水素水サーバーを使おう!水素水サーバーの種類や価格、上手な使い方

LINEで送る
Pocket

水素水を飲む方法はさまざまありますが、近年特に注目を集めるようになっているのが、水素水サーバーです。
水素水サーバーがあれば、好きなときに好きなだけ水素水を飲むことができるのが嬉しいですよね。
一口に水素水サーバーと言っても、さまざまなタイプのものがあります。
どんなふうに使うの?
価格はどのくらい?
使い方は?
水素水をもっとおいしく楽しむために知っておきたい、水素水サーバーの基礎知識をご紹介します。

⇒電解水素水の効果とは? 詳しくはこちら
⇒水素水の飲み方や作り方!電解水素水の特性・効果 詳しくはこちら
⇒水素水サーバーの種類と特徴 詳しくはこちら

<目次>

1. 水素水サーバー
2. 水素水サーバー 種類
3.  設置場所
4. 濃度
5.  時間
6. 水素水サーバー レンタル
7.  購入
8.  価格
9.  水道直結
10. 水素水サーバー 塩素除去
11.  使い方
12.  携帯
※ 関連ページへのリンク
※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

水素水サーバー

1. 水素水サーバー

水素水サーバーとは、水道水やミネラルウォーターから水素水を生成する機器です。水素水サーバー
家庭やオフィスなど、水素水をたっぷりと飲みたい、大人数で水素水を飲みたいという場合に利用されています。
容器入り水素水は、多く飲用する場合にはコストも高くなります。
水素水サーバーはそれほど普及していないこともあり10万円以上するものが多いですが、制限なくたっぷり利用したい方にはおすすめです。
また、水素は時間の経過と共に抜けてしまいますが、サーバーであれば出来立ての水素水が飲めます。
水素水サーバーで利用される水は大きく分けると、水道水と、ミネラルウォーターなどのウォーターボトルです。
水素水を生成する方法としては、電気分解式、飽和式、マグネシウム反応式などがあります。

⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら

参考:https://www.h2h2o.net/server/

2. 水素水サーバー 種類

水素水サーバーには、いくつかの種類・タイプがあります。

ウォーターサーバー型

一般的な天然水やピュアウォーターのサーバーのように、水素水の入ったタンクをセットして使うタイプです。
多くの場合、冷水と温水を使うことができます。

卓上型

キッチンの片隅やテーブルの上に置いて使うことのできる小型タイプの水素水サーバー。
タンクに水道水やミネラルウォーターを給水して使います。

水道直結型

水道水の蛇口と連結して使用するタイプで、連続的に水素水を生成します。
浄水機能が付いたものも多くなっています。

携帯型

持ち運びができるボトルタイプの水素水サーバー。
一度に作られる量は限られますが、そのまま飲むこともでき、仕事中や運動中にも便利です。

⇒天然水ってどんな水? 天然水の定義と活用方法 詳しくはこちら
⇒ウォーターサーバーのお湯を上手に使おう! 5つのポイント 詳しくはこちら

参考:https://water.ever.jp/hydrogenwaterserver.html

3. 水素水サーバー 設置場所

水素水サーバーを導入する際に気を付けたいのが、設置スペースです。
携帯用サーバーであれば設置スペースは気にしなくてもよいのですが、その他のタイプのサーバーでは一定の設置場所が必要になります。
キッチンが狭い、ごちゃごちゃさせたくないという方は、コンパクトタイプのサーバーを選ぶのがおすすめです。
ウォーターサーバータイプの水素水サーバーはリビングなどにも設置できますが、こちらは高さ100cmほどと大きくなりますので、あらかじめ十分なスペースを確保しておく必要があります。
また、多くの水素水サーバーは電源をつなぐ必要がありますから、その点も頭に入れて設置場所を考えておきましょう。
水素水サーバーを導入したばかりの頃は積極的に水素水を使うものの、慣れてくると使う回数が減ってしまい、ただ置いているだけになってしまう方も多いと言われます。
サイズや設置場所についてもあらかじめ確認し、使い勝手のよいサーバーを選ぶことが大切です。

⇒水素水サーバーの種類と特徴 詳しくはこちら

参考:https://water.ever.jp/server02.html

4. 水素水サーバー 濃度

水素水サーバーを使う上では、水素濃度が気になる方も多いかもしれません。
水素濃度は高いほどよいと思われるかもしれませんが、体に吸収される水素の濃度には限りがあると言われています。
また、水素分子は小さく揮発性が高いため、生成時には十分な量であっても、飲むときには水素が抜けて普通の水と変わらなくなってしまうこともあります。
ですから、生成時の濃度だけではなく、その生成方法や持続性についても確認しておくことが大切です。
水素の生成方法はサーバーによっても異なります。
生成時にその都度水素を発生させるタイプもあれば、タンク内の水に一定時間ごとに水素を注入するタイプもあります。
また、独自の技術により、高濃度の状態を長時間維持できるようにしたサーバーも登場しています。
実際にどのくらいの水素が含まれているのか気になるという方は、生成された水素水の濃度を表示する機能が付いたサーバーもおすすめです。

⇒おすすめ整水器大特集! 詳しくはこちら
⇒水(水道水)の電気分解 詳しくはこちら
⇒水素水スティックってどんなもの? 詳しくはこちら
⇒ペットボトルの水素水ってどうなの? 詳しくはこちら
⇒水素水ボトル(携帯用水素水生成器)とは 詳しくはこちら

参考:http://standard-project.net/water/hydrogen-rich-water/tabletop.html

5. 水素水サーバー 時間

水素水サーバーを選ぶポイントとして、水素水が生成されるまでの時間というのも重要です。
生成時間は水素水サーバーの性能によって大きく異なります。
高性能の水素水サーバーの場合には、1分間で1ℓ以上の水素水を生成することが可能です。
生成能力があまり高くないサーバーだと、高濃度の水素水を生成するまでに10~30分程度の時間がかかることもあります。
生成している時間が長くなるほど、水素の量が多くなる機種もあるようです。
一般的に、短時間で高濃度の水素水を生成できるサーバーほど価格は高くなる傾向があります。
飲みたいと思ったときにいつでも水素水を飲めるようにしたいという方は、多少価格は高くても高性能のサーバーを選んだほうがよいでしょう。
自分のライフスタイルに合わせて、ぴったりの水素水サーバーを見つけてみてください。

⇒整水器は機能(性能)で選ぼう! 詳しくはこちら

参考:https://www.h2h2o.net/server/

6. 水素水サーバー レンタル

水素水サーバーを使ってみたいけれど、初期費用が大きくて購入を迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、レンタルサーバーです。
レンタルサーバーなら、使ってみて気に入らない場合には返却することも可能です。
また、万が一故障してしまったときも修理や交換などのサポートをしてもらえるので、安心して使うことができます。
そのほか定期的なメンテナンスも行ってくれる場合が多いようです。
ただし決められた期間外で解約すると解約料が発生することもありますので注意しましょう。
レンタル料はメーカーによっても異なりますが、一般的には一ヶ月3000~5000円程度となっています。
そのほかにかかる費用としては、設置料、配送料などがあります。
あらかじめどのくらいのコストになるのか計算してから利用するようにしましょう。

⇒ウォーターサーバーのレンタル 3つの基礎知識 詳しくはこちら
⇒浄水器のレンタルって? 気になる3つの疑問 詳しくはこちら
⇒ウォーターサーバーのお手入れ方法(メンテナンス)  詳しくはこちら
⇒浄水器のメンテナンスについて知ろう! 詳しくはこちら

参考:http://water-navi.net/effect-of-suisosui/#i-7

7. 水素水サーバー 購入

水素水サーバーを購入するメリット・デメリットには次のようなものがあります。
まず、水素水サーバーを購入した場合には、ランニングコストは水道代とわずかな電気代だけ。
長く使う方にとっては、購入したほうがお得だと言えるかもしれません。
水道直結型や卓上型、携帯型など、さまざまなタイプのサーバーから自分に合ったものを選ぶことができるのも魅力です。
反対に、サーバーを購入する際には初期費用がかかります。
水素水サーバーの価格は安くても数万円、高いものでは数十万円となっていますから、購入をためらう方もいるかもしれません。
まずはレンタルで試してみて、気に入ったら購入するという方法もあります。
また、レンタルサーバーの場合にはレンタル料の中にメンテナンスが含まれていたり、保証期間が設けられていたりすることが多いのですが、購入する場合にはこれらが付いていないこともありますから、あらかじめ確認しておきましょう。

⇒ウォーターサーバーの費用はどのくらい? 詳しくはこちら
⇒浄水器のランニングコストはどのくらい? 詳しくはこちら
⇒整水器の電気代は? 詳しくはこちら
⇒ 詳しくはこちら

参考:https://waterserver-kuchi.net/hydrogen-water/rental-or-purchase.html

8. 水素水サーバー 価格

水素水サーバーはまだそれほど普及していないため、価格は10~50万円程度となっています。
性能によって価格も変わってきますので、よく比較したうえで選ぶようにしてください。
お手頃に利用できるレンタルサーバーもあります。
一か月あたり3000~5000円程度でレンタルできるものが多いよう。
また、ウォーターサーバーのオプションとして別途水素水キットを1000円程度で購入することにより、水素水を利用できるものもあります。
水素水サーバーは購入とレンタルどちらがよいのか、使用頻度やトータルコストなどを頭に入れて選ぶようにしましょう。

⇒整水器の価格(値段)はどのくらい? 詳しくはこちら
⇒水素水の価格は? 詳しくはこちら

参考:https://www.h2h2o.net/server/

9. 水素水サーバー 水道直結

水道直結型サーバーには浄水機能が付いたものが多く、より安心して水素水を利用できるというのがメリットの一つです。
蛇口をひねるだけで、水道水と同じように使うことができます。
そのまま飲むのはもちろんですが、料理にも水素水を活用する人が増えているようです。
例えば、水素水でご飯を炊くとふっくらと炊き上がる、お茶やコーヒーを淹れると風味がよく出るなどといった声が聞かれます。
一方で、水道直結型サーバーにはデメリットもあります。
このタイプは水道蛇口などと連結しなければならないため、設置場所はシンク周りなどに限られます。
また、一定の設置スペースも必要になります。
製品によっては設置工事やそのための費用が必要になることもあるようです。
製品の特徴をよく確認した上で、上手に活用するようにしたいですね。

⇒整水器を使ってお米を炊こう! 詳しくはこちら
⇒お米の炊き方 7つの手順とポイント 詳しくはこちら
⇒お茶と水の関係 電解水素水で楽しむ3つのお茶レシピ 詳しくはこちら
⇒電解水素水でコーヒーを楽しもう! 詳しくはこちら
⇒水素水にはデメリットはある? 詳しくはこちら
⇒水素水と電解水素水のメリット! 詳しくはこちら

参考:http://standard-project.net/water/hydrogen-rich-water/direct.html

10. 水素水サーバー 塩素除去

水道水をそのまま利用できる水素水サーバーと、そのままでは利用できないサーバー、違いは何なのでしょうか?
それは、浄水機能が備わっているかどうかということです。
水道水には塩素が含まれているため、そのままではうまく水素水が生成されない場合があるのです。
そのため浄水機能が備わっていないサーバーの場合、ミネラルウォーターや浄水を利用する必要があります。
浄水機能が備わっているサーバーでは、そのまま水道水を使うことができます。
水道水が利用可能なサーバーはさらに水道水をタンクに給水するタイプと、水道に直結するタイプの2つがあります。
水道に直結するタイプのサーバーは、飲用や料理に常に水素水を使いたいという方や、家族やオフィスなど多くの人が利用する場合におすすめ。
浄水機能が付いた水素水サーバーは、浄水器と同じようにカートリッジの交換が必要です。
交換頻度やカートリッジの価格も頭に入れて選ぶようにしてください。

⇒整水器の浄水機能について知ろう! 詳しくはこちら
⇒水道水の塩素 なぜ必要?塩素の影響、除去する方法 詳しくはこちら
⇒浄水とは何か?水道水の処理方法や浄水器について知ろう 詳しくはこちら
⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら
⇒整水器のカートリッジってどんなもの? 詳しくはこちら

参考:https://www.h2h2o.net/server/tap-water/

11. 水素水サーバー 使い方

水素水サーバーの使い方はそれほど難しいものではありません。
製品によって違いはありますが、多くの場合は電源を入れて給水し(もしくは水道に直結し)、ボタンを押して水素水が生成されるのを待つだけ。
あとはコップに注ぎ、なるべく早く飲むというのがポイントです。
ウォーターサーバーを利用したことがある方は、それをイメージしていただければよいと思います。
多くの方は水素水サーバーをキッチンやリビングなどにおいて、起床時や入浴後などの水分補給に利用しているかもしれません。
さらにそれ以外にもおすすめの使い方があります。
水素水サーバーを導入すれば水素水をいくらでも作ることができるようになるわけですから、ボトルに入れて外出先にも持って行くというのはいかがでしょうか。
水素は非常に小さく、通常のペットボトルでは抜けてしまいやすいと言われていますから、持ち運びの際には専用の携帯ボトルをお使いいただくのがおすすめです。
水素水サーバーの使い方自体は難しいものではありませんから、いかに生活の中でこまめに水素水を取り入れることができるようにするか、工夫してみてくださいね。

⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら
⇒水分補給に適した飲み物は?5つの飲み物を徹底比較! 詳しくはこちら

参考:https://waterserver-kuchi.net/hydrogen-water/how-to-use.html

12. 水素水サーバー 携帯

外出先でも使うことができる、携帯型の水素水サーバー(水素水ボトル)が人気を集めるようになっています。
従来の水素水サーバーと比べて軽量・小型でどこにでも持ち歩くことができるので、仕事中や運動中にも水素水を飲むことができます。
携帯型水素水サーバーを選ぶ際には、次のようなポイントがあります。
まずは価格です。
一般的には5万円前後のものが多いようです。
水素濃度は製品によって異なりますが、携帯型水素水サーバーには比較的高濃度の水素水を生成できるもの多いので、あらかじめ確認してみましょう。
また、一度に生成できる量や時間も大事なポイントです。
携帯型水素水サーバーは基本的に充電式になりますので、1回の充電でどのくらいの利用が可能かということも重要です。
気軽に持ち運びができるよう、重さや形状などもチェックしておきたいですね。

⇒水素水ボトル(携帯用水素水生成器)とは 詳しくはこちら

参考:https://www.h2h2o.net/bottle/

※ 関連ページへのリンク

⇒水素水とはどんな水?水素水は本当にいいの? 詳しくはこちら
⇒飲料水について知ろう!その種類、使い方、購入方法 詳しくはこちら
⇒「天然水」とはどんな水か?天然水の特徴、ほかの水との違い 詳しくはこちら
⇒純水について知ろう 純水は飲める?料理や赤ちゃんにも使える? 詳しくはこちら
⇒水分補給はなぜ大切?水分補給の量やタイミング、適した飲み物とは 詳しくはこちら
⇒ 詳しくはこちら

参考:

水素水サーバー比較・おすすめ10機種|水素水ガイド
水素水サーバーとは|水素水の効果・効能を比較!おすすめのサーバーランキング
水素水サーバーを利用するデメリットについて|水素水の効果・効能を比較!おすすめのサーバーランキング
家庭で使える水素水サーバー|水の総合情報
「水素水って本当に効果があるの?」水素水の基礎知識からその効果的な摂取の仕方までを徹底解説するよ|ウォーターサーバー比較のお水屋本舗
長期的に水素水サーバーを利用することを検討するならレンタルよりも購入した方がメリットが大きい!?|ウォーターサーバークチコミランキング
水道直結だからできる水素水の活用法|水の総合情報
水道水利用可(浄水器型)の水素水サーバー一覧|水素水ガイド
水素水サーバーは電源につないでボタンを押すだけで自動的に生成してくれるものがほとんど!すぐに水素水ができるから飲みたい時に好きなだけ飲める!|ウォーターサーバークチコミランキング
水素水生成器ボトルの一覧・比較|水素水ガイド

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket