大きく影響します。
最近では「美容にいい」とされる食品が数多く登場していますよね。
もちろん、これらを積極的に取るのもよいですが、食事内容が偏っていては意味がありません。
様々な食材をバランスよく取り入れ、健康な食生活をしていくことが何よりも大切です。

2-2運動

健康や美容には、運動もよい効果をもたらします。

美容ダイエットのために運動している方も多いですが、
運動は単に痩せることだけが目的ではありません。
運動には次のような効果があると言われています。

・エネルギー代謝の亢進
・身体機能の向上
・体力の向上
・ストレス解消、リフレッシュ など

いずれも、心身ともに健康に過ごすためにはもちろんのこと、美容のためにも大切なこと。
実際、運動によって便秘や冷え性に悩まされなくなった、お肌の調子がよくなった、
などの経験をしている方も多いですよね。

もちろん、やみくもに運動すればよいわけではなく、
効果的かつ無理なく続けられる運動を選んで継続的に行うことが大切です。

2-3心

健康と美容の共通項として、もう一つ挙げておきたいのが、「心」。

最初にも述べたように、どんなに外見を美しく飾っても、表情が曇っていると美しく見えないもの。
これは、内面つまり心が外見にも現れるからです。

健康にとっても、「心」はとても重要です。
「病は気から」という言葉がありますが、実際にストレスや悩みが
体の不調を引き起こすということがしばしばあります。

反対に、心が生き生きとしている人はメイクをしていなくても美しく見えるものです。

忙しい現代社会だからこそ、大切にしたい「心」。
スポーツ、映画鑑賞、旅行、友人との時間など、自分だけの癒しの時間を見つけることで、
心を充実させたいですね。

(3)美容と健康をつなぐ「水」

美容と健康のために、忘れてはならないもの、それは「水」です。
水は健康、そして美容にどのような役割を果たしているのでしょうか?

3-1健康に必要な水

私たちの体は、およそ60%が水でできています。
この水は、体の中で次のような役割を担っています。

・血液として体に必要な酸素や栄養を運搬し、老廃物を集めて腎臓などへ送る
・腎臓に送られた不要物を尿として体外に排出する
・汗として皮膚から蒸発する際に熱を放出し、体温を調整する

いずれも私たちが健康に過ごす上で欠かすことのできない重要な役割であることがわかります。
例えば、体の水分が不足することで血液が粘度の濃いドロドロの状態になると、
様々な病気を引き起こすとされています。

私たちが生活をする中で、尿や汗などで排出される水の量は1日およそ2.3リットル
一方、食事やそれを消化する過程で自然に摂取している水は1.1リットルほど。
そのため、残りのおよそ1.2リットルを毎日きちんと水分補給することが、
健康に過ごす上で欠かせません。

3-2美容に必要な水

美容にとっても、水が欠かせないというのは健康と同じ。

例えば体内の水分が不足して血液の循環が悪くなれば、健康上問題が生じるのはもちろんのこと、
冷えや肌のくすみなど美容上のトラブルを引き起こす可能性もあります。
尿として老廃物がきちんと排出されないことも、美容上よくないこと。
体の循環が悪くなり、「むくみ」などのトラブルも生じます。

年齢とともに肌や髪の乾燥が気になることも多いですが、
これにも体内の水分量の減少が関係しています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、体のおよそ90%が水分。
これが年齢とともに少なくなっていくことで、
乾燥などのトラブルが生じるようになるのです。
肌や髪の潤いを保つためには、外側からのケアだけではなく
体の内側の水分を保つことが必要なのです。

健康、そして美容にとって必要な「水」。
毎日およそ1.2リットルの水を意識して補給することで、健康で美しい体をつくりましょう!

(4)まとめ

それでは最後に、美容と健康の関係、そしてそれらを保つために大切なポイントをまとめます。

・本当に美しさとは、ただ外見を飾ることではなく、心身の健康の上に成り立つもの
・健康と美容のためには、食事の時間や量、内容に気を付けることが大切
・運動には単なるダイエット効果だけではなく、心身の健康や美しさを保つための様々な効果がある
・健康に、美しく過ごすためには、心(内面)を充実させることも大切
・毎日きちんと「水」を飲むことが、健康と美容につながる

健康こそが、美容のために欠かせない大切なもの。
健康な体と心をつくることで、内面からあふれる美しさを目指したいですね。

【おすすめページ】

健康生活を送るために大切な7項目

おいしい水を飲むための7つの条件

美容に水が大切な7つのワケ

胃もたれを解消する食事・生活・胃薬の使い方

便秘解消に水が役立つ!?便秘の種類・原因・解消法8項目

妊娠0~40週(1~10ヶ月)の妊婦さんの体と赤ちゃんの様子

整水器と浄水器の違い

電解水素水の効果と特性とは

ウォーターサーバーを使う前に知っておきたい、6つのメリットと5つのデメリット・注意点

【美容 関連ページ】

美容に水が大切な7つのワケ

美容にいい「水」とは?水の種類と美容の気になる関係

水を飲むことが美容に役立つ!?美容のための上手な水の飲み方とは

アンチエイジングの意味と、今日から始める6つの方法

美容のために運動しよう! 4つの効果とおススメ運動法

美白になりたい!という方へ美白の本当の意味と、3つの方法

美肌ってどんな肌?美肌づくりのために気を付けたい6つのコト

更年期を前向きに過ごすために!知っておきたい、更年期障害の3つの知識

洗顔で美肌になる! 3つの知識を学ぼう

シャンプーをする2つの目的と、正しい5つのステップ

乾燥肌には水分補給!

肌荒れの原因とは

保湿の基本

肌やダイエットのためにも水分補給!必要な3つの理由

ニキビ 4つの基礎知識を知って早く治そう!

美容のためにはミネラルウォーター?その3つの関係とは

炭酸水が美容にいい3つの理由と、上手な使い方

美容施設はどう利用する? 5つの美容施設の特徴を知ろう

ヘアサロンを訪れる前に知っておきたい3つのコト

美容院の3つの基礎知識理容室(床屋)との気になる違い

美容医療を受ける前に知りたい3つの基礎知識

エステサロンはこんなところ! 3つの基礎知識

フェイシャルサロン 3つの知識を知って上手に利用しよう

ネイルサロン選びに役立つ3つの知識

参考文献:

厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動
⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>