純水について知ろう 純水は飲める?料理や赤ちゃんにも使える?

LINEで送る
Pocket

「純水」と聞くと、みなさんはどんな水をイメージするでしょうか?
純水はその名の通り純粋な水のこと。
⇒⇒⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒おいしい水を飲みたい!おいしい水の条件や種類について知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

では、実際にどのように作られ、どのような場面で使われているのでしょうか?
料理や赤ちゃんに与える水としても使える?
⇒⇒⇒料理・飲み物は水で決まる!おいしい関係を築くための9つのキーワード 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルウォーターは赤ちゃんに良い? 上手な選び方・使い方 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら

純水について詳しく見ていきたいと思います。
⇒⇒⇒電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水について知ろう!その種類、使い方、購入方法 詳しくはこちら

<目次>

1. 純水とは
2. 超純水
3. 純水 ピュアウォーター
4. 純水 処理方法
5. 味
6. 飲む
7. 純水 料理
8. 赤ちゃん
9. 洗車
10. 購入
11. 純水 スーパー
12. ※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

おいしい水

1. 純水とは

純水とは、不純物(主に塩類や有機物など)がほとんど含まれていない、純度の高い水のことです。
不純物を除去する方法はいくつかあります。
⇒⇒⇒きれいな水とは何か 守るためにはどうする? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

まず、イオン交換樹脂などにより塩類を除去した水は「脱塩水」と呼ばれています。
RO(逆浸透)膜を使ってろ過したものは「RO水」です。
⇒⇒⇒逆浸透膜(RO膜)って何?浄水器にも使われる逆浸透膜(RO膜) 詳しくはこちら
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリット 詳しくはこちら

原水を加熱し、生じた水蒸気を冷却して純度の高い水にしたものが「蒸留水」となります。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

「純水」については、明確な定義があるわけではありません。
一般的には、電気抵抗率が0.1~1.5MΩ・cmの水を「純水」としています。
含まれる不純物が少ないほど電気は流れにくくなりますので、電気抵抗率が高くなるということです。
純水はソフトドリンクの割水として用いられているほか、精密洗浄用水、薬品などの希釈水、ボイラー用水、加湿用水などの用途があります。
⇒⇒⇒ソフトドリンクって何?「ソフトドリンク」の意味、ジュースとの違い 詳しくはこちら

参考:https://www.organo.co.jp/purewater/

2. 超純水

「純水」に対して、「超純水」と呼ばれる水があります。純水
純水は基本的に水中の電解質の有無を対象とし、電気抵抗率によって定義されています。
これに対し「超純水」は、電解質はもちろん、水中に溶解している有機物や生菌、微粒子などについても一定基準以下であることなど、より厳しい条件が求められます。
「超純水」という言葉はそもそも、半導体の発展に伴って生まれたものです。
半導体産業において求められる「超純水」とは、純粋なH₂Oである「理論純水」です。
しかし理論純水を製造することは困難であり、たとえ製造できたとしても装置や材料、容器からの汚染が生じる可能性があり、純度が維持できないと考えられています。
つまり「超純水」と言った場合には、現実に製造できる中でもっともH₂Oに近い状態のものを指します。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

参考:https://kcr.kurita.co.jp/wtschool/014.html

3. 純水 ピュアウォーター

ピュアウォーターとは、水に含まれる不純物をほとんどすべて除去した、いわゆる「純水」のことです。
通常、逆浸透膜システム(ROシステム)でろ過を行うことから「RO水」とも呼ばれます。
⇒⇒⇒逆浸透膜(RO膜)って何?浄水器にも使われる逆浸透膜(RO膜) 詳しくはこちら
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリット 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

ミネラル成分も含まれないことから、飲料水としては適さないのではないかと思われることもありますが、実は海外などではピュアウォーターのシェアが伸びていると言われます。
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水について知ろう!その種類、使い方、購入方法 詳しくはこちら

その理由は、不純物を含まないという安全性の高さ、味にクセがないこと、料理や飲み物などさまざまな用途に使えることなどがあります。
⇒⇒⇒料理・飲み物は水で決まる!おいしい関係を築く 詳しくはこちら
⇒⇒⇒清涼飲料水とは? その定義、種類、規格 詳しくはこちら
⇒⇒⇒清涼飲料水って何?清涼飲料水の種類と上手な飲み方 詳しくはこちら

ウォーターサーバーでも、ミネラルウォーターと並んでピュアウォーターが導入されています。
ミネラルウォーターサーバーの場合、ミネラルなどの物質がサーバー内部に溜まりやすく、衛生的にも多少の問題が出てくることが懸念されます。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

一方ピュアウォーターは不純物を含みませんので、雑菌が繁殖する心配は少ないと言えます。
この点からも、ピュアウォーターのウォーターサーバーは注目を集めるようになってきています。
⇒⇒⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

参考:http://www.hawaii-water.jp/what/purewater.html

4. 純水 処理方法

純水には精製方法(不純物を除去する方法)の指定はありません。
そのため、精製方法の違いによってさまざまな種類の純水がつくられます。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

・蒸留水

蒸留器を使って精製された水。
水と不純物の沸点の違いを利用し、純度を高めたもの。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

・RO水

RO膜を使ってろ過することにより、水と不純物を分離させたもの。
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒逆浸透膜(RO膜)って何?浄水器にも使われる逆浸透膜(RO膜) 詳しくはこちら

・イオン交換水

イオン交換樹脂を用いてイオン交換を行い、不純物を除去した水。

・Elix水

RO膜によるろ過に加え、EDI連続イオン交換によりイオンを除去したもの。

こうした処理方法の違いによって、除去できる不純物が異なるため、最終的な純水の水質も変わってきます。
同じ「純水」の中にも、超純水に近いものから水道水に近いものまで、さまざまな種類があるのです。
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

参考: https://m-hub.jp/water/1249/difference-of-various-kinds-of-water

5. 純水 味

水を飲んで「おいしい」と感じたり、口当たりがよいと感じたりしたことはあるでしょうか。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターの上手な飲み方 詳しくはこちら
⇒⇒⇒「おいしい水とはどんな水?」を知るための7つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒おいしい水を飲みたい!おいしい水の条件や種類について知ろう 詳しくはこちら

これは、水に含まれる成分、主にミネラルが関係しています。
ミネラルウォーターと一口に言っても、含まれているミネラルの種類や量によって味の違いを感じるわけです。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

純水は原水からミネラルも含むほとんどすべての不純物を取り除いていますから、味を感じる成分がない、すなわち無味無臭ということになります。
⇒⇒⇒浄水器の除去物質とは 浄水器でどんな物質を除去できる? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

おいしい水を飲みたいという方にとっては、純水は物足りなく感じられるかもしれません。
「RO水」や「ピュアウォーター」など異なる名称の水についても、基本的に性質は同じです。
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら

ただし、原水や処理方法はそれぞれの水によって異なっています。
どんな工場・処理方法で製造された純水なのか、品質管理はどうかなど、あらかじめ確認しておくと安心かもしれません。

参考:https://smashop.jp/subcategory/408799/special#%E7%B4%94%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%91%B3%E3%82%84%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%AF%EF%BC%9F

6. 純水 飲む

ミネラルウォーターは、その名の通り水の中にさまざまなミネラルが溶け込み、独自の味を出しています。
それに対しピュアウォーターは、ミネラルを含む不純物を一切含まない「ピュア(純)ウォーター(水)」です。
⇒⇒⇒ミネラルウォーターをおいしく飲む8つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

水道水を飲まない方はミネラルウォーターを飲むというのが一般的でしたが、最近ではもう1つの選択肢としてピュアウォーターが注目されるようになっています。
ピュアウォーター(純水)の先進国でもあるアメリカでは、安全性の高い飲料水としてミネラルウォーターにも負けない高い評価を得ているようです。
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

ピュアウォーターはミネラルが含まれていませんので、無味無臭です。
味はしませんが、コーヒーやお茶などの素材を100%引き立たせることができます。
また、ミネラルが含まれていないので赤ちゃんのミルク作りには最適な水と言えます。
⇒⇒⇒コーヒーをおいしく楽しむための5つの知識 詳しくはこちら
⇒⇒⇒緑茶をおいしく飲むための、5つの心得 詳しくはこちら
⇒⇒⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら

参考:https://www.purewater.co.jp/hpgen/HPB/categories/77918.html

7. 純水 料理

純水はそのまま飲むだけではなく、料理や飲み物にも活用できます。
不純物が除去された純水は、風味を邪魔する成分が入っておらず、素材本来の風味を引き出せるというのが大きなメリットです。
⇒⇒⇒料理・飲み物は水で決まる!おいしい関係を築くためのキーワード 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水について知ろう!その種類、使い方、購入方法 詳しくはこちら

では具体的にどのような場面で活用できるのでしょうか。
まずは毎日のご飯を、不純物の少ない純水で炊いてみましょう。
純水で炊いたご飯は、白くふっくら炊き上がると言われています。
お米を研ぐときの最初の水にも、清浄性の高い純水をお使いいただくのがおすすめです。
さらに味噌汁をつくる際にも、純水を使うとダシ本来の旨みが感じられると言われています。
野菜を洗ったり、煮たりする際にも、純水を使えば野菜本来の色や味をいかせます。
⇒⇒⇒お米の炊き方 7つの手順とポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒お米の研ぎ方 3つの手順とポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒電解水素水整水器で楽しむ家庭料理 詳しくはこちら

お茶やコーヒーを淹れるときの水としても、純水はおすすめです。
不純物が含まれていないので、素材本来の風味や色合いを引き出すことができます。
水出しのお茶をつくるときにお使いいただいても、その違いを感じていただけると思います。
⇒⇒⇒緑茶をおいしく飲むための、5つの心得 詳しくはこちら
⇒⇒⇒コーヒーをおいしく楽しむための5つの知識 詳しくはこちら
⇒⇒⇒麦茶を飲もう! 4つの豆知識 詳しくはこちら

⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
参考:http://angelsmilebaby.com/column/pure_water/delicious.html

8. 純水 赤ちゃん

ウォーターサーバーには「RO水」と「天然水」の2種類の水がありますが、どちらが赤ちゃんにおすすめなのでしょうか?
⇒⇒⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら
⇒⇒⇒赤ちゃんも喜ぶウォーターサーバー 知っておきたい6つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

天然水は、ミネラルが含まれていることでほのかな甘みなどを感じますが、ミネラルの含有量が多いと、内臓が未発達な赤ちゃんには負担がかかってしまいます。
⇒⇒⇒天然水ってどんな水? 天然水の定義と活用方法 詳しくはこちら
⇒⇒⇒天然水をおいしく飲もう!天然水とは、硬度、サーバーの使い方 詳しくはこちら
⇒⇒⇒「天然水」とはどんな水か?天然水の特徴、ほかの水との違い 詳しくはこちら

赤ちゃんに天然水を与える際には、必ずミネラルの少ない軟水を選ぶ必要があります。
また、天然水はくみ上げた地下水に最低限の処理しかほどこしていませんので、不純物が気になるという方にはあまりおすすめできません。
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒浄水器の除去物質とは 浄水器でどんな物質を除去できる? 詳しくはこちら

RO水は、RO膜という特殊なフィルターでろ過することにより、限りなく純水に近づけた水です。
塩素や雑菌、ウイルスなどの不純物がほとんどすべて除去されているので、赤ちゃんにも安心して与えることができます。
もちろんミネラルも含まれていませんので、赤ちゃんの負担になることはありません。
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒逆浸透膜(RO膜)って何?浄水器にも使われる逆浸透膜(RO膜) 詳しくはこちら

もう1つ、天然水の水質は採水地の土壌の状態によって大きく左右されます。
一方RO水はいつも一定の品質を保持することができるというのも大きなメリットと言えます。
赤ちゃんのミルク作りや水分補給に使う水は、清浄性が高く、水質も安定しているRO水がおすすめです。
⇒⇒⇒赤ちゃんのミルクの作り方と、水の選び方 詳しくはこちら
⇒⇒⇒赤ちゃんの水分補給に関する3つのギモン 詳しくはこちら
⇒⇒⇒赤ちゃんも喜ぶウォーターサーバー 知っておきたい6つのコト 詳しくはこちら

参考:https://www.aquaclara.co.jp/baby/formom/formom03.html

9. 純水 洗車

車の汚れの一つとして、「水シミ」が気になるという方も多いのではないでしょうか。
黒い車など、濃い色の車は特に水シミが目立ちやすくなります。
水シミは、水道水の中に含まれるミネラルが乾燥して固着してしまうことで生じます。
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ミネラルとは何か? 健康のために知りたい、ミネラルの3つのコト 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

雨水は蒸留水なので基本的にこのようなシミは生じないはずなのですが、雨は空気中の汚れやほこりなどを含んでいます。
そのため雨水によっても水シミができてしまうことがあります。
では、水シミを防ぐためにはどうしたらいいのかと言うと、不純物を含まない水で洗車をすることです。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

純水は不純物を含まない水なので、洗車後に水シミが残る心配はありません。
純水洗車は洗車機・手洗いともに導入されるようになっています。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

参考:https://e-yasukawa.com/wp3/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0/9124/

10. 純水 購入

「純水」として一般的に販売されている水はあまりありませんが、同じように蒸留やイオン交換、ろ過などの方法によって水の純度を高めた「精製水」はドラッグストアや通販などで販売されています。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

販売されている純水(精製水)にはいくつかの種類があり、それぞれ適した用途が異なります。
例えば、ドラッグストアなどで販売されている精製水(純水)は、加湿器などの補給水として使うと、水道水と比べて水アカが付きにくくなるとも言われています。
そのほか、化粧水やパックなどとして活用している方もいるようです。
工業用精製水(純水)として販売されているものは、実験器具の洗浄水や薬液の希釈水として使われます。
バッテリーの補充液としても精製水(純水)が使われています。
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

医療用、工業用などの用途が分かれていても、基本的には精製水(純水)の性質は同じです。
ただしそれぞれの用途によって処理方法が異なっていたり、後から必要な成分が添加されていたりする場合もあります。
純水を購入する際に処理方法や成分をきちんと確認し、適したものを選ぶようにしましょう。

参考:https://www.seiseisui.com/

11. 純水 スーパー

スーパーなどで、専用ボトルを購入することにより無料で利用できるお水があるのをご存知でしょうか。
⇒⇒⇒飲料水ってどんな水? 身の回りの飲料水を知る 詳しくはこちら
⇒⇒⇒飲料水について知ろう!その種類、使い方、購入方法 詳しくはこちら

こうした水の多くが、RO(逆浸透)膜を利用してろ過したRO水です。
⇒⇒⇒RO水とは?天然水との違い、RO水のメリットやデメリットを知ろう 詳しくはこちら
⇒⇒⇒逆浸透膜(RO膜)って何?浄水器にも使われる逆浸透膜(RO膜) 詳しくはこちら

RO水は水道水を原水としているため、コストが安く抑えられるという特徴があります。
また、どのくらいのレベルのフィルターを使ってろ過しているかということは店舗によっても異なりますので、あらかじめ確認したほうが安心です。
⇒⇒⇒水道水ってどんな水?飲んでもいい? 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

純水には殺菌のための塩素が含まれていませんので、水道水と比べて傷みやすいと言えます。
汲み置きは避けるようにしましょう。
⇒⇒⇒水道水の塩素 なぜ必要?塩素の影響、除去する方法 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

同じRO水を利用するのであれば、スーパーのものよりもウォーターサーバーを使うほうがおすすめです。
⇒⇒⇒ウォーターサーバー 6つのメリットと5つのデメリット 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ 詳しくはこちら

スーパーからその都度RO水を汲んで帰るのは大変ですが、ウォーターサーバーならボトルを配送してもらえ、冷水・温水を好きなときに汲みだすことができます。
もちろんコストだけを考えれば、スーパーのRO水のほうが安く済むと言えます。
水質や使い方を確認した上で、上手に活用するようにしましょう。
⇒⇒⇒ウォーターサーバー 宅配水を上手に活用する4つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ウォーターサーバーのお湯を上手に使おう! 5つのポイント 詳しくはこちら
⇒⇒⇒ウォーターサーバーの費用はどのくらい? 詳しくはこちら

参考:http://water-navi.net/the-water-of-supermarket/

参考:

純水・超純水とは|オルガノ株式会社
純水よりもはるかに純度が高い超純水|栗田工業
ピュアウォーターとは|ピュアハワイアンウォーター
純水にも種類がある!いろいろな水の違いを学ぼう|サイエンス系お役立ちメディアM-hub
危険ではなかった?おすすめの純水と味や種類、健康への影響|SmartShopping
ピュアウォーターについて|ピュアウォーター/ウォーターサーバー宅配サービスアイズ
純水を使って、料理や飲み物をおいしくしよう|エンジェルスマイル
赤ちゃんにはRO水、天然水どちらがいい?|ベビアクア|アクアクララ
水シミのでき方|純水を使って洗うのが究極の洗車|キーパープロショップ
精製水.com
無料利用できるスーパーのRO水のメリット・デメリットと飲料水・飼育水利用の際の導入ガイド|お水屋本舗

※ おいしい水と健康生活.com サイトマップ

LINEで送る
Pocket